出展:写真AC

真鯛釣りの人気の釣り方法にタイラバがあり、今では定番の釣りになりました。ここではタイラバを使った真鯛を狙う方法を紹介いたします。
まだタイラバを使ったことがない方やタイラバの動かし方がわからない方、これからタイラバ釣りに挑戦してみたいといった方の参考になればうれしく思います。

釣れやすい時期は?ラインは何号?

春はのっこみシーズンと秋の荒食いシーズンに真鯛の活性が高くなり、釣果が出しやすくなります。対して冬は水温が下がるとともに、真鯛の活性が下がり気味です。

タイラバで使用するメインラインはPEラインが主流で、0.6号から1.2号あたりが一般的になります。
太いラインを使い大物に備えたいところですが、メインラインが細いほど水の抵抗が少なく、ラインが潮流で流されにくくなるためアタリが分かりやすくなるメリットがあります。しかしラインを細くしすぎるとラインブレイクの可能性があるため、メインラインはバランスを考え選択してください。

またメインラインと連結するリーダーは、岩や根周りを攻める釣りになるため根ズレに強いフロロラインを使う方が多いです。
なかにはコスパと伸縮性がよくアワセのしやすいナイロンラインを使う方もいます。自分の使いやすいラインでセッティングしてみましょう。

タイラバはどんな形状のものが釣れる?

出展:写真AC

シンカーであるヘッドと、真鯛へアピールするネクタイの選択が釣果に影響しやすいため、様々なカラーや種類を持っておくことがおすすめです。

ヘッドはどう選ぶ?重さに注意

一般的にはでできているヘッドが多いのですが、潮の流れが速い場合はより重いヘッドに交換したくなりますよね。
しかしヘッドの重さを増やすことによってヘッドサイズが大きくなると、真鯛がいつも捕食しているベイトのシルエットと大きく異なり、真鯛の反応が悪くなる場合もあります。
そんな時はタングステン製で高比重のヘッドを用いることで、サイズはそのままで重さを増やすことが可能です。鉛製よりも高価になりますが、小さいシルエットのまま重さを増やすことができるのは大きなメリットです。

またヘッドの形状にも種類があり、丸型や水の抵抗が少なくなる形状、ヘッドがアピールしないで泳ぐものや、ヘッドが水流の影響を受けて振動しながら泳ぐものまで幅広く存在します。

それぞれのタイラバで泳ぎ方が変わるため、様々な種類のものを試してみてください。

おすすめアイテムはこれ!

¥3,990(2019/09/21 15:35:58時点 Amazon調べ-詳細)

潮流が速い時に大活躍するアイテムであり、大きすぎるシルエットのヘッドは真鯛に違和感があるかもしれません。釣果に関わる可能性があるので、タングステン製のタイラバも用意したいです。

ゆらゆら動く、ネクタイの選び方

出展:写真AC

ネクタイには素材が2種類ありゴム製シリコン製があります。

ゴム製のネクタイは使っているうちに劣化しやすいですが、シリコン製に比べ柔らかさがあるのでナチュラルな動きで真鯛を誘うことができます。

対してシリコン製はカラーの種類が多くゴム製に比べ劣化しにくいため、1つのタイラバを長く使えるといった特徴があります。

ネクタイの形はストレートやテールが丸みを帯びているものがあり、それぞれにアピール力が異なります。
最近ではネクタイに匂いが付いており集魚成分が含まれているものや、タイラバにワームを付けて誘うものもありますので、そのようなタイプを使ってみるのもおすすめです。

また、ネクタイとヘッドが一緒になっている固定式のタイラバと、離れながら動く誘導式のタイラバもあります。誘導式のタイラバはアタリが取りやすく、バラシが少ないといった特徴があるので誘導式を使う方が多いです。
それぞれのタイラバの特徴を把握することも良い釣果につながりますよ。

おすすめタイラバはこれ!

お求めやすい価格で、初心者におすすめです。筆者も初めてのタイラバの際にはこの商品を使いました。

タイラバは着底後、巻き上げて誘う

真鯛はボトムから中層にかけてヒットすることが多いため、上層から探るよりも水深の深い場所から探る方法が適しています。

1秒間に1回転の速さでリールを回転させ、スピードの変化をさせることなく一定の早さで巻くことがコツであり、着底後はすぐに巻き始めましょう。そして、アタリがあってもすぐにはアワセをせず、巻き続けるとバラシが少なくなります。

潮の流れが速い場合には着底が分からないことがあります。このような時にはタイラバの重さを増やし、着底を確実に確認できるようにしましょう。

タイラバの一般的な重さの目安は水深+20グラム程度といわれています。水深に合わせて適切なものを使いましょう。

まとめ

出展:写真AC

筆者も感じましたが、タイラバ釣りを初めて行うときは着底していることがわかりづらい印象がありました。また、巻いていても「この方法で本当に釣れるのか?」と不安になることもありました。
しかし、何度か経験し真鯛が釣れることで、タイラバ釣りの楽しさと釣り方法に慣れていきます。

みなさんも、いま大人気の真鯛のタイラバ釣りを体験してみて下さいね。