シーバス釣りは、川と海の両方で自然豊かな様々なフィールドで狙うことができます。それぞれのフィールドによって釣り方や狙う場所も異なるため、シーバスの生態を理解することが大切です。

この記事では『港』『河川』『サーフ』といったシーバス釣りの代表的なフィールドの特徴と狙いポイントを紹介します。

シーバスが釣れる場所は?

出典:写真AC

魚釣り全般のいえることですが、場所選びはとても重要です。釣り対象である魚がいなければ、どれだけ粘っても釣りあげることができません。シーバスが好む場所を覚えることで、釣りあげる可能性が上がるでしょう。
肉食魚であるシーバスを釣るためには、獲物であるベイトフィッシュがいる場所を探しましょう。

出典:写真AC

船が発着する港を狙いましょう。
堤防に常設されている常夜灯や、船が止まっているキワなど、シーバスが身を隠しやすい場所がねらい目のポイントです。
ただし、港では釣りが制限されている場所が多いため、ポイントを見つけた時には、必ず釣りが禁止されていないか確認するようにしましょう。

明暗部

船が止まっている場所にある光や、堤防に常設された常夜灯が生み出す明暗部。シーバスの餌となる小魚たちは、光に集まる習性があります。
シーバスはこれらの小魚を暗い場所に隠れ、捕食を狙っています。
特に船の影や下は、シーバスが隠れるのに絶好の場所でもありますので、その付近にルアーをキャストしてみるとよいでしょう。

岸沿い

意外と無視しがちな岸沿いにも、シーバスが身を隠している場合があります。
特に足元がえぐれている場所の影にシーバスが身を潜め、餌が目の前を通過するのを待ち構えていることもあるでしょう。

河川

出典:写真AC

河川でシーバスが回遊するルートを狙いましょう。シーバスは河川で100キロ近い距離を移動していることも。ポイントを絞り込むのは困難なようにも思えますが、河川には形状や水深の変化、そして人工物が生み出した様々な目印が存在します。
河川の特性を生かしたポイントを探してシーバスを狙ってみましょう。

流心

川の流れの収束する場所であり、最も流速が速い場所を『流心』と呼びます。シーバスの回遊ルートとなりやすく、流れが収束するため、水深も一段深くなっている見逃せない場所です。
目視で判断するには、下げ潮の時間帯に上から水面をよく観察してみましょう。水面の様子が他とは違っているように見えるのであれば、そのあたりが流心となっています。

流速の変化

河川の曲がり角では、流れの変化が起きています。曲がり角の内側が緩やかな流れで、外側が激しい流れになっています。
川底の地形で見ても、内側は少し浅く、外側は一段深くなっていることがほとんど。そして緩やかな流れの内側に、泳ぎの苦手な小魚がたまります
これらを捕食するため、シーバスが流速の変化部分の川底の段差で待ち構えているのです。

サーフ

出典:写真AC

砂浜でも、シーバスを狙うことができます。とはいえ、シーバスフィッシングに慣れ親しんだ方でも、苦戦が強いられることもある難関な場所。目視で見られる変化も少ないですが、狙うべきポイントは必ず存在します。

流れ込み

ごくわずかな流れ込みや、途中で途切れてしまうような流れ込みでも、変化を生み出す場合があります。波が押し寄せ、流れ込みの水を吸収することで沖への流れが強くなる場所では水深の変化や潮の変化を生みやすいです。
また排水は栄養価が高く、プランクトンが発生し、小魚が寄り付き、シーバスが捕食をしにきます。わずかな変化でも見逃さないよう、注視しながら砂浜を見ておきましょう。

離岸流

離岸流とは、サーフに押し寄せた流れが沖に払い出す流れのことを指します。地形変化はもちろん、潮流が衝突する少し沖合で、プランクトンや小魚が溜まりやすい場所です。
どこが離岸流なのか見分けるのは難しいですが、水面の泡が沖に払い出している場所やゴミがたまる場所があれば、離岸流です。ルアーを投げてみる価値があります。投げてみましょう。

シーバス釣りは小魚がいる場所を狙おう!

出典:写真AC

シーバス釣りのキモはなんといってもシーバスが捕食する小魚がいる場所を狙うこと。それに加えて、シーバスが好む場所を狙うことです。
あとは根気よくルアーを投げ続けてみましょう。きっと釣れるでしょう!
シーバスの生態を理解して、良いシーバスライフを!

⬇︎暑さに負けずに釣りを楽しもう!準備はこちらから⬇︎