画像:Canva
提供者:smykcur–3270004

アングラーの皆さま、2020夏のフィッシングウエアー中でも、一番の必須アイテムのキャップ・帽子編です。キャップといっても、いろいろなタイプがあります。つば付きのキャップ、ハット系、サンバイザー系など。好みによってもかなり変わってくると思います。そんな中、フィッシングメーカーの最新2020モデルから定番商品、そしておすすめブランドまで、フィッシングとデザイン目線で選び抜いてみました。おすすめの25選をご紹介します。欲しい!と思うのがあるはずです。お楽しみに。

まずは、フィッシングブランドのDAIWAからご紹介します~

画像:Canva
提供者:Melvin Vito

DAIWA

ダイワのキャップは、年々デザイン性が高くなっていると思います。DAIWAのDのデザインがお気に召さない方は厳しいかもしれませんが、ダイワー(ダイワ好きの人)にはたまらない商品が揃っています。

ダイワ(DAIWA) 六方型ハーフメッシュキャップ スプラッシュブルー フリー DC-66020 (2020モデル)

DAIWA2020モデルのデザインキャップはスプラッシュです。水が弾けたようなデザインは、派手でいいですね。Dのロゴが立体プリントされています。カラーは7種類あります。

ダイワ(DAIWA) 9FIFTY Collaboration with NEW ERA バーガンディー フリー DC-5408NW

NEW ERAはアングラーの方もご存じの方が多いと思います。世界最大級のストリート系ヘッドウェア&アパレルブランドです。そのNEW ERAの9FIFTYベースのキャップがDAIWA×NEW ERAのコラボキャップとして登場です。9FIFTY(ナインフィフティー)は59FIFTY(フィフティーナインフィフティー)と同し形状ながらアジャストダブル仕様で、サイズの調整がしやすいモデルです。ツートーンカラーでつば裏にはモノグラムロゴがあり、帽子の中までデザインされています。さりげないおしゃれですね。ポイントへもストリート気分はいかがでしょうか?カラーは3種類あります。

ダイワ(DAIWA) レインマックス ベンチレーションワークキャップ ナイトネイビー フリー DC-32020 (2020モデル)

こちらはレイン用です。夏は雨も多い季節です。暑いと濡れるは蒸すわであまり気持ちのいいものではありません。このキャップのつば裏側に通気用ベンチレーションが付いていて通気性は抜群です。素材はレインマックスで防水と透湿の性能を搭載しています。ツートンカラーでデザイン性も良いですね、カラーは5種類あります。

ダイワ(DAIWA) オーガニックコットン ハーフメッシュキャップ ブラウン フリー DC-90020 (2020モデル)

こちらは、落ち着いた感じで長年使い込めそうなデザインです。素材もリネン30%混のオーガニックコットンを使用しており、デザインも大人のおしゃれを演出してくれます。バックルは調整ベルトです。カラーはナチュラル系の4種類あります。

ダイワ(DAIWA) 再生ポリエステル パンチングキャップ マスタード フリー DC-63020 (2020モデル)

最近は各ブランドも環境重視の製品が増えていますね。このキャップはDAIWAが掲げる“BE EARTH-FRIENDLY”の対象商品です。この“BE EARTH-FRIENDLY”マークは環境にやさしい商品に付けられております。素材は再生ポリエステルを使用し撥水効果があり、パンチング加工されているので軽量且つ涼しいエコキャップです。つばも軽量化されており、ストレスなく着用可能です。調整ベルトはゴム仕様でフィットします。長く釣りを楽しむためにファッションでも環境に貢献するのはいかがでしょうか?カラーは4種類あります。

ダイワ(DAIWA) 撥水キャップ ブラックレッド フリー DC-61020 (2020モデル)

このキャップは突然の雨などにも耐えられます。素材が撥水素材を採用していることと、アウターのフードがキャップインシステムだと、つばがフードを押さえてくれますので、雨風でも安心です。後ろにはエリカムストッパーが付いていて、アウターの襟に付けておくと、突風で飛ばされることもありません。オフショアでの船上などで活躍すると思います。カラーは3種類あります。

ダイワ(DAIWA) メッシュジェットキャップ オリーブ フリー DC-79020 (2020モデル)

このキャップは、超夏仕様です。メッシュがサイドだけに見えますが、実は上部後部も含む、本体全体がメッシュ加工されています。見えている生地はメッシュの上に乗っているだけの2重構造で通気性は抜群です。カラーはナチュラル系で2種類あります。

ダイワ(DAIWA) BUG BLOCKER ベンチレーションハット オリーブ フリー DC-68020 (2020モデル)

夏の渓流や湖でのんびりしたいですね。でも虫が苦手というアングラーのみなさん朗報です。なんとハットの素材に飛来する蚊が生地に寄り付きにくい【BUG BLOCKER】を採用した商品がでました。釣りの時、顔・頭の周りによって来る虫が一番気になりますよね、こちらをお試しになってはいかがでしょうか。首の日よけシェードは取り外し式です。ベンチレーション機能もあり通気性もあります。取り外し可能のあご紐付きで風があっても安心です。キャップ派ではなくハット派なあなたにピッタリかもしれません。カラーは2種類あります。

ダイワ(DAIWA) カジュアルハット スカイブルー フリー DC-78020 (2020モデル)

こちらのハットは、カラーも帯状のデザイン良くおしゃれです。釣りの機能としても、充実していて、つば先に形状記憶ワイヤー入っているため、つば先を自由に曲げることができ、釣行に合わせて視界が確保できます、サイドを曲げるとウエスタン風にもなります。デザイン帯の部分にスピンドルゴムで入っていて、サイズ調整が可能になっています。カラーは4種類でスカイブルーやラズベリーはおしゃれですね。

ダイワ(DAIWA) 撥水サンバイザー ホワイト フリー DC-71020 (2020モデル)

ダイワ最後のご紹介はサンバイザーです。猛暑の時はサンバイザーに限りますよね。こちらは撥水・発刊素材を採用しています。キャップインシステム搭載しているので突然の雨の時にアウターのフードにつば先で固定でき一体化可能。視界を確保しバタツキを抑えます。カラーは3種類あります。

いよいよ、SHIMANOとおすすめブランドを紹介します~

1 2