GyoGyoくん
GyoGyoくん

川釣り(淡水)が良いか海釣りが良いか

釣り初心者の方にとってはかなり悩むポイントのはずです。

そこで今回は川釣り(淡水)と海釣りのそれぞれのメリット・デメリットを挙げていきます。

川釣りなど淡水の釣りと海釣りではそれぞれに異なる特徴があります。これから釣りを始めるという方はぜひ参考にしてみてください!

川釣り(淡水)のメリット

川釣り(淡水)は手軽に楽しめる

釣りにもよりますが川釣り(淡水)は比較的手軽に楽しむことができます。

小規模河川から野池など釣り場となる場所が海に比べれば近隣で見つかりやすいですし、抱えきれない程の多くの荷物を持っていかなくてはいけない釣りというのもそう多くありません。

例えば、川の小物釣りであれば延べ竿に針とウキを付けた簡単なセットでも十分釣ることができますし、お財布にも優しいです。

とりあえず釣りをやってみたいという方には、まずは川釣り(淡水)の小物釣りなどからチャレンジしてみるのがおすすめです。

川釣り(淡水)はゲームフィッシュが多い

川釣り(淡水)はゲームフィッシュを対象とした釣りが多いのもメリットの一つです。代表的なところではブラックバスやトラウトなどが代表的なターゲットとなります。

ゲームフィッシュは、一般的に競技大会の対象となる魚で、小魚や昆虫を捕食することから小魚を模したルアーや昆虫を模したフライなどで狙えるのが魅力です。

ルアーやフライで魚を釣るには、ポイント選定やルアー選定、魚の活性や釣り場の状況などを複数の要素を自らで選択していく必要があり、これらの点がゲーム性に通ずるところです。

初心者の方には、少々難しい釣りとなりますが、ゲーム性が高い釣りは偶発的に釣れたという感覚ではなく、自分で狙い通りに釣ったという感覚を楽しめるためハマる人が多いです。

川釣り(淡水)のデメリット

出典:写真AC

釣って食べられるかは釣り場の環境による

川魚のデメリットとして挙げられるのが、「釣って食べられるかは釣り場の環境による」といった点です。

魚の嫌な臭みは釣り場の環境によるところが大きいので、都市部の河川や水が汚れた場所に棲む魚を食べるのはおすすめしません。

反対に清流に棲むアユやヤマメなどは、川魚特有の泥臭さがなく美味しく食べられます。

ちなみに、旬かどうかも影響します。例えばコイ科のウグイは冬が旬です。夏は身がパサついた感じがありますが、冬は寒バヤと言われ脂が乗って美味です。

川釣り(淡水)は小場所だと釣り場情報が少ない

川釣り(淡水)は良く知られた釣り場であれば多くの情報を得ることができますが、小規模河川や野池など釣り場としてあまりメジャーでない場合は情報が少ないことが多いです。

釣りはポイントの特徴や実績の高いルアーなど、有用な情報がある程、釣りやすくなるため情報が少ない場合は手探りとなり難易度が高くなります。

例えば、ベテランともなれば経験や勘からおおよそ魚の着き場などが分かりますが、慣れないとなかなか分かりません。

メジャーな釣り場でない場合は、ヒントを自分で見つけないといけないため、納得の釣果を得るためには足しげく通う必要があるでしょう。

海釣りのメリット

海釣りの魚は食べて美味しい

海釣りは、ターゲットとなるのが食べても美味しい魚ばかりです。そのため、釣る楽しみに加え自分で釣った魚を食べられるという釣り人の特権を存分に味わうことができます。これはメリットでしょう。

例えばアジは、堤防など足元が良い場所で、かつサビキやウキ釣りなど簡単な仕掛けで釣ることができるので初心者にもおすすめですし、アジであれば刺身やアジフライで美味しく食べられます。

また、釣りに慣れてくればアジングと呼ばれるルアーで狙う釣りも楽しいです。

海釣りはターゲットが豊富

海釣りの場合は、前述したようなアジから1mを優に超えるような青物までターゲットが非常に豊富です。

そのため、初心者の時は手軽に釣れるターゲットから始めて、釣りに慣れてきたら他のターゲットにチャレンジしてみるというのも良いでしょう。

釣りは、ターゲットによって釣り方が異なるので自分の性格に合った釣りを探すというのも釣りを長く楽しむコツです。

海釣りのデメリット

持っていくと良いものを紹介!-h2
出典:写真AC

海釣りは釣り具のアフターケアが面倒

海釣りは、釣り具のアフターケアが面倒な点はデメリットと言えるでしょう。

理由は、海釣りで使ったタックルをそのままにしておくと、海水の影響で塩の結晶ができたり錆びが生じたりするからです。

川釣りなど淡水の釣りの場合も釣りの後はケアを行いますが、やはり海釣りのほうが面倒です。

ロッドやリールなどは塩抜きをする必要があります。釣り具を使い心地良く長く使用するためには必要です。

海釣りは潮の影響を大きく受ける

海釣りは潮の影響を大きく受け、潮が動いている時間が釣果が期待できますが、反対に潮が動かない時間帯は釣果を期待するのが難しくなります。

また、潮の満ち引きの関係で好ポイントとなったりならなかったりといったこともあり、海釣りの場合は潮の影響を鑑みて釣りをしなければなりません。

これは淡水の釣りでは無いことです。

考慮しなければならない点が増えるという意味では難易度を上げる要素の一つと言えます。

まずはとっつきやすい釣りから始めてみる!

川釣りか海釣りか。

両方経験のある筆者的には、初心者にまずおすすめするのは川釣りなど淡水の釣りです。

近場で釣り場を見つけやすいですし、釣り具も手頃な価格で揃えることができます。

ただし、川釣りと海釣り、どちらにもメリット・デメリットはあり、釣りの違いで楽しみ方はまた異なります。

まずは自分がやりやすそうなとっつきやすい釣りから始めて、ある程度その釣りに慣れてからいろいろな釣りにチャレンジしていくというのもおすすめです。