出典:photoAC

皆さんはパックロッドというロッドをご存じでしょうか。パックロッドは持ち運びに便利なロッドになっており、利便性が高いため人気を高めています。

パックロッドだからこそ出来る事もあり、パックロッドしか使わないアングラーも存在しています。

また、パックロッドは性能が悪いから使わないという方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方にこそぜひ本記事を読んで頂きたいです。

近年のパックロッドの性能の高さは目を見張るものがあり、メインロッドとして採用してもなんらおかしい事はありません。

今回はそんな利便性の高いパックロッドについて注目し、パックロッドを使う事のメリットやデメリット、さらにはおすすめのパックロッドを5本ご紹介します。

本記事を読んで頂く事で、きっとパックロッドの良さが伝わりますのでぜひチェックしてくださいね。

パックロッドとはどんなロッドなのか

出典:pixabay

パックロッドは冒頭でもお伝えした通り、持ち運びに優れたロッドの事を指します。

パックロッドの仕様としては主に2種類あり、ロッドを伸ばしてガイドの位置を調整する振り出しタイプ、ばらばらになっているロッドを繋ぎ合わせる並継ぎタイプです。

主に並継ぎ竿の方が価格は高めになっていますが、振り出し竿と並継ぎ竿は好みで選んで頂いても問題ありません。

振り出し竿の方が伸ばして使う分携帯性は高く、並継ぎ竿の方はピース数は多くなりますが自然な曲がりを演出しやすくなります。

近年のロッド製造技術では、振り出し竿も並継ぎ竿も高い性能を秘めているので不意の大物にも問題なく対応してくれますよ。

以下からは、パックロッドを使用するメリット、デメリットについてご紹介します。

パックロッドを使用するメリット

出典:photoAC

パックロッドは、使用する上でこの上ないメリットをアングラーにもたらしてくれます。

筆者もパックロッドは好きで所有していますが、パックロッドだからこそ出来たという様な事が数多くあります。

パックロッドはこんなに便利なのかと思って頂けるメリットばかりなので、ぜひチェックしてくださいね。

荷物をコンパクトにまとめる事が出来る

パックロッドの最大のメリットといえば、荷物をコンパクトにまとめる事が出来る点です。

荷物をコンパクトに出来れば移動がとても楽になりますし、リュックにロッドやリール、ルアーや仕掛けなどを一つにまとめる事が出来るので、両手の自由度も増します。

荷物をコンパクトにまとめなければいけないカヤックでの釣りにパックロッドは非常に適しており、数タックル持ち込む事が可能になるので様々な状況に対応する事が出来ますよ。

バイク釣行や自転車釣行、旅行、出張などでもロッドを持ち運びしやすい

パックロッドはバイク釣行や自転車釣行に加えて、旅行先や出張先に釣りが出来る場所がある場合にも大活躍します。

バイク釣行、自転車釣行では長いロッドは持ち運びに難があり、運転しにくくなってしまいます。旅行先や出張先にも長いロッドを持っていく事は厳しいため、スーツケースなどに忍ばせる事が出来るパックロッドが大活躍します。

筆者はバイク釣行も行いますが、パックロッドでなければ非常に厳しいと感じます。リュックのサイド部分にロッドを固定し、リュック内にリールやルアー、フィッシュグリップなどを入れていますが、非常に運転しやすいです。

釣り場に着いてからの移動も楽ですし、何より気楽に釣りを楽しむ事が出来ます。

パックロッドは車に常に置いておく用に購入する方も多く、出先で釣りをしやすそうな堤防や漁港に出くわしても釣りが出来るというメリットを兼ね備えています。

パックロッドを使用するデメリット

出典:photoAC

パックロッドは便利なロッドではありますが、残念ながらデメリットも存在します。

デメリットといっても致命的なデメリットというものではないので、どんなデメリットがあるのかを理解し、デメリットについて対処出来る様にしておく事が大切です。

それでは早速チェックしていきましょう。

1ピース、2ピースロッドに比べると感度やパワーが劣る

パックロッドは継ぎ数が多くなる様に作られているため、どうしても1ピースロッドや2ピースロッドに比べると感度やパワーが劣ってしまいます。

継ぎ目となる部分が自然な曲がりに違和感を与えたり、アングラーへ海中の情報を伝える感度に悪影響が出てしまいます。

しかし、近年のロッド製造技術は高い水準に達してきているため、1ピースロッドや2ピースロッドと比べてもなんら遜色ないレベルになってきています。

不意の大物にも十分に対応する性能は備えていますが、完全に1ピースロッドや2ピースロッドと同じ性能にはならないので、注意が必要です。

振り出し竿はガイド、並継ぎ竿は継ぎ目が緩んでくる

パックロッドを使用していると、振り出し竿はガイド、並継ぎ竿は継ぎ目が緩んでしまいます。

もちろん、2ピースロッドなども緩みは出てしまいますが、継ぎ数が多い分緩む箇所は増えてしまいます。

しっかりと固定しておけばそう簡単に緩む事はありませんが、一定数キャストした後はガイドや継ぎ目の緩みをチェックしておく事が大切です。

万が一、ガイドや継ぎ目が緩んだままキャストをしてしまうとライントラブルにも繋がりますし、最悪の場合ロッドの破損にも繋がります。

パックロッドがおすすめな方

出典:photoAC

パックロッドがどんなロッドなのか分かってきたところで、パックロッドの使用をおすすめする方をご紹介します。

もし、以下でご紹介する項目に当てはまる方がいらっしゃったら、ぜひパックロッドを使ってみてくださいね。

それでは早速チェックしていきましょう。

ロッドを常に車に積んでおきたい方

目の前に魚影の濃そうな釣り場がある、ふと通った道に良さそうな地磯を発見したなど、釣りをすると想定していない場合に良い釣り場を見かけると釣りがしたくなりますよね。

そんな事態に備えて車にロッドを常備したいという方は、ぜひパックロッドを車に常備してみてください。

場所もあまり取らず、仕舞寸法も短くなっているので軽自動車でも問題なく常備する事が出来ますよ。

車以外で釣行に行く事がメインの方

バイクや自転車、電車などで釣りに行くとなると、長いロッドの持ち運びに難が出ます。

そんな方にはパックロッドが最適で、コンパクトに荷物をまとめる事が出来るので移動が非常に楽になります。

特に、バイクや自転車で長いロッドを持ち運ぶ事は危険であり、最悪の場合事故に繋がる可能性もあります。

そういった事故を防ぐためにも、パックロッドを採用する価値は十分にありますよ。

地磯で長時間歩く事を想定している方

地磯は場所によっては30分以上も険しい道のりを歩く事がありますが、長いロッドを持っていると歩きにくくなってしまいます。

そんな状況にはパックロッドが非常に適しており、両手を空ける事が可能になるので危険に溢れる地磯でも安全性が高まります。

地磯釣行では手が空いていると本当に楽になる事が多く、ロープなどを使って岩の下に降りたり岩の上に登ったりする様なシーンでも、機動性を生かして動き回る事が可能になりますよ。

次ページ▷おすすめパックロッド5選!を紹介します。

1 2