近年、多くのアングラーから注目を集めているのがネコリグをカバーで使うカバーネコリグです。ただでさえ釣れることで有名なネコリグをカバーで使用できるとなると、その効果は絶大です。今回、そんなカバーネコリグのために開発されたフックがOSPから発売されます!

カバーネコリグ用フックに求められる性能

一般的なネコリグのためのフックとして求められる性能には次のようなものがあります。

  • ワームがズレない
  • 針掛りが良い
  • 耐久性がある

これら3つの性能を満たすとされるフックはこれまでも多く発売されてきました。しかしそこで想定されている性能とはカバーではないところでの話で、カバーを狙うとすぐにワームがズレてしまったり、フックが折れてしまったりというものがほとんどです。

また従来のフックでは、針先が簡単に露出してしまい、カバーでは簡単に根がかりしてしまいます。そのため、ウィードや岩を狙うカバーネコリグには、上記の性能をカバーの中でも維持することが求められます。

完璧なカバーネコリグフック「スクラム」

上記で紹介したカバーネコリグに求められる性能、これらを全て満たしているのが今回新たにOSPから販売されるカバーネコリグ専用フック「スクラム」です。これまでになかった完璧なカバーネコリグ専用フックには、求められる性能をすべて満たすための特徴があります。

特徴1:Vアームによる固定でワームをガッチリホールド

スクラムの最も大きな特徴となっているのが、ワームをホールドするためにV型の針金が付いていて、ワームを挟み込んで固定する構造です。従来のフックだけでワームを固定するものとは違って、Vアームとフックの3点で固定するスクラムは圧倒的にワームがズレません。

この強いホールド性能こそがカバーの中でもワームがズレないというカバーネコリグ専用フックに求められる性能を可能にしており、根がかりを恐れることなく攻めていくことができるようになります。また、キャストによってズレるのを防ぐ効果もあります。

特徴2:フックポイントがズレない

Vアームによるメリットはワームがズレないことだけではありません。Vアームによってワームが固定されることで常にフックポイントが上を向いている状態をキープできるため、フッキング率が大幅に向上します。

バイトがあっても掛からない代表的な釣りであるチョウチン釣法の際にも、確実にバスの上顎を貫けます。ワームの向きを自由に調整することができないカバーの中でのフッキング率を上げてくれるこの構造は、カバーネコリグ専用フックとして大きなメリットになるでしょう。

特徴3:国産フックの強い耐久性

もちろん、フッキング率が良くても針自体が伸びてしまったりしては意味がありません。そのようなことを防ぐために、スクラムには掛けても伸びにくい国産フックが採用されています。

耐久性の高いフックによって、MHクラスのロッドと太いPEラインを使用して濃いカバーの中でバスを掛けた際にも、強引に取り込むことが可能です。ネコリグをまるでラバージグでのカバー撃ちのように使えるこのフックは、あなたの釣りの幅を広げること間違いありません。

サイズも豊富であらゆるワームに対応

今回発売されるOSP初のカバーネコリグ専用フック「スクラム」には次の4種類のサイズがラインナップされています。

これら4種類のサイズがラインナップされていることで、OSPから販売されているネコリグに最適な次のワームとの組み合わせが可能になります。

ドライブクローラー6.5インチ

ドライブクローラーはOSPのワームの中でも特に有名なストレートワームです。まるで本物のエサのような全身を細かく波立たせる生々しい震え、クネリを発生させる最終兵器的なワームです。

HPシャッドテール2.5インチ

出典:OSP公式サイト

HPシャッドテールはただ巻きやシェイキングなど、どのようなアクションでも魅力的な動きをしてくれる万能シャッドテールワームです。スクラムとのバランスの取れたリグを組むことで、さらに強い武器になることは間違いないでしょう。

created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥858(2020/11/29 12:57:43時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

以上ここまで、カバーネコリグ専用フックに求められる性能から、それをすべて満たすカバーネコリグ専用フック「スクラム」を紹介してきました。OSPはルアーやワームなどで有名なメーカーですが、今回初めてフックが発売されます。

Vアームによって3点をガッチリホールドすることによる安定感と、針掛りの良さはこれまでのフックでは考えられない程カバーネコリグを快適にすることでしょう。また国産フックによる耐久性によって、OSPのルアーやワームと同様に信頼感のあるアイテムに仕上がっています。ぜひOSPのワームと組み合わせて使ってみてください。