出典:写真AC

猪苗代湖は福島県にある日本でも有数の大きさを誇る湖です。筆者が初めて猪苗代湖を訪れたときは、その大きさから対岸を確認するのが難しく、海のように感じました。とにかく湖の大きさを感じることができるスポットです。

シーズンになると家族連れで水遊びをする方やジェットスキー、遊覧船で観光を楽しむ方などでとても賑わっており、釣り以外の観光の場面でも人気が高いです。

アングラーが気になる項目である水質は透明度に優れきれいな水が特徴であり、周りは山に囲まれ自然も豊かです。
みなさんも猪苗代湖で秋バスを狙ってみませんか?このスポットでバスを釣り上げるためのコツや、狙い目のポイントなどを紹介していきます。

体力のある秋バス,冬に備え荒食い傾向に

出典:写真AC

バスが好む水温は20度程度で、冬に向けて捕食が活発になる秋は、バスが釣れる可能性も高まります。またアングラーにとっても秋は釣りが快適にしやすい時期でもあります。長時間の釣りをしても体力の消耗が真夏に比べると少なくなり、うれしいですよね。
台風後の増水時には、逃げ遅れた昆虫やミミズなどを追い、バスは浅瀬まで迫ってきます。

猪苗代湖と言えばスモールマウスバスが釣れることが有名です。ラージマウスバスに比べると小型でも引きが圧倒的に強いとされ、アングラーに人気のターゲットになっています。スモールマウスバスはラージマウスバスに比べると口が小さいですが、大きなルアーにも積極的に食いつきます。
体表の色は少し茶色っぽさがあり、流れのある場所を好んで生息し、回遊する特徴があります。

この湖はスモールマウスバスやラージマウスバスの大型が釣れたという実績も多数あり、東北を代表するバス釣りの人気のスポットであります。
その他に釣れる魚種としてはライギョやナマズ、タナゴ、トラウト、フナ、コイなどがありますので、多魚種を狙う釣りも面白いかもしれません。

ポイントを見つけたら、秋は「巻き物ルアー」で

出典:写真AC

猪苗代湖は広大な面積のため、ポイント探しの車移動だけでも予想以上に時間がかかり、休日であったために周囲の交通量も多く少々渋滞している場所もありました。そのため釣行の際は、いくつかポイントの目星をつけてから訪れることをおすすめいたします。
対して釣行時間が長く取ることができる方や数日間猪苗代湖での釣りをする方は、良さそうなポイントを丁寧に探っていくことも楽しみのひとつになりそうです。

ポイント探しの次は、どのようなルアーを使うか悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。秋のバスは積極的に捕食活動を行いやすいので、特に巻き物ルアーに反応が良いとされています。

クランクベイト

大きなリップで深いレンジを泳ぐことが可能なクランクベイトは、捕食しているであろうベイトの大きさに近いものを選んで使ってみても良いかもしれません。 シャローで使う場合は根掛かりに注意してください

YO-ZURI(ヨーヅリ) クランクベイト:3DB ディープクランク (70F)

スピナーベイト

ブレードが回転することによるアピール力と、ラバーのナチュラルな動きが高活性な秋のバスを誘います。スピナーベイトは昔からあるバス釣りのメジャーなルアーのひとつです。

created by Rinker
タカミヤ(TAKAMIYA)
¥645(2020/11/24 07:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

釣行ポイント紹介

好アクセスな船津港

ここは駐車場が近くにあるので入りやすいポイントです。筆者も猪苗代湖についてからはまずはこのポイントから釣りを始めました。
遠投をすると何回かボトムで引っかかることがあったので、一部岩礁帯や水中の障害物があるようです。

バス攻略ポイントの上戸浜

こちらもすぐ近くに駐車場があるので入りやすいポイントになります。
周辺にはテトラが設置されているのですが、そのテトラ周りにバスがつくようです。筆者は小さいワームを使い小型のバスを釣ることができました。ミミズのような虫系のワームをボウズ逃れとして用意してみても良いかもしれません。

障害物周りはバス攻略の鉄則ですので、みなさんも狙ってみてください。

筆者が猪苗代湖で初めてのバス釣り!感想は?

出典:写真AC

ポイント選びに苦戦し、結果としては駐車場が近いポイントでしか釣りをすることができませんでした。
しかしメジャーで入りやすいポイントは人が多く、すでに攻めつくされている印象がありました。

この湖でのおかっぱりの釣りは水質がクリアなため、ベイトやどのような底の状態であるのかの確認や、底に沈んでいる障害物の確認もしやすいところが多かったです。
猪苗代湖での釣りはロケーションが良かったので、釣りをしていても気持ちがよく、秋には紅葉観光と併せてまた釣りにいってみたいポイントでした。

また釣り以外も楽しむことができるスポットであり、楽しい釣行経験ができました。

周辺には嬉しい観光施設も

周辺にはアクアマリンいなわしろカワセミ水族館や、道の駅猪苗代があります。

水族館はブラックバスとスモールマウスバス、トラウトなどが鑑賞でき、トラウトは50センチから60センチほどの大型のものが多くいました。大規模な水族館ではありませんが淡水魚が充実しており、子供連れの方で賑わっていました。

運転の休憩時には道の駅猪苗代がおすすめです。施設が新しく大型でフードやお土産など充実していますよ。 インターチェンジがすぐそばなのでアクセスのしやすさもうれしいですね 。

まとめ

出典:pixaday

この地域は秋でも日中の気温が高くなることがありますが、朝や夕方になると冷えこみやすいので、日中の半袖や寒くなってくる時間用の長袖、ウィンドブレーカーを用意することがおすすめです。秋は特に一日の気温差が出やすいので、体調管理にも気をつけ楽しい釣りをしてくださいね。

猪苗代湖は釣りと観光の両面が楽しめる魅力的な湖ですので、気になった方はぜひ一度足を運んでみて下さい。

>>バス釣りスポット他にも!関連記事はこちら