• アジングに行くんだけど、なかなかアジが釣れてくれない。
  • となりのお兄さんは普通に釣れてるのに、なんで俺には釣れないんだよ…。ハァ…。

釣りは自然との闘いですのでボウズの日があるのは仕方ないことですが、周りが釣れているのに自分だけ釣れないとめちゃくちゃ萎えますよね?ぼくも昔はよく、自分だけ釣れなくて人格否定されたような気分になっていたものです。

そんなぼくも今では、みじめな思いをすることも無くなり、アジンガーの中で独り勝ちして「ワームとジグヘッドは何を使ってるんですか?」なんて聞かれるまでに成長しました。

ということで、昔のぼくのような悩めるアジンガーを一人でも多く救済するために、本記事ではアジングの釣り方の基本とおすすめの練習法、釣れるようになるためのコツを出し惜しみせずに解説していきます。ぜひお役立てください。

練習法の前に!アジングの釣り方の基本をおさらい

おすすめ練習法の前に、軽~くアジングの釣り方をおさらいしておきましょう。詳細は記事の後半でしっかり解説しますので、ここではサラっといきますね。

ポイント選び

まずはポイント選びです。ネットや釣具屋で可能な限り実績のある釣り場をリサーチし、釣り場についたら

  • 常夜灯に照らされた所
  • 明暗の境目がクッキリしている所
  • 流れが止まる所
  • 潮がぶつかる所

など、変化のある場所を見つけて重点的に攻めると良いでしょう。変化のあるポイントにはアジが捕食しているプランクトンが溜まりやすいので、釣れる確率が上がります。

キャスト→カウント→アクションで誘う

アジがいそうなポイントを見つけたら、キャストしてカウントを取りながら仕掛けを沈めていきます。どの深さ(レンジ)を攻めているのか?を意識しながら釣ることで、効率よく探ることができますし、1匹釣れた後に次の1匹を釣れる再現性が高まります。

カウントが終わったあとは、アジを誘いながらラインを巻き取っていきます。アクションに関しては、基本パターンを覚えて自分の中のローテーションを持っておくのがおすすめです。詳しくはキャストのコツ&練習法の所で解説します。

アワセ→ファイト→キャッチ

アジのいるところに上手いこと仕掛けを通すことができたら、アジがワームに食いついてきます。しかしながら、アジはワームを吸い込んで違和感を感じると「ペッ」とワームを吐き出してしまいます。

ですから、「コツン」「モサッ」といったアタリを感じたら、ロッドを軽く立ててアワセを入れてあげるとアジが吐き出す前に針をかけることができます。アジが針にかかったら、ロッドの角度をキープしつつ、慎重に寄せてきて抜き上げましょう。

ということで、アジングの釣り方のおさらいは以上です。次のページからはアジを釣るコツとおすすめの練習法を解説していきます。

次ページ>>>キャストのコツ&おすすめ練習法

1 2 3 4