クロダイはチヌとも呼ばれ、強い引きと身のおいしさで春〜夏の海釣りには人気のターゲットです。昔はフカセ釣りで狙う方法が一般的でしたが、最近ではルアー釣りでクロダイを狙う(チニング)アングラーも増えてきました。

ここではクロダイのルアー釣りについて紹介いたしますが、なかでも人気があるのが、ポッパールアーを使った釣り方法。人気の秘訣は・・・?
ぜひ記事を参考に準備を整えて、チニングにレッツトライ!
大物のクロダイをゲットしましょう。

まずは魚を知る。

クロダイの生息域はどんな場所?

Photo by Dan Meyers on Unsplash

クロダイは九州から北海道まで生息しており、磯場や港湾、河口の汽水域に多く生息しています。数キロ先まで河川を遡上することもあり、シーバス釣りとともに河川でのクロダイ釣りを楽しむこともできます。

食性は甲殻類や貝類、小魚、海藻に加えて、人間の与えるスイカやトウモロコシまでも好んで捕食します。雑食性の魚としても有名です。

夏場になると浅瀬に寄ってきて遠浅である砂と岩が混じっている場所に好んで生息します。場所によっては群れになっている場合もあります。

クロダイは、テトラポットや岸際・橋脚など、シェードや障害物の周りにつきやすく、特にフジツボなどがついている場所はクロダイの絶好のポイントです。
このようなポイントをよく観察し、クロダイが多く生息していそうな場所で釣りを楽しんでみて下さい。

よく釣れる季節は?

出典:写真AC

クロダイがルアーでよく釣れる時期は春・夏・秋。特に夏の産卵期には浅場までクロダイが寄ってくるため狙いやすくなります。夏の水温が上がる時期に活性があがるため、この時期はトップウォーターで狙うことが可能です。

クロダイが餌を求めて活発になる水温は14°以上といわれていますが、河川で狙う場合は雨による水温低下の影響を受けやすいので、長雨が続く時はクロダイの釣果が渋い場合もあります。

冬場の水温が低い時期になると、クロダイは水深のある場所に移動するため、岸からでは釣りの難易度がぐっと上がります。手軽に釣るには暖かい時期の釣行がおすすめです。

クロダイの効果的な攻め方

クロダイはボトム狙いやトップ狙いで攻めることが多いですが、上記のように暖かい水を好みますので夏の朝マズメや夕マズメなどの活性が高くなる時期にはトップを攻めることが効果的です。
対して夜間にはボトム付近の甲殻類を捕食することが多くなるので、トップウォーターのルアーは気づかれにくくなるようです。

バイトシーンをアングラーが確認できる!
ポッパー釣りのご案内

出典:写真AC

ポッパーはカップ音を鳴らすことが効果的になる場合もあります。カップ音とともに水しぶきを出し、水面で弱っている小魚を演出します。ただ巻きや竿先でちょんちょんとアクションを加え、リトリーブスピードに気を付けながら巻いてきましょう。

サイズは50 mm から70 mm のポッパーを使うことが多いですが、渋い状況が続く場合はこれよりサイズダウンさせてみても良いでしょう。
ポッパーの操作はラインを張らずに緩ませたままにしておくことがコツです。これはクロダイからのバイトがあった際に乗らないといったことを少なくします。

始めたての方の場合は、水面からバイトシーンが見えると「慌ててアワセをしてしまい、乗らなかった」ということが起こりがちなため注意しましょう。水面を弱りながら泳いでいる小魚を演出し、豪快なクロダイのバイトがあった瞬間は最高の興奮を味わえるはずです。

ポッパー縛りで釣りをする方もいるぐらい人気の釣り方法です。
ぜひ皆さんもトライして腕を磨き、クロダイを狙ってみてください。

クロダイ釣りにおすすめのホッパールアー

メガバス ポッパー

これ1つでクロダイやシーバス、ブラックバスを釣ることができます。
カップ音がポコポコ心地よく鳴り、飛距離も出しやすいルアーです 。

様々な魚種に有効なメタルジグ

クロダイに限定して狙うことは難しいですが、ヒラメやマゴチ、シーバスなども釣れるのでメタルジグの釣りは楽しいですよ。

「フラットフィッシュやシーバス狙いで釣りをしていたら、クロダイが釣れた。」なんていうこともあります。
メタルジグは特にボトムについているクロダイに効果的です。

誘い方は、岸沿いをトレース、ズル引き、リフト&フォールすると釣れることが多いです。万能ルアーなので1つは持っておきたいですね。

根掛かりのしやすいメタルジグは複数セットでの購入がおすすめです。

ポッパーが難しいと感じたら、バイブレーションを試してみよう

ポッパーに反応がない場合は、ルアーをバイブレーションに変更することも有効です。

夏のデイゲームでは早巻きが釣れやすいですが、その他のルアーアクションとしてはリフトアンドフォールやストップアンドゴーなどがあります。

早巻きにバイトがない場合には、このようなアクション方法を試してみてください。

水面から姿をみせるクロダイには、なかなか出会えないこともありますよね。
クロダイがボトムについていてトップに興味を示さないこともありがちなため、バイブレーションは1つ用意しておきたいルアーです。

まとめ

最近のルアーを使ったクロダイ釣りでは、ポッパーが人気です。人気の理由はゲーム性の高さであり、水面に飛び出してルアーを捕食するクロダイを目に焼き付けたいですね。

皆さんもクロダイをポッパーで狙ってみてください。水面をトレースしながら、いつクロダイがバイトするのかわくわくしながら釣りができるはずですよ。

>>クロダイをもっと知りたい!関連記事はこちら