この秋は、関空から飛び立つ飛行機を眺めながら、釣りを楽しみませんか?家族がアウトレットでショッピングをしている間に、釣りを楽しむのもおすすめです。今回は、りんくうプレミアム・アウトレットにほど近い【マーブルビーチ】をご紹介します。トイレ、駐車場、コンビニありで快適な釣りが楽しめますよ!

マーブルビーチはどこにある?

マーブルビーチは、「りんくうタウン」や「りんくうプレミアム・アウトレットモール」にほど近い場所にあります。電車であれば、南海空港線・JR関西空港線 りんくうタウン駅から歩いて3分程度の場所にあり、電車派のアングラーにもおすすめのスポットです。車の場合は、阪神高速湾岸線「泉佐野南」が一番近い出口になります。下道の「臨海南4号」の交差点を海方向に曲がると、専用駐車場に繋がっています。カーナビでは、ビーチに隣接しているお食事処の名称「サザンぴあ」を入れると検索しやすいですよ。

マーブルビーチのカーナビでの住所:〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜4-201「サザンぴあ」

マーブルビーチはどんなところ?

マーブルビーチには白い大理石の玉石が敷き詰められており、ビーチの周りを青松が取り囲みます。晴れた日は抜群のロケーションで、結婚式の前撮り撮影の場所に使用されることもあるほど。ビーチからは関西国際空港を望むことができ、リラックスして釣りを楽しみたい時におすすめです。長いビーチの中央と北側には突堤があり、一番南側には堤防、波止、テトラ帯もあります。多彩な釣りが楽しめますよ。

マーブルビーチで釣れる魚

【中央突堤より】

  • アオリイカ
  • シーバス
  • 青物
  • カレイ

【南側堤防より】

  • シーバス
  • メバル
  • ガシラ
  • アジ
  • チヌ

マーブルビーチの3つのおすすめポイント

マーブルビーチは人工的に玉石が敷かれた少し珍しいビーチです。おすすめのポイントをご紹介します。

設備が充実!

南側のトイレ

マーブルビーチの大きな特徴といえば、BBQができるという点。夏場は多くのBBQ客で賑わいます。そのため設備がとても充実しており、キレイなトイレや広い駐車場はもちろん、真水の出る水道や自動販売機、大型のゴミ箱などが完備されています。釣り人にとって、この充実の設備はとっても嬉しいポイントではないでしょうか。

コンビニが近い

マーブルビーチに入る交差点「臨海南4号」の角(マーブルビーチの道を挟んで向かい側)には、「ファミリーマート」があります。マーブルビーチには隣接した「サザンぴあ」という施設があり飲食店も併設されていますが、真夏のBBQシーズン以外は、営業していないことも。そんなときの食糧調達にも、コンビニが近いので困ることがありません。

釣り人が少ない

多くて4~5人程度。はっきり言って人気薄。

マーブルビーチの近くには「りんくう釣り護岸」があり、そちらが人気釣りスポットであるためか、釣り人の数はいつでも少なめです。人気の釣り場は人が多くて、時間によっては入る場所がないなんてこともありますが、マーブルビーチに限っては、そのような事態になったことがありません。いつでも入れます。入りたい放題。

マーブルビーチを詳しくチェック!

マーブルビーチの写真を撮ってきました。さっそく詳しくチェックしていきましょう。

臨海南4号交差点

こちらがマーブルビーチに入る「臨海南4号」の交差点。和歌山方面から北上した風景です。ここには映っていませんが、写真右手前にファミリーマートがあります。

目の前に海!

交差点を曲がるとすぐ海が目の前に広がり、そのまま誘導されるように駐車場への道が続いています。

道なりに左折すると駐車場のゲートが見えてきます。

写真奥、ゲートをくぐると駐車場です。ゲートの左手には、「サザンぴあ」とトイレが並んでいます。

駐車場の料金です。6時間釣りを楽しんだ場合は1,000円程度の駐車料金がかかります。

ガラ空きなので、ポイントに近いところに停めることをおすすめします

駐車場は広く、写真奥にもつながっています。100台以上駐車可能ですので、BBQシーズンをはずせば、いつ行っても停めるところがないという事態にはならないでしょう。

中央突堤。遠くに関空が見えます。
北側の短い突堤。

マーブルビーチは南北にとても長いビーチなのですが、北側、中央、南側とそれぞれに突堤や堤防があります。視界を遮るものがなく、どこからでも関空が眺められるロケーションは最高ですよ!

9月の海の様子。緑がかっているところは非常に浅く、満潮時でなければ釣りにはなりません。しかし、色の変わっている辺りからは急に深くなるので、ビーチ遊びは危険です。マーブルビーチの釣りは、遠投スタイルがおすすめです。

突堤は石畳になっています。手前は石がしっかり詰まっていますが、先端に行くほど、石と石との間隔が荒くなります。小物や携帯を落とすと大変なことになるため、突堤での釣りは荷物を最小限にすることをおすすめします。

釣り人の テンション上げる スミのあと

先端からはエギングが楽しめます。撮影に行った日も、しっかりとスミのあとがありました。9月なので、コロッケサイズのアオリイカでしょうか。

中央突堤からビーチを眺めたところ。 石の隙間の様子が伝わるでしょうか。

マーブルビーチを中央から南側へ行けば、一部芝生と土の場所があり、そこでは多くの人がBBQを楽しんでいます。

大型ごみ箱・トイレ・水道・自販機あり!

BBQ用に用意された設備は釣りにも使用でき、とっても便利です。

水道まで!

なかでも私のお気に入りは、 真水の出る水道です。海水のでる水道がある釣り場はありますが、こちらは真水。釣り具を軽く洗ってから車に乗せられるなんて最高です。みんなでキレイに使いましょう!

ビーチ最南端。

マーブルビーチの最南端は、漁協前に繋がっています。 景色が一変し、いかにも「釣りスポット」な雰囲気が漂います。

この日はテトラ帯が大人気。釣り人が5名でも、ここなら大人気クラス。

こちらには長い堤防があり、その先にはテトラ帯も。マーブルビーチのこちらの堤防や波止は、なんといっても、メバルのガシラの魚影が濃いのが特徴です。

堤防沿いに歩いていくと、奥のテトラにたどりつくこともできますよ。 常夜灯も数本あり、夜釣りの環境も整っています。特に真冬のガシラは、15~20cmオーバーの良型が釣れることも珍しくありません。その上、人気薄の釣りスポットなので、釣り人がとにかく少ないのが嬉しいポイントです。 魚もあまりスレていません。

マーブルビーチへ行くときの注意点は?

マーブルビーチを利用するときに気を付けたほうが良いポイントや、快適に釣りを楽しむヒントをご紹介します。

忘れ物はないように準備を

近くに大型釣具店がないため、ボックスを開けたら仕掛けが入っていなかった、なんてことのならないように、しっかりと準備しておくことをおすすめします。

持ち込まないOR落とさない工夫を

中央の突堤で釣りを楽しむ場合は、道具類を落としてしまわないように、たくさんを持ち込まないことや、落とさないような工夫(ウエストポーチやボディバッグを活用するなど)が必要です。

キレイに使いましょう

BBQができる場所ですので、設備が充実しているのがポイントです。皆でキレイに使うことを意識し、ゴミの分別や後始末はしっかりとしましょう。釣り人のマナーが悪く、釣り禁止になっている場所が増えているため、そういうことにならないようにしたいですね。

海へ入っての釣りはおすすめできない

一見、浅瀬に見えるマーブルビーチですが、急に水深が深くなり危険がいっぱいです。海に立ち入っての釣りは、おすすめできません。お子様連れの釣りの場合は、お子様から目を離さないように注意が必要です。マーブルビーチのゴロタにはたくさんのカニがいます。カニ獲りをしてお子様が遊ぶ場合も、同じように気を付けてくださいね。

しっかりとしたシューズがおすすめ

マーブルビーチの玉石はサイズが大きめで、歩くのに少し疲れてしまうほど。サンダルでの釣りはおすすめできません。濡れていると滑りやすいこともあり、しっかりとした滑らないシューズの着用をおすすめします。

おすすめはビーチよりも南端の堤防

マーブルビーチでの釣りは、アオリイカの場合は中央突堤ですが、それ以外はビーチ南端の堤防がおすすめです。足場もしっかりしており、BBQ用の設備にも近いため、何かと便利です。足場の安定した堤防があるため、お子様連れの釣りもこちらがおすすめ。のんびりサビキも良いでしょう。南端で釣りを楽しむ場合は、駐車場は一番奥まで進んで車を停めると歩く距離が短く済み増ますよ。関空を眺めながらのんびり釣りを楽しみましょう!

>>関西には素敵な釣り場が他にも!関連記事がこちら!