出典:写真AC

夏の予定は決まっていますか?まとまった休みには、せっかくだから少し足を伸ばして普段とは違う環境での釣りにチャレンジしてみるのはいかがでしょう?

夏といえば海、海といえば沖縄!ということで今回は青い美ら海、沖縄での釣り特集!普段お目にかかれない魚たちや、ご家族で釣りが楽しめちゃうプランをご紹介。勿論一人でじっくり釣りを楽しみたいアングラーに向けての釣りスポットも。この記事を読み終わる頃にはあわてて沖縄への旅の予定を立て始めているかも…?

沖縄で釣れる魚たち!おいしい食べ方は?

まずは沖縄でメジャーな魚たちチェック!鮮やかな見た目故「食べられるの…?」と思う方もいらっしゃると思うので(笑)、美味しい食べ方も併せてご紹介します。

イラブチャー

イラブチャーはブダイ科の沖縄での総称で、その中にも「ゲンナー」「アーガイ」など様々な種類が存在します。

出典:写真AC

なんといってもその特徴は鮮烈な色!これぞ沖縄と言わんばかりのビジュアルです。食べるのはもちろん新鮮なものが一番!クセを感じる人もいるので、皮を取り除いたり、濃いめの味付けにするとより美味しくいただけます。

グルクン

グルクンは和名ではタカサゴと呼ばれます。

出典:写真AC

海中では綺麗な青色をしていますが、釣り上げ陸にあげると赤色に変わる不思議な魚。白身はクセがなく、あっさりとした味わいです。「揚げる」「煮る」がポピュラーな沖縄において、グルクンは家庭料理で大活躍。まるごと唐揚げにしたり煮付けにしたりと変幻自在。

オジサン

オジサンって、あのおじさん?そうです、年配の男性を表すあの「オジサン」です。なぜそう呼ばれているのか?その理由は…

出典:写真AC

顎に生えた2本のヒゲ。人間のおじさんみたいですよね。…ということだそうです(笑)愛嬌ある見た目のオジサン、オススメの食べ方は沖縄の郷土料理「マース煮」。マース煮は水と泡盛に塩を加えて煮るシンプルな料理。白身の旨味が引き出され、あっさり食べやすい調理法です。

Cpicon 美味☆キビレ(白身魚)のマース煮(塩煮) by あやまんくっきんぐ

アカマチ(ハマダイ)

沖縄には非常にたくさんの魚がいます。その中でも特に美味とされ、高値で取引される3種の魚…それが「沖縄三代高級魚」です。マクブー、アカジンミーバイと並ぶ、アカマチですがこちらです!

こんな魚が釣れたら夢のよう!ぜひ狙ってみたいですね。全長は1m程度と大きく、鮮やかな赤色が特徴です。引き締まった身は淡泊で上品な味わい。白身が美しい刺身は甘みと旨みがあり、旬である春から秋にかけては、身に脂が乗って絶品です。

家族で楽しむ!手ぶらOKな釣りプランを利用しよう

沖縄へ行くなら家族揃って、という方もいるのではないでしょうか?家族旅行となると、旅支度が気になりますよね。「人数分の釣竿の用意が…」「釣った魚のはどうしよう?」そんな悩み事を一挙解決!手ぶらOKで楽しめちゃう釣りプランをご紹介します。

マリンレジャーハイサイド 船釣りプラン

沖縄育ちの船長がサポートしてくれる、初心者でも安心の船釣りプランです。
お値段はひとり9000円前後。6~65歳の方が参加可能です。時間はレクチャーなど含め3時間半ほど。じっくり楽しめる人向けで、小さいお子様は途中で飽きてしまう可能性もあります。釣具や餌代は料金に含まれているので、手ぶらで気軽に参加できます。

釣果ゼロの際は値引き、返金対応があり、追加料金で発泡スチロール氷詰め対応や、釣った魚を居酒屋で調理してもらうこともできます。釣りを終えた後もしっかりと沖縄の魚を堪能できるプランです。

マリンクラブGigi 船釣りプラン

餌の付け方から竿の動かし方まで、初心者サポートばっちりの船釣りプラン。
お値段はひとり8000円前後。時間は2時間半ほど。短すぎず長すぎず、程よい時間設定です。釣具や餌代の追加料金はなく、手ぶらで参加できます。釣った魚の持ち帰りが可能で、漁港近くの飲食店で調理してもらうことができます。

もとぶ元気村 釣り堀

レジャー施設「もとぶ元気村」内にある釣り堀体験。
お値段はひとり2160円前後。4歳以上の方が対象で、8歳以下のお子様は保護者同伴が必須です。釣った魚の調理時間が設けられており、それを含めて時間は1時間半ほど。なお魚の確保は1人1匹までで、それ以降はリリースとなります。釣果ゼロでも1匹保証してくれるのが嬉しいです。じゃらんで予約すると特典としてライフジャケット、釣り竿レンタル代、餌代が無料になるので手ぶらで参加OK!「子供に釣りを体験させてみたい!」という方にオススメです

一人でとことん!沖縄釣りスポットで何が狙える?

個性豊かな沖縄の魚たちとタイマン勝負を挑みたいイユクヮーサー(沖縄の方言で「釣り人」)の皆様、お待たせいたしました!沖縄のイユクヮーサーも足繁く通う釣りスポットをご紹介します。

那覇一文字

言わずと知れた沖縄の名釣りスポット。北防波堤、一文字、南防波堤に分かれ、渡し船が定期的に回っています。渡し舟の利用は目的場所によって1000~1500円。シチュー、イラブチャー、ミーバイなどの釣果報告があり、場所を深くすると青物が狙えます。スポットの欠点としては近場にトイレがないということ。利用する際は注意が必要です。

西与那原マリンパークの堤防

那覇市から車で40分の釣りスポット。水深があり、中~大型の魚が狙えるポイントです。チヌ、グルクマ、ミーバイ、イラブチャー、イカ…などなど、実に出会いに溢れています。

糸満釣りイカダ

入場料を近くの釣具店「釣り具のぞうさん」にて支払うことで利用可能なイカダの釣り場。
料金は大人2000円 小学生1500円、 小学生未満1000円。8~17時で利用可能で、釣具店で釣り具レンタル、餌の購入もできます。イカダ上は揺れが少なく、テント、トイレが完備されています。
カーエー、アーガイ、ナミクロダイ・アジ・チヌなどの釣果報告と共に、根掛かりが多めとの声も。仕掛けを多めに準備していくことをおすすめします。

沖縄でいつもと一味違う釣りを楽しもう!

青い空の下、青い海で釣りを楽しむ光景…姿を表す色鮮やかな魚たちは、想像するだけでわくわくしてきますよね。1人でも、大勢でも、楽しみ方は様々!この夏は是非、沖縄の海で釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?