行楽シーズンの秋、釣りを始めてみようかなという方もいらっしゃるかもしれません。越冬に向けて魚の食欲も旺盛になり、秋は釣りが楽しくなるシーズンです。毎週釣りの予定が埋まっているという方も多いのでは?秋の釣りで狙える魚種や服装のポイントなどをご紹介します。

秋に狙える人気の魚種はこれ!

秋に狙える魚はたくさんいるため、その中から人気の魚種を3種ピックアップして紹介します。

【タチウオ】堤防から狙うならこの時期!

撮影:筆者

晩夏から秋にかけて人気の魚種といえばタチウオです。日中は深い場所で身を潜めていますが、夜になると小魚を追って浅瀬にくるため、堤防からは夜釣りで狙うのが基本です。年々タチウオ釣りの人気は高まりつつあり、人気の釣り場では夕方以降、ずらりと竿が並ぶことも。鋭い歯が特徴ですが、魚を食べるのはそれほど上手ではないため、早合わせは禁物。岸からドラゴン級を狙ってみてはいかがでしょうか。

【釣り方】ジグヘッド+ワームのワインド・メタルジグでのショアジギング・小魚によるウキ釣り

【ポイント】鋭い歯への対策が必須です。歯でラインを切られないように、ハリスにワイヤーを使うのがセオリー。釣れたら歯でケガをしないように素手では触らず、エラの近くを魚バサミでつかんで針を外します。

食べるのとても下手です。小魚を食べるシーンは釣りの参考になりますよ!

【アオリイカ】個体数の多い秋はエギングの練習に最適!

photoAC

9月から12月は、秋のアオリイカシーズンが到来します。夏に生まれたアオリイカがどんどん成長する時期。春イカよりも小さめですが個体数が多く、スレていないため、エギング初心者さんにはおすすめのシーズン!ただし、あまりにも小さすぎる場合は、サイズアップを願って海に帰してあげてほしいです。

【釣り方】エギ・小魚によるウキ釣り・ヤエン

【ポイント】群れで泳ぐため、周囲が釣れ始めたらその波に乗りたいところ。秋イカはサイズが小さいため、春よりも小さめ(3号以下)のエギを使います。好奇心旺盛なので、興味の引きそうなピンクやオレンジからスタートして様子をみるのがおすすめ。堤防からは取り込みでバラしてしまわないように、タモの準備を。偏光サングラスがあればイカの姿が確認しやすく便利です。

【ハゼ】河口でのファミリーフィッシングにもおすすめ

撮影 : 筆者

河口付近で楽しめる釣りといえば、ハゼ釣りですよね。冬場をのぞいて1年中楽しませてくれるハゼですが、ハゼは寿命がたったの1年。海で越冬する個体は滅多にいないため(筆者の飼っていたハゼは越冬しましたが)、秋がMAXサイズになります。25cm前後にまで大きくなるハゼ釣りが楽しめるのはこの時期ならでは。キス釣りのような小気味良いアタリが楽しめますよ。ハゼといえば、天ぷらのイメージが強いものですが、この時期の大型のハゼを生きたまま持ち帰ることができるのであれば、断然お刺身がおすすめ!

【釣り方】虫エサによるちょい投げ・ウキ釣り・ミャク釣り

【ポイント】秋のハゼはサイズアップしているため口がとても大きく、エサを丸飲みします。そのため針がかりがよく、特筆するようなテクニックがなくても釣れるのがポイント。日中でも活発にアタックしてくれるので、ファミリーフィッシングにもおすすめです。反対に、合わせるのが遅いと針を深く飲み込んでしまうことも。

秋の釣り、服装のポイントは?

秋の釣りに出かける場合、ファッションはどのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか。持っていると便利なファッションアイテムをご紹介します。まだまだ日差しは油断できないため、紫外線対策をして楽しんでくださいね。

脱ぎ着しやすい長袖アウターは必須アイテム

日中は、快適に釣りが楽しめるのが嬉しい秋。しかし、朝晩はしっかりと冷え込むため、朝マズメを狙った釣りや半夜~夜釣りの際には、長袖のアウターが欠かせません。防水のジップタイプのレインパーカーや、ウィンドブレーカーなどは必須アイテムです。

ダイワの人気ウェアレインマックスのシリーズです。デタッチャブル(袖が取り外せる)タイプなので、季節に合わせて長く使えるところがおすすめポイント。水の浸入を防ぐ&視界をしっかりと確保することにこだわって作られているため、快適に釣りができるウェアとして評判です。釣りガールみっぴちゃんも着用しています。

トップス は1~2枚多めに準備

トップスは、街遊びのときよりも1~2枚多めに着こむイメージで準備しておくことをおすすめします。例えば、街遊びの時にはまだ薄手の長袖1枚でOKという気候であれば、その上に1枚ネルシャツを羽織るような感じです。秋の海風は日差しによっては寒さを感じることもあるため、しっかり準備してお出かけください。

足元は冷えないように

足元は冷えてしまうと、途端に体全身が寒く感じてしまいがち。特に夜釣りを楽しむときには、足元を冷やさないような対策がおすすめです。レインブーツやデッキブーツでしっかり防水対策をしておきましょう。

通気性に優れながらも、しっかりと防水してくれるデッキブーツは、釣りシーンで重宝すること間違いなし。サイドループとローバックカットで履きやすいところが魅力です。少し重めにできているので、安定感もありますよ。SSサイズ(23.5-24.0cm)からサイズがあるため、女性アングラーにも愛用者がたくさんいます。

行楽シーズン到来!釣りを趣味にするなら今!

ほかにも大型のシーバスやマダコなど狙える魚種が増え、食いつきも良く気候もおだやか。秋は、釣りを新しい趣味としてスタートするには、うってつけのシーズンです。次のお休みには、釣り具を揃えて海に出かけてみませんか?多種多様な魚たちが待っていますよ!