シーバスのベイト(餌)となるバチが水中に浮遊するバチ抜けの期間は限られています。バチ抜けが終了した後に、シーバスは小魚を中心に捕食するようになります。ただ、小魚は種類が多く、生息域などをしっかり把握していないとシーバスがヒットする確率が下がってしまいます。ここではシーバスの バチ抜け終了後の攻め方を紹介します。

シーバスのバチ抜けとは?バチ抜け終了はいつ?

出典:写真AC

イソメやゴカイはミミズに似た環形動物でバチと呼ばれています。
バチは釣り餌になることもあり、魚の大好物です。普段、バチは浅瀬の砂地などに穴を掘って生活していますが、冬から春(大体2~5月)にかけて産卵のために水中に浮遊するようになります。これをバチ抜けといいます。

この時期は、バチを捕食するためにシーバスが活発に泳ぎ回ります。ただ、 バチ抜けの時期を過ぎると水中に浮遊するバチはいなくなるので、シーバスは小魚を中心に捕食するので、攻め方を変える必要があります。

シーバスのベイト(餌)になる小魚について

出典:写真AC

シーバスのベイト(餌)は、紹介したバチばかりではなく、ハゼやキス、鮎、イワシ、イナッコなどとなっています。これらのベイトが泳いでいるポイントにはシーバスもいる可能が高いです。

例えば、鮎の遡上に合わせてシーバスが川のかなり上流で見かけることがあります。バチ抜け後は、これらのベイトがいるポイントを狙うと、釣果があがることがあります。

季節やベイトを考慮したシーバスの攻め方

出典:写真AC

バチ抜けが終了した後、シーバスのベイト(餌)は季節によって変わるので、ベイトの生息域などをしっかり把握して攻め方を考える必要があります。

夏:シーバスの攻め方

夏は表層でシーバスがヒットすることが多いです。なぜなら、この時期は、川や河口ではイナッコ、防波堤や漁港ではイワシが表層を泳でいるので、シーバスがこれらの小魚を捕食するために活発に泳いでいるからです。

イナッコは群れで泳ぎ、流れが淀んだ場所や橋脚付近に出没することが多いです。そのため、シーバスもイナッコの群れを追って、流れが淀んだ場所や橋脚付近に潜んでいます。
イナッコやイワシのサイズは5~10cm程度なので、ルアーもこのサイズに合わせることが重要で、次のルアーがおすすめです。

・Megabass X-80 BEAT SW(X-80 ビートSW) GG ボラ

・DAIWA MORETHAN REAL STEEL

・ima sasuke SF-95

もし、表層でシーバスがヒットしなければ、サーフではキス、河口や川ではハゼが泳ぐ深層を狙ってみましょう。サーフでキスをベイトとして想定するシーバスの攻め方は、キスが潜む深層へルアーをキャスティングした後、かけ上がり(ブレイク)までルアーを誘導するようにしてください。

秋:シーバスの攻め方

秋も表層でシーバスがヒットすることが多いです。なぜならこの時期は、川ではイナッコや鮎が表層を泳でいるので、シーバスがこれらの魚を捕食するために活発に泳いでいるからです。秋になると鮎も大きくなるので、ルアーもサイズアップすると大きなシーバスがヒットする可能性があります。もし、表層でシーバスがヒットしなければ、ハゼが泳ぐ川や河口の深層を狙ってみましょう。おすすのルアーは次の通りです。

・SCHNEIDER 18/28

・koume 80/90/80 heavy/90 heavy

・RANGE VIB 45ES

・shiriten VIBE 53

まとめ

シーバスのバチ抜け後の攻め方を紹介しました。シーバスが捕食する魚は季節によって異なりますので、小魚が生息するレンジなどをしっかり掴んでから、シーバスを攻めることが重要です。ルアーについても、紹介したものを中心に色々なカラーを用意して下さい。また、サーフは遠投になることを予想し、重いルアーは必ず用意して下さい。