ワームを使って、湖やダムでバスを狙うアングラーは多くいますね。

この記事では、ワームで責めるコツと魅力を筆者の経験を交えて説明します。

(caspowserによるPixabayからの画像 )

リグ(仕掛け)について

いろいろなリグがありますが、それぞれに特徴があり、メリットとデメリットがあるのでご紹介します。

ノーシンカーリグ

オフセットフックを使い、シンカーを使わないスタイルです。針にワームをさすだけなのでとても簡単!

メリットとしてはシンカーを使わないことで自然なゆらゆらした動きを出せます。フォールスピードも遅く、弱った小魚を演じます。

デメリットとしてはシンカーがないので飛距離があまり出ません。ワームには高比重なものが売られていますが、それでもシンカーがないことで、飛距離は稼ぐことができません。

あまり遠くない距離を狙うときや、エントリーする場所が人気のあるエリアのときは有効的に使うことができます。

ジグヘッドリグ

シンカーとフックが一緒になっている仕掛けです。

このジグヘッドは売っている場所も多く、仕掛けが簡単で初心者に使いやすいです。場所や狙うサイズによって、シンカーの大きさ・フックサイズの見直しをしましょう。

シンカーが重いものはキャスト時に飛距離が出ますが、重すぎるシンカーだと底を擦ることが多くなり、根掛かりでロストする可能性が高くなります。

そして、狙いたいレンジをキープできるようにシンカー選びをすることは大切です。魚のいるレンジにワームを通すことで釣れる可能性が高くなります。

ワッキーリグ

ワームの真ん中にちょん掛けして使う仕掛けをいいます。

ストレートワームを使いミミズのような動きをだすことができます。この仕掛けはワームの真ん中にフックがあるのですが、小さい魚がちょっかいをかけてくることが多く、フッキング率が悪い経験があります。

ワーム釣りの魅力

ハードルアーに比べ、スレている魚に効果大です。

ワームはテールがひらひら動くところが小魚のしっぽにとてもよく似ています。ワームを操作しながらスイミング姿勢の確認を行いますが、ハードルアーに比べてナチュラルな動きを出すことができます。波動も少なく、警戒心が高い魚も食いつきます。

その反面、キャスト時は飛距離が出にくく、風が強い時は使いにくいです。そしてフックはシングルフックのため、フッキングが難しいです。早合わせしてしまうと、すっぽ抜けることがよくあります。


有効なワームカラーについて

有効なワームカラーについては諸説ありますが、筆者の経験では、どのカラーでもそんなに釣果に影響はありませんでした。自分が釣れると感じるカラーのものを根気強く投げ続けましょう。

自分が釣れるカラーだと思っているものは使う時間が多く、そのために釣れるカラーだと勘違いしている方が多いように思います。ワームの形状のチェンジやカラーチェンジは有効ですが、一定のカラーにこだわった選択は、おすすめできません。

ハードルアーに比べてワームは費用も安く、ロストを恐れずにストラクチャーの多い場所へも積極的に投げることができます。

自分なりのトライが釣果につながります

巻く速度、キープレンジ、リフト&フォールなど様々な試みをしましょう。

湖やダムでの釣りは簡単には釣れてはくれません。自分の自信のあるワームを選び、諦めることなく投げましょう。そしてこまめに場所を変えましょう。ワーム選びも大事ですが、場所選びはもっと重要です。

ワームで釣る方法は簡単だと話す方もいますが、それは少し違うかもしれません。筆者は湖やダムに釣りに行っても1匹を釣るために数時間を要することがよくあります。まったく釣れずに帰ってくることも多々あります。

この難しさから、釣った時の喜びは大きく、エサ釣りとはまた違う喜びがあります。ワームを動かしている中で急にくるバイトの瞬間は、やみつきになりますよ。



The following two tabs change content below.
アバター

バス釣りに夢中