ダムや湖で釣りをしていてあそこまでルアーを飛ばしたい!と考えたことはありませんか?筆者はウェーダーを履いての釣りが好きで夏場は汗びっしょりになりながら釣りを楽しんでいます。ウェーダーをした方にしかわからないと思いますが、下半身からは汗が水のように出て、夏のウェーディングはダイエットにもなると評判です。

ダイワ(Daiwa) タイトフィットラジアルウェーダー RW-4301R-T M ブラック 04104362

私がおすすめするウェーダーはこの商品です。

このウェーダーは生地がやわらかくつっぱならいため動きやすく歩きやすい商品です。

ウェーダーを履いて広範囲のランガンは疲れを伴いますがそれを最小限に抑えることができます。

スタイルは細身に設定されていて立体設計が施されていて履いた見た目もスタイリッシュで太ももにあるダイワのマークも特徴です。内側には小物や貴重品の収納スペースも確保されております。フィット感が抜群で靴底はラジアルソール滑りにくくダイワ製ということで価格はやや高いですが品質の信頼度があります。

探れる範囲が圧倒的に広くなります

ウェーダーを履いての釣りのメリットは探れる範囲を広くすることができることだと思います。長靴やスニーカーを履いての釣りは足元が軽く動きやすいのですが、自分の投げたいポイントまで届かないことが多くあります。

使って見た感想

筆者も釣りの際には長靴やスニーカーを履くことが多かったのですが、いつも自分が攻めたいポイントまでルアーが届かないことに悩んでいました。

出典:写真AC

ある日、いつものポイントでウェーディングをしてルアー釣りをしている方を見かけました。釣りをしていると他の釣り人からヒントをもらうことがあります。釣れている人の真似をすることは、自分も魚を釣ることができる可能性を高めてくれると思っています。私はすぐにウェーダーを購入し釣りに出かけました。

初めて履いた感想としては重い、暑いと感じました。

しかし、自分が水の中を歩き水の中に立ってキャストできることは新鮮で、楽しい気持ちになりました。ウェーディングをしていると水がとても近く感じますし、水温を感じることができます。

水の中を歩く際は転倒やつまずきに注意しながら、ベイトの確認もできます。筆者としてはマッチザベイトを意識しているため、ウェーディングで得られる情報は多いです。

夏のとても暑い時期には水の中に入ると爽快感がありますし、ウェーディング中は心地よい風を感じることができます。

気持ちよく釣りができ、自分が飛ばしたいところまでルアーが届くことも、モチベーションを高めてくれます。

ウェーディングが未経験の方は楽しさを1回味わってほしいと思います。

ウェーディングの注意点

ウェーディングの注意点としてはフローティングベストを着用してもらいたいです。

出典:楽天市場 ダイワ(Daiwa) フローティングベスト トーナメント バリアテック サイバーフロート DF-3206

水の中の移動は危険性を伴い死亡事故が発生する危険性があり、

ウェーディングをしているともっと深い場所までと魚を求めて、危険を顧みず踏み込んでしまう場合がありますので注意が必要です。足場は急に深くなる場所もあります。

ウェーディングの際は同行者がいるとベストです。薄暗いときや、真っ暗な場所では特に注意しましょう。

釣果も大事ですが安全を最優先にして釣りを楽しみたいものです。

ウェーダーの使用は釣果につながる!?

岸からバスを狙う方は多いですが、なかなか満足いく釣果にはならないですよね?

ボートを使う釣りとは違いショアゲームは難易度が高くルアーのキャスト範囲も限られています。ウェーダーを使うことは少しでも飛距離が伸び、魚を探ることができる範囲を広めてくれます。

ウェーディングしてから筆者の釣果は以前に比べて良くなりました。

広範囲を探ることができる結果が釣果につながったのだと感じています。

まとめ

ひとつウェーダーを持っているだけで釣りの幅が広がりまた違った楽しみ方ができます。

品質が高く破れにくく長く使用することができるダイワの製品がおすすめです。

この記事で紹介した商品