出典:写真AC

みなさんはビッグベイトをご存知でしょうか?
ビッグベイトとはその名の通り、サイズの大きいルアーになり重量も一般的なルアーと比べると重くなります。一般的には15センチを超えるようなルアーを指します。シーバスやバスなどをターゲットに大物狙いに最適であり、ゲーム性の高さからも人気があります。
釣り好きの方であれば、お店にビッグベイトが並んでいるのを見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?リアルな見た目と大きさから、インパクトの強い商品ですよね。

ここではビッグベイトの種類をいくつか紹介いたします。ビッグベイトは、知れば知るほど自分でも操作してみたくなるアピール力抜群のルアーですよ。

ビッグベイトの種類は?好きな見た目のものを選んでもOK

出典:写真AC

リップレスベイト

リップはなく、アピール力の高さと波動の少ない動きが特徴です。
ボディにはルアーのつなぎ目が設定され、S字に泳ぎます。
このつなぎ目は1箇所のものから複数あるものがあり、多いほどに動きのナチュラルさが増します。ビッグベイトのなかで最も知名度が高い形状といえます。

おすすめはこれ!タカミヤ ビッグベイト

created by Rinker
タカミヤ(TAKAMIYA)
¥1,200(2020/09/30 20:11:24時点 Amazon調べ-詳細)

価格は1000円程度と圧倒的な価格の安さが嬉しく、筆者が初めて買ったビッグベイトでもあります。
安いルアーにありがちな塗装の質の低さやスイミング姿勢の悪さもなく、快適に使うことができています。入門編としておすすめのビッグベイトです。

リップ付きベイト

リップがあることで水の抵抗はリップレスに比べ強くなります。
波動が増すためにアピール力に優れますが、見切られやすい特徴があります。
魚が高活性のときに有効です。

ギル系

ブラックバスが生息している場所にはギルが生息していることが多く、ブラックバスの捕食対象としてもギルは有名です。
最近はギル系のワームも多く販売され、ギルパターンは一般的になってきました。「デカバスにはブルーギル」なんていう方も多くいらっしゃいますね。

おすすめはこれ!ジャッカル

通常のビッグベイトを経験したあとはギル系のものも使ってみたくなりませんか?人間も見間違えるような体色のリアルさが魚を誘いそうです。泳ぎ方や魚からの反応の違いなどが気になりますね。

スイムベイト

ワームのように柔らかい素材でできています。背びれも忠実に再現され、ボディの透過性の高さからもリアルベイトと間違えてしまいそうな完成度の高さです。
ワーム素材はバスが食いついたときもの違和感が少なく、フッキング率の高さもありますよ。

釣れた時のびっくりと喜びを体験できる、ビッグベイトの釣り

ビッグベイトの価格帯は、1000円から8000円ほどと高価な傾向にあり、通常のルアーに比べると少し手が出し辛いイメージがあります。

操作した印象としては、重量とシルエットの大きさからルアーを巻いている実感が強く、短時間の釣りなら快適に楽しんで行うことができますが、長時間の釣りになると巻き重りが少し気になります。

ビッグベイトに食いついてくる魚は当然ですが、大きい魚の確率がより高くなります。シーバスやブラックバスの一般的な釣り方法に飽きた方や、人とは違う狙い方をしたい方、ヒット数が落ちてもかまわないので大きいサイズだけを狙いたいという方におすすめの釣り方法です。

出典:写真AC

筆者はまだビッグベイトを使って釣りあげた経験はありませんが、半分遊び感覚で使っており、釣りの最中に気分転換したいときや、釣り場で大きな魚を見つけた時はビッグベイトを使ってみています。

しかし、ビッグベイトは持ち運びにもスペースを取りやすいため、携帯していないことも多くありました。ランガンを繰り返す釣りでは、重いものやスペースを取るものは邪魔になりやすいため、このように持ち運びのしやすさがデメリットに感じることもあります。

また重量のあるルアーのため、キャスト時のライン切れにも注意したいです。高額なルアーをロストしてしまうと楽しい釣りであっても気分が下がりますよね。

このように気を付けるべき点もありますが、ビッグベイトは「もしかしたら…」を期待しながらの釣りができることが最大の魅力です。
アングラーはより大きい獲物を求めて釣りを楽しみますよね。筆者はこれからもビッグベイトを使ってシーバスやバスを狙ってみたいと思います。

まとめ

出典:写真AC

みなさんはどの種類のビッグベイトを使ってみたいと思ったでしょうか?

ビッグベイトの釣りは夢があるため、操作しているだけでも楽しい釣りです。様々なビッグベイトをコレクションし、部屋に飾ってみる…なんていう楽しみ方も、釣りが好きな方にはおすすめです。

「大きい魚を釣りたい」、「まだ釣ったことのないルアーで狙いたい」なんていう方はビッグベイトを使った釣りにチャレンジしてみて下さい。自己新記録の大きな魚を釣りあげることができたらうれしいですよね。ビッグベイト縛りで釣りをしてみても楽しめるかもしれませんよ。

>>ビッグベイトはカスタムしても面白い!関連記事はこちら!