シーバス釣りは、強い引きが楽しめる釣りで初心者から上級者まで楽しめます。餌釣りで魚釣りの感覚を覚えた後に挑戦したい釣り。それがシーバス釣りです。

この記事では、シーバス釣りについて紹介します。

シーバスとは?海にいるブラックバス!?

出典:写真AC

まず初めにシーバスとはどのような魚なのか紹介します。

シーバスとは、正式にはスズキという魚のことをいい、シーバスという名前は俗称です。シーバスと呼ばれる理由は、『海にいるバス』ということから。海(sea)とブラックバスが由来のバスを組み合わせたものです。

また、釣り人からシーバスという名前で定着したのは、フィッシングジャーナリストの方が、ヨーロッパスズキの英語名『seabass』で呼び始めたことから。

今では、ルアーフィッシング愛好家を含め、多くの方に『シーバス』の名で定着しています。

シーバスは出世魚

シーバスは成長によって名前が変わる出世魚です。

体長20~30cmを『セイゴ』

体長40~60cmを『フッコ』

体長60cm以上を『スズキ』『マダカ』『ハネ』

と呼びます。これらの区分には地位によって異なることも多いようです。

また、私のように小さなものでもシーバスと呼ぶ方もいるでしょう。

シーバスはルアー釣りを楽しもう!

出典:写真AC

さてここからが本題です。シーバス釣りの方法を紹介します。

シーバス釣りは、様々な地域で狙うことができ、食性を利用したルアーフィッシングが人気の釣りです。その他にも、地域独特の狙い方やスタイルが確立されていることもあるでしょう。

ルアーフィッシングの楽しみ方!

ルアーフィッシングの楽しさは、ルアーを変えたときの反応の違いです。シーバスのルアーは釣具屋に豊富にあり、魚の反応がそれぞれ異なります。

1つのルアーを使い続けて結果が全くでないこともザラ。はたまた、ルアーを変えてみたらすぐ釣れた、なんてこともあります。

また、巻き方はたくさんありますが、最初は投げて巻くだけの『ただ巻き』で問題ありません。

ルアーフィッシングの欠点!

ルアーフィッシングは楽しいですが、お金がかかります

ルアー1つで1000円以上するものも多く、ルアーをロストした時はとても悲しい気持ちになります。

釣具屋さんには中古のルアーも用意されているので、最初のうちは中古ルアーを買いあさり、種類の異なるルアーをたくさん試してみるのも良いでしょう。

シーバス釣りのタックルは?

では次にシーバス釣りに必要な釣り道具、タックルについて紹介します。

シーバス釣りのロッドは?

シーバスロッドの長さは6~10フィートまでのロッドが用意されています。様々なフィールドで扱える長さを探している方には8フィート前後の長さがおすすめです。

シーバスロッドの硬さは、ライトからヘビーまでのロッドが用意されています。一般的にはミディアムライト(ML)クラスまでがもっとも定番の硬さとされており、扱えるルアーも多いです。

紹介しておいておかしな話ですが、私自身はエギングロッドを代用で使っており、選択肢としてもありだと考えています。しかし、大きなシーバスが釣りたい場合は、しっかりとしたシーバスロッドを使うのが良いでしょう。

シーバス釣りのリールは?

シーバス釣りでは遠投ができるスピニングリールが定番です。 スピニングリールを選ぶ際は、2500~4000番台のスピニングリールを選ぶとよいでしょう。

その一方、ベイトリールを使用するユーザーも近年増えています。特に大きなシーバスを狙う場合は必要なシーンでは、ベイトリールの利点が発揮します。 ベイトリールの利点は、ライントラブルが少ない点、 クラッチ操作が容易に行える点、手返しが速い点、ピンポイントのキャストが容易な点、巻き上げ力が高い点などです。

スピニングリールの使い方に慣れた方はベイトリールの使用も考えるのもありでしょう。

シーバス釣りのラインは?

シーバス釣りのラインはPEラインが使われることがほとんどです。PEラインを使用する時はルアーに直接結ぶのではなく、岩や石に擦れて糸が切れないようにショックリーダーを必ず組み合わせましょう

ラインの太さを選ぶ際は0.6号から1.5号までの中からキャストするルアーやフィールドに合わせたものを選びましょう。港内と磯でのシーバス釣りではラインの太さが倍以上違うことも珍しくないため注意が必要です。

ルアーフィッシングでシーバス釣りをしてみよう!

撮影:筆者

シーバスの釣り方について紹介しました。

私は生餌を使った魚釣りを経験した後、シーバス釣りを始めました。実際に生きた餌ではなく魚を模したルアーで釣れた時の喜びはとても大きいものです。

ルアーを使った魚釣り、ぜひお試しを!生餌とはまた違ったゲーム性を楽しめますよ!