年明け以降、度重なる寒波によって全国的に寒い冬になっていますね。

こんな状況だとフィールドに行く気力も湧いてこないですよね。正直、筆者もフィールドには出ていたものの、極寒の中で釣れる気が一切していませんでした。

筆者の通う琵琶湖では、南湖の南エリアは2℃まで水温が低下してしまい釣果も凄まじいほどに寒くなってしまいました。

超低水温だと、バスはフィーディングでエサを追えなくなってしまうので、ワームや巻き物などの釣りが極めて難しい状況です。

このような非常に厳しい状況でバスを釣るにはメタルバイブレーションによる「リアクション効果」が極めて有効になります。

そんな訳で今回は冬の超絶シビアな状況でもバスを釣ることができるメタルバイブレーション、デプス「サーキットバイブ」についてご紹介します。

デプスサーキットバイブ誕生秘話

サーキットバイブは2015年に発売されて以降、小規模な池から大規模レイクまで様々なフィールドで釣れている人気メタルバイブレーションです。

このサーキットバイブには開発の裏話があり、社員全員が各々のアイデアで自作したメタルバイブレーションを発表するデプス社内のメタルバイブコンテストが開かれ、その中で良かったアイデアを採用して1つのメタルバイブレーションとして発売される予定でした。

がしかし、この会社一丸となってメタルバイブレーションを開発するというプランが開発部門の1人の担当者の「PCのサーキットボード」を使いたいという一言で全て白紙になりました。

そんなこんなのドタバタ劇から生み出されたデプス唯一のメタルバイブレーション、「サーキットバイブ」は今日では冬のバス釣りの最終兵器的存在になっています。

デプスサーキットバイブ魅力

デプスサーキットバイブがバス釣り冬の最終兵器と言われる理由を見ていきましょう。

・サーキットボード製ボディー
・超低重心
・ハイレスポンス&ハイピッチアクション
・飛距離
・ストレスの少ない操作性

サーキットボード製ボディー

低比重かつ0.8mmという極薄のパソコン基板、サーキットボードが採用されています。

超低重心

ボディー本体はサーキットボードが使用されていますが、頭部と腹部には水の抵抗を受けバイブレーションを発生するために金属パーツがされています。

この結果、ルアーの背中側が軽量で腹部が重たくなり低重心になります。

ハイレスポンス&ハイピッチアクション

ボディーの低重心化によって、ルアーの動き出しが良く、アクションもハイピッチなので少しロッドをしゃくるだけでもバイブレーションし、ブルブル感が手元までしっかり伝わります。

飛距離

低重心ボディーによって飛行姿勢が安定するため、同サイズ同重量のメタルバイブレーションと比較すると抜群に良く飛びます。

ストレスの少ない操作性

ボディーの低重心化によってフォール姿勢も安定しているため、根掛かりやライン絡みも少ないです。

デプスサーキットバイブのラインナップ

サーキットバイブは大小6種類のサイズがラインナップされています。それぞれ細かく見ていきましょう。

デプスサーキットバイブ1/8oz

シリーズの中では最小の35mmサイズ。小規模のため池、タフコンディション下で有効です。

デプスサーキットバイブ1/4oz

40mmサイズ。小規模のため池、ベイトフィッシュが小型の場合やタフコンディション下で有効です。

軽量であるためウィードの上などで使用しても引っかかり難いです。

デプスサーキットバイブ3/8oz

シリーズ中では中間の47mmサイズ!小規模〜大ため池やクリーク、大規模レイクなど様々なフィールドに使える汎用性の高いサイズです

デプスサーキットバイブ1/2oz

こちらは52mmサイズ。約14gと重量がありフォールスピードが速いため、高いリアクション効果を望めます。

デプスサーキットバイブ1oz

シリーズ最大の79mmサイズ。約28gの重量を利用し、琵琶湖の浜などの広い場所で大遠投して大きくリフト&フォールさせてアピールしながら広範囲をサーチする場合に有効です。

デプスサーキットバイブおすすめの使い方

デプスサーキットバイブのショートピッチアクション

出典 : YouTube

良く釣れるサーキットバイブのおすすめの使い方は、ロッドを小さくしゃくるリフト&フォール「ショートピッチアクション」です。

文章ではイメージが掴み難いと思いますので、トーナメントアングラー木村健太プロの実釣映像をご紹介しますので参考にしてみて下さいね。

サーキットバイブ以外のデプス製品も要チェック

デプスサーキットバイブで冬のバス釣りを攻略しよう!

出典 : 筆者

低水温期のバス釣りってただでさえ釣れないし辛いですよね。

筆者も極寒爆風の中、覚悟を決めてロッドを振り続けましたが正直辛かったです。

そんな状況の中で釣りをするので、冬って1匹のバスがハイシーズンの何倍もの価値に感じられますよね。

その価値ある1匹に辿り着く1つの方法がサーキットバイブによるショートピッチアクションだと思います。

筆者も困ったときに良く使うので、皆さんにもぜひお試し頂きたいです。冬の痺れる1匹をゲットするお役に立てれば何よりです。