「ボイル撃ちに挑戦したいけど、おすすめなルアーやワームってあるかな?」

ボイルを見つけたけど、どんなルアーを選べばいいか悩んだ経験はありませんか?当記事では、ボイル撃ちをするのに最適なルアーやワームについて詳しくご紹介します。

シチュエーションごとで効果的なルアーも変わってくるので、当記事でご紹介するルアー/ワームを参考にしてみてくださいね。

ボイル撃ちでのルアー/ワームの選び方とは?

撮影:筆者

ボイル撃ちをする際に意識したい点としては、ベイトに似せたシルエットであることです。ハードルアー/ワームのどちらであっても、バスにとってベイトと思わせることが鉄則となります。

ただし、数多くのベイトに模したルアー/ワームがある中で確実に釣果へ結びつかせるためには、しっかりとしたルアー選択が重要です。例えば、ボイルが起きているけどハードルアーで狙うと全然反応してくれない場合があります。

反対に、ハードルアーの激しいアピール力に対して好反応を示してくれる場合もあります。その上、ライトリグ系のワームよりもルアーの方が重量があるので飛距離を活かした釣りも行いやすいメリットがあります。それゆえ、オカッパリからの遠投を効かせた釣りではハードルアーに強みがあります。

さらに、水質に応じてルアーかワームかを選定することも大切です。リアル系のソフトワームを積極的に捕食する個体もいるため、柔軟に対応していきたいです。

ボイル撃ちにおすすめのルアーとは?

ボイル撃ちでおすすめなルアー/ワームの選び方についてご紹介しましたが、ここでは実際に実用的なルアー等について解説します。

ボイル撃ちを得意とするルアー/ワームだらけなのでチェックしてみてくださいね。

OSP:ベントミノー

ベントミノーはOSPから発売されているルアーです。パニックアクションを得意とし、アングラーでさえも予測不可能な水面下での動きをします。

キラキラとボディ横側が反射をするので、ベイトが逃げ惑う姿に似ている特徴があります。トゥイッチを入れると、水面からボディが飛び出すような突発的なアクションも加えられます。

ベイトサイズに応じて使い分けることで、バスの本気食いを実現させることができますよ。

パニック系アクションを出しやすく、河川での使用も向いています。

メガバス:ポップX

ポップXはメガバスから発売されており、綺麗なポップ音でバスを寄せて食わせることができます。ポップ音がバスの捕食音に近いことからも、バスが思わずバイトしてくることの多いルアーです。

ボディサイズも64mmと全国のフィールドで適正となるサイズ感です。ゆえに、ボイル撃ちでも違和感のないサイズでバスにアプローチできます。

綺麗な造形美なルアーで、水をしっかりと掴んでくれます。

エバーグリーン:ウェイクマジック

エバーグリーンから発売されているウェイクマジックは、表層で引き波を立てるのが得意なハードルアーです。

小さなリップによる波動とプロップによるウェイクアクションによって、ベイトが瀕死状態ながらも逃げる姿を演出してくれます。トップ的な使用だけでなく、表層直下を沈ませながらも操作できます。

したがって、ベイトの動きが遅いタイミングを見計ってウェイクマジックを投入してみてくださいね。

ベイトタックルでも扱いやすく、線の釣りに強いです。追従してくるバスに対して、口を使わせやすいですよ。

ボイル撃ちにおすすめのワームとは?

続いて、ボイル撃ちをするのにおすすめなワームについてもご紹介します。

フィッシュアロー:フラッシュJ

created by Rinker
フィッシュアロー(Fish Arrow)
¥935(2020/11/26 18:57:07時点 Amazon調べ-詳細)

フラッシュJはアルミ箔がボディに差し込まれており、水中で艶かしい反射をします。リアルベイトのお腹に近い発色をするので、本気食いをしている個体に効果的です。

テールはピンテール式なので、ナチュラルな波動でしっかりと誘いを入れられます。

おすすめリグとしてはジグヘッドリグやマス針で、表層付近を早めのスピードで巻き取ってみましょう。

フラッシュJのアルミ箔による反射は非常に強いです。濁りのあるポイントでも効果抜群です。

OSP:マイラーミノー

created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥1,045(2020/11/26 18:57:07時点 Amazon調べ-詳細)

OSPから発売されているマイラーミノーは、フラッシュJよりもコンパクトなシルエットです。こちらもアルミ箔がボディ中央部に挿入されており、セレクティブなバスを騙しやすいメリットがあります。

おすすめリグはジグヘッドやマス針ですが、ワッキーリグにしてもよく釣れます。ちょん掛けにすることで移動距離は抑えられますが、デカバスが吸い込むようなバイトをしてくることもあります。

クリアウォーター系のフィールドでよく釣れるワームですよ。

マイラーミノーの繊細なピンテールアクションを活かして、ボイル撃ちで活性の高いバスを狙ってみましょう。

ゲーリーインターナショナル:カットテール

created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥713(2020/11/26 18:57:08時点 Amazon調べ-詳細)

カットテールはバス釣りをする方なら一度は聞いたことがあるワームかもしれません。実は、ボイル撃ちにおいても有効的な活用ができます。

カットテール特有のテールを活かし、フラフラと逃げ惑う魚を演出してみましょう。リリーリングからのストップアクションも自然な動きなので、バスが食べやすい間を生み出しやすいですよ。

アクションを辞めた後のスローフォールが釣れる間を生み出してくれます。

お気に入りのルアー/ワームを見つけてボイル撃ちを攻略しよう!

撮影:筆者

今回は、ボイル撃ちでおすすめなルアー/ワームについて幾つかご紹介しました。ボイルは特殊な条件下で発生しますが、適材適所に合わせたルアー/ワームを使用することでしっかりとキャッチできます。

ルアーでもワームでもよく釣れますが、フィールドにおけるベイトをよく観察した上でチョイスしてみましょう。エサを選んで捕食しているので、なるべく似せたルアー/ワームを使用することでキャッチ率も上がります。

ぜひ、ご紹介したルアー等を参考にボイル撃ちで釣果を上げてみてください!