ダイワの人気リール「21カルディア」をバス釣り目線で考察してみました。

注目の仕様や競合リールとの比較も交え、どんなアングラーと相性が良いのかをまとめています。

コスパの高いバス用スピニングリールをお探しの方は要チェックです!

ダイワ「21カルディア」のバス釣り的注目ポイント

出典:ダイワ

2021年にモデルチェンジが行われ、先代同様に人気を博している「21カルディア」。

上位クラスのリールに搭載されている先進テクノロジーが乗りながら、実売価格は1万円台後半。

バス釣り愛好家からの注目度も高いアイテムとなっています。

てことで、まずは「21カルディア」の進化・仕様はバス釣り的にどうなのか?を考えてみましょう。

ザイオンVモノコックボディーの採用

出典:ダイワ

「21カルディア」の最注目ポイントは誰がなんと言おうと”ザイオンVモノコックボディー”の採用でしょう。

軽量・高強度な新素材”ザイオンV”で一体成形されたボディーは、先代よりも大幅に剛性感が増しています。

強い釣りとの相性がイマイチだった「18カルディア」の弱点がしっかりカバーされているわけです。

ライトリグを合わせて繊細な釣りをするも良し、太めのラインを合わせてパワー系の釣りをするも良し!

バス釣りでもマルチな活躍を期待できるスピニングリールに仕上がっています。

2500Sモデルの充実

そして、もうひとつの注目ポイントは機種構成です。

バス釣りの定番である”2500S”クラスに↓の3機種をラインナップ。

  • FC LT2500S
  • LT2500S
  • LT2500S-XH

繊細な釣りから豪快な釣りまで、アングラーの好みに合わせたチョイスができますね。

ちなみに、「21カルディア」の下位グレードにあたる「21フリームス」には”2500S”モデルが不在。

その点も踏まえると、バサーには「21フリームス」よりも「21カルディア」を手に取って欲しいというダイワさんの意図が滲んでいる気がしますね。

実際、バス釣り用に購入したアングラーからの評判も上々です。

これはメーカーサイドの狙いとユーザーのニーズがマッチしている証拠といえるでしょう。

「21カルディア」を上位リールと比較してみる。

出典:ダイワ

「21カルディア」がコスパに優れたリールだというのは、購入した人の多くが実感する項目だと思います。

それなりに良いお値段がするリールなので、絶対評価をするならば大きな穴は見当たりません。

ただ、相対評価となってくると話は別です。

ぶっちゃけ、ひとつ上位のグレードにあたるリールとは、お値段以上の差を感じます。

ここでいう上位リールというのは

  • ダイワ「20ルビアス」
  • シマノ「20ヴァンフォード」

の2製品。

目に見えた差が出ているのは”軽さ”ですね。類似モデルの自重を比較してみましょう。

FC(フィネスカスタム)、C(コンパクトボディー)の2500Sクラスの比較はコチラ↓。

メーカーリール番手重量
ダイワ21カルディアFC LT2500S180g
ダイワ20ルビアスFC LT2500S155g
シマノ20ヴァンフォードC2500SHG160g

2500クラス(通常カスタム)の比較はコチラ↓。

メーカーリール番手重量
ダイワ21カルディアLT2500S190g
ダイワ20ルビアスLT2500175g
シマノ20ヴァンフォード2500S175g

全体的に20g前後の差がありますね。

20gというと手に取って明確にわかるぐらいの差ですから、同じロッドに合わせたときのフィーリングもかなり変わってきます。

ちなみに、比較にあげた3製品の参考実売価格は↓のとおり。

  • 21カルディア 1万円台後半〜
  • 20ルビアス 2万円台後半〜
  • 20ヴァンフォード 2万円台前半〜

まあ、リールにどれほどの軽さを求めるのか?でコスパの感じ方は変わってきます。

しかしながら、

1万円台後半の「21カルディア」を買うぐらいなら、2万円台前半の「20ヴァンフォード」のほうがお得感があるよね

と感じる方は少なくないでしょう。

価格の近い上位リールと比べてのコスト感という部分は、やはり「21カルディア」の弱点といえると思います。

軽さにこだわらない方なら、「21カルディア」は超高コスパ!?

とはいえ、バス釣り愛好家のなかには

いや、別にリールは軽くなくてもいいし。
というか、中堅〜ハイエンド帯のアベレージになってる160gクラスとかはさすがに軽すぎ。
ちょっと重い方が安定感あるから好きなんよな〜。

という考えの方もいらっしゃいます。

もしくは、手元重心のロッドを使ってればリールの重さは気にならないって方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には「20ルビアス」や「20ヴァンフォード」よりも、「21カルディア」の方が響くかもしれません。

実際、実売1万円台後半で”ザイオンVモノコックボディー”ってのはかなり魅力的。

これまでの1万円台リールにはない堅牢感は「21カルディア」の絶対的な強みです。

加えて、新素材”ザイオンV”はローターにも使われており、巻きの軽さもアップしています。

慣性が少なくて軽い巻き感が好みの方にもマッチするでしょう。

軽さはそこまで求めてないけど、剛性や巻きの性能にはこだわりたい…!
でも、2万円を超えてくると予算オーバーなんだよね…。

って方には、「21カルディア」がベストマッチです。

「21カルディア」のバス釣り推奨モデル3選

出典:ダイワ

さて、「21カルディア」の特長や上位グレードと比べた際の立ち位置については、だいたいご理解いただけたんじゃないでしょうか。

それを踏まえて「21カルディア」が気に入った!って方向けに、バス釣り的なおすすめモデルを3つほど紹介していきます。

FC LT2500S

ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力(kg)
糸巻量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.11805.00.6-2006/1

キャスト精度と操作性の高さが求められるライトリグを中心に攻めたい方向けのフィネスモデル。

通常カスタムの2500Sモデルよりもかなり軽いので、シェイクを続ける点の釣りでも疲れにくいです。

集中力を切らさずに誘い続けることができるでしょう。

LT2500S

ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力(kg)
糸巻量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.21905.00.6-2006/1

ノーマルギアを採用したバス釣りのド定番モデル。

点の釣りにも線の釣りにも対応するオールマイティーさが強みとなっています。

FC(フィネスカスタム)ではボディーの剛性がちょっと不安…って方におすすめです。

LT2500S-XH

ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力(kg)
糸巻量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.21905.00.6-2006/1

パワー系の釣り、巻きの釣りに適したハイギアモデル。

巻き上げパワーがあり、良型とのファイトが安定します。

安定感のある回転を維持しやすく、巻き物との相性もGoodです!

秀でた総合力!「21カルディア」はバス釣りにおいても有力だ。

実売1万円台とは思えない総合力をもつ「21カルディア」。

バス釣り用のスピニングリール選びにおいても、有力な選択肢となることは間違いありません。

購入or見送りの決め手は、上位クラスと比較したときの重量感が大きなポイントとなるでしょう。

  • 軽いリールが好みの方は予算をもうちょっと頑張って「20ヴァンフォード」か「20ルビアス」
  • 少々重みがある方がいいって方は「21カルディア」

といった感じですね。

バス釣りにおける戦闘力も高めな「21カルディア」。ご自身のスタイルにマッチしそうな方は、ぜひGETしてみてください。

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事