出典:写真AC

夏はバスにとっても人間にとってもしんどくなる季節・・・ですがタイミングさえ合えば納得の釣果を得ることもできる面白い季節です。

要は、良い状況や時間を把握して最適なポイントに入ったり適したルアーを使ったりすることができれば、釣れるということです。

そこで、今回はこんな時は夏バスが釣れる!といった良い兆候のサインを5つ紹介していきます。夏の釣行前に、ぜひ参考にしてみてください。

真夏のピーカンは人間も辛い…だから釣れるサインは見逃したくない

出典:写真AC

真夏のピーカンと言えば、どんなことを思い浮かべるでしょうか。

正直、あまりポジティブなことは思い浮かばないという方も多いはずです。実際非常に難しい状況となるほか、釣りをする人間にとってもさすがにしんどくなります。

30度を超すようなシチュエーションであれば、場所やルアーを慎重に選ばなければバスはなかなか口を使ってくれませんし、休み休みでないと人間側も集中が持ちません。

ただ、その状況も一転、天候やフィールドの状況の変化でバスが釣れやすくなるといったこともあります。一定時間はフィーバータイムということも少なからずあるので、「美味しい時間やシチュエーションをいかに把握するか」が夏の釣果を伸ばすためには重要です。

1.風が吹く

夏は水温が急激に上昇することが要因でバスの活性を著しく押し下げます。

30度を超すようなフィールドの状況下で、涼しい風が吹き出し水温が下がるというようなことがあればチャンス大です。

風が吹き波が立つくことで水中の酸素量が増えますし、バスの警戒心も下がるのでバスが釣りやすくなります。

このような状況であれば、ハードルアーなどで横の釣りを展開しても面白いです。風が吹いてライトリグなどの釣りがやりにくくなるということであれば、スピナーベイトなどで少しでも活性の高いバスを釣っていくというスタイルに変えるのもおすすめです。

2.雨・くもり

「雨の日は釣れる」と言いますが、夏のバス釣りでは特に恩恵を感じることができます。

フィールドが雨で打ち付けられることで水温が下がったり、水中の酸素量が増えたりすることでバスの活性は高くなるので、暑さで参るような日に比べれば断然釣りやすくなります。

また、くもりの日も雲で覆われて薄明かりとなるので、釣りやすくなります。通常のピーカン時と比べれば水温が低くなり、釣りをする条件としてはいくらかプラスとなります。

ただ、夏の悪天候時は雷に注意が必要です。少しでも危険を感じたら納竿することをおすすめします。

3.夕マズメでバスのライズが激しく起こる時

日が陰ってくる時間帯から、バスがベイトフィッシュを激しく追いかけ回しライズが至るところで起こるといった状況があれば、フィーバータイムが楽しめる可能性があります。

バスがベイトを追っている、さらには薄明かりでバスのプレッシャーが低くなっている、これらが同時に起こっている最高の状況だからです。

このような状況であれば、ハードルアーでアグレッシブに攻めたほうが効率良く釣れるのでおすすめです。もちろん夏のマズメのセオリーの一つであるトップに限定しても良いです。

かの今江克隆氏も「夏の夕マズメは一日の釣果が集約される」と話していますが、この最高の時間帯に良い場所に入っておくということも大切です。

4.水門なら水が動いている時

夏になるとバスは高水温の場所を避け、少しでも水温の低い場所へと移動します。そのため、流れ込みや水門などの水の動きがある場所を攻めるのが夏の釣りを展開する上ではセオリーとなります。

特に水門であれば、水が動いている時はチャンスです。水の動きに加え、ベイトフィッシュが流されてくることもあるので、それを追ってバスが移動してくることも十分考えられます。

ただ、水門は常時アングラーに叩かれている超人気ポイントです。良い場所なので粘りたくなりますが、頭の良いバスばかりなのでダメな時はダメと、あまり粘らないほうが良いです。

5.人が少ない時

シェードや流れ込みなど夏の人気スポットがフレッシュな状態であれば、釣れる可能性はかなり高いです。

夏休みの時期となると少年バサーから大人まで多くの方がフィールドに遊びに来くるために、どうしても強いプレッシャーがバスにかかってしまい、釣りがさらに難しくなります。

ただ反面、その重い負担がクリアになれば、夏はスポットを絞りやすいので釣りやすくなります。

例えば、朝の時間に誰よりも早く入る、アングラーが減る雨の日に釣りに行く、などすればプレッシャーを避けて釣りをすることができます。ここぞというポイントに一番で入ることができればチャンス大です。

夏はチャンスタイムを見逃さないようにすることが超重要

夏は時間や状況によって、釣りの難易度が大きく変わります。

ご紹介したように夕マズメの時間でバスが激しくライズをしているような状況が至るところであれば、それはもうアングラーにとっては願ったり叶ったりです。

そのため、夏はそのチャンスタイムを見逃さないようにすることが超重要となります。チャンスをつかめれば、より暑い時間を過ごせるかもしれないからです。