管理釣り場の広大なフィールドには必ずと言っていいほど、水深が深いボトムエリアが存在します。そして、ボトムエリアにはサイズの大きなトラウトが集まっています。

今回はそんなボトムエリアに集まるトラウトを釣るのに効果的なボトム系のルアーについて、使い方とおすすめルアーをご紹介します。

管理釣り場で使うボトム系ルアーについて

管理釣り場で使うボトム系ルアーについて
管理釣り場で使うボトム系ルアー

管理釣り場でトラウトを釣るルアーに、ボトムエリア攻略に特化した種類があります。基本的に管理釣り場で活躍するルアーは、クランクベイトやスプーンなどシャローからミドルレンジを攻略できる種類が多いのが特徴です。

シャローからミドルレンジを攻略できるルアー種類が多い理由は、アングラーがルアーをコントロールしやすいメリットがあるからです。その反面ボトム系ルアーはアングラーから見えないレンジで使うので、コントロールや使い方のイメージが掴みづらく人気が高いとは言えません。

しかし、ボトム系ルアーを使いこなす引き出しを用意することで、管理釣り場で周りのアングラーが釣りきれないトラウト狙うことができ釣果に繋がります。周りと差を付けたい方は、ボトム系ルアーにチャレンジしてみましょう。

ボトムに潜むトラウトを釣るルアーの使い方

ボトムに潜むトラウトはサイズが大きい
ボトムに潜むトラウトはサイズが大きい

ボトムに潜むトラウトを、ボトム系ルアーで釣るための使い方をご紹介します。ご紹介する2つの使い方は、スプーンやクランクベイトなど代表的なルアーのテクニックですので難しくありません。

注意点としては管理釣り場で使うボトム系ルアーは、素早く深いエリアに到達するために比重が重く作られてる点です。ルアーの比重と水圧が掛かり、コントロールや使い勝手が鈍く感じます。

シャローやミドルレンジのテクニックをボトムで使う場合は、ルアー比重と水圧に負けないメリハリのある動きをイメージしましょう。

管理釣り場で定番のデジ巻き

ボトム系ルアーの使い方の1つは定番のデジ巻きです。
デジ巻きはリールを巻いて止めるを繰り返し、ボトムでルアーをリズムよく動かします。リールを巻く速度でルアーが動く距離とスピードに変化をつけ、ボトムに潜むトラウトにアピールします。

ボトム系ルアーをデジ巻きで使う場合は、リールを巻く速度を早めにするのがポイントです。ボトムでルアーがしっかり動き、フィールドに沈む石や障害物に適度に触れることで接触音を出します。

スレたトラウトに有効なズル引き

管理釣り場のトラウトを釣るテクニックとしてはマイナーですが、ボトムに潜むスレたトラウトにはズル引きも有効です。ズル引きはボトムに沈んだルアーを、ロッドの動作だけでゆっくり引っ張るだけのテクニックです。

デジ巻きと違う点は、回収までボトムに触れ続ける点です。管理釣り場のトラウトの中には、餌がボトムに触れていないと口を使わないスレた個体が必ず潜んでいます。ズル引きはボトムに触れた状態で、トラウトにアピールできるのでスレた個体に有効です。

トラウト用ボトム系ルアーおすすめ3選

管理釣り場でトラウトが釣りやすい、おすすめのボトム系ルアーを3つご紹介します。3つのルアーともトラウトコーナーがある釣具店やネットショッピングで購入できるので、ボトムエリア攻略に興味のある方は試してみてください。

SMITH LTDボトムノックスイマー

スミス(SMITH LTD) ボトムノックスイマーII 30mm 04 ピンクチャート

ボトムノックスイマーは「D-コンタクト」などで有名なSMITH LTDから発売されています。管理釣り場などのエリアトラウトから、渓流に住むトラウトまでを対象にできるルアーです。

ボトムノックスイマーは名前の通り、ボトムを叩くような動きでトラウトを誘います。ルアーのサイズ感も程良く、釣れる魚のサイズを選びません。

Jacksonボトムマジック

ボトムマジックは他のメーカーより、少し変わった見た目のヒットルアーを数多く手掛けるJacksonから発売されています。ボトムエリアを攻略なら、定番ルアーとして上がるでしょう。

管理釣り場のボトム攻略に特化したルアーコンセプトは、デジ巻きやズル引きなどのテクニックに充分対応します。ボトムでのルアー姿勢も調整されており、トラウトの小さなバイトも釣果に繋げます。

Mukaiリバーブ40

\ポイント10倍&10%クーポン/ ムカイフィッシング(Mukai) Reverbe リバ−ブ40 40mm 3.5g 【GG1 B&B】【ラッキーシール対応】【メール便対応】 【8/21(水)0:00〜8/24(土)23:59】

リバーブ40は「つぶあん」などの定番的ルアーを手掛けるMukaiから発売されています。発売されてから結構時間が経っていますが、シンプルなボトム系ルアーとしておすすめできます。

ルアー形状はシンプルでキャストしやすく、簡単に高飛距離がでます。ボトムでのルアー姿勢も安定しており、ズル引き、デジ巻き、ジャークなど基礎はもちろん幅広いテクニックに対応する柔軟性を持っています。

ボトム系を使いこなして手強いトラウトを釣ろう!

ボトム系を使いこなして手強いトラウトを釣ろう!
ボトム系を使いこなして手強いトラウトを釣ろう!

ボトム系ルアーの使い方とおすすめルアーをご紹介しました。管理釣り場ではスレたトラウト、サイズの大きなトラウトはボトムに潜んでいる可能性が高く釣りづらい場合が多いです。

シャローからミドルレンジを攻めるルアーでは当然攻略できませんが、ボトム系ルアーを使いこなすことで釣果に繋げることができます。使い方のイメージが難しい種類ですが、周りのアングラーが釣れない魚を攻略できるチャンスです。ぜひ、ボトム系ルアーを試してみてください。