みなさんは、5月に狙うことができる魚はどのようなものをイメージしますか?ここではこの時期に、池や沼で釣れやすい魚をいくつか紹介いたします。

ブラックバス

出典:写真AC

水温の低い時期には難しいバス釣りですが、この時期は産卵を終えたバスが多く、釣りやすい時期となります。これは「アフタースポーン」ともよばれ、バスは体力を回復するために積極的に捕食を行います。
回復の初期にはバスはエサをすばやく追えませんが、徐々にエサを捕食する技術が高くなります。産卵後の荒食いの時期は最もバスを釣りやすく、水深の深い場所にいるバスを狙うことが一般的です。そのため、水深が深い場所を効率よく探ることができるルアーを用意しておきたいですね。

バス釣りは時期によってもよく釣れる水深が異なりますので、時期による攻略方法の違いはチェックしておきましょう。またリトリーブする水深の違いでアタリの多さが違うため、ヒットする水深を探しながらの釣りも有効です。

釣る時期適水温適したルアー
春/夏20℃前後ミノー、バイブレーション、スピナーベイト
秋/冬15℃前後ワーム、小型ルアー

バス釣りは時期によっては難易度がぐっと高くなりますが、5月は比較的釣れやすくバス釣りアングラーも増える時期です。

スモールマウスバス

出典:写真AC

小口バスともよばれ、ブラックバスとは少々見た目が違います。ブラックバスよりも引きの強さが魅力で、希少性も高い魚です。小さい個体でもよく引くためアングラーに人気の魚で、専用に狙う方もよくいます。
ブラックバスと同じように警戒心の高い魚のため、難易度は低くない魚です。

ブルーギル

出典:写真AC

バス釣りの外道としてよく釣れる魚です。バス釣りよりも難易度が低く、小さいギルはワームを使うと簡単に釣れることがあります。

また、障害物周りに群れでいることも多く、そこにいるブルーギルを狙うバスもいます。最近ではブルーギルの形をしたルアーでバスを狙う釣り方も人気がありますよね。ブルーギル狙いのアングラーはあまりいませんが、バスが釣れないときに楽しませてくれる貴重な魚です。

ヘラブナ

出典:写真AC

水温があたたかくなると、ヘラブナは深場から浅場へ移動してきます。カケアガリに着きやすく、撒き餌でヘラブナを集めながら釣りをすることが基本になります。そのため、釣り場の地形を把握しておけば、ヘラブナがいるであろう場所を探すことが簡単になります。

ルアー釣りとは違い、エサを投入してからじっくり待つ釣りになり、ヘラブナ釣り師はルアーアングラーが近距離でキャストされることを嫌がることがあります。キャストでヘラブナが散ることにもなりますので、ルアー釣りを楽しむ方はヘラブナ釣り師と一定の間隔を開けて釣りを楽しみましょう。

コイ

出典:写真AC

大きさ、重量とアングラーを楽しませてくれる魚です。この時期のコイは岸近くに寄りがちで、積極的に捕食を行います。エサ釣りが一般的ですが、ルアー釣りでも掛かることがあります。

パワフルな引きが印象に残る魚で、アングラーにとっては良い思い出となるでしょう。コイのいるポイントでは、ラインやタックルは少々強い物を使っておくと安心です。

また、掛かるとキャッチまで時間がかかることがあります。キャッチのときにはタモを使い、ロッドや仕掛けなど破損しないようにしたいですね。釣りをしていると突然大物が掛かることもありますので、安全にキャッチできるとうれしいです。

まとめ

みなさんはどの魚を狙いたいですか?5月はあたたかくなり、アングラーも多くなる時期です。水温が高くなると釣れる魚の種類も増え、どの魚を狙うかの楽しみも増えますね。よく釣れる時期に釣りを行い、釣りの楽しさを感じられるといいですね。