川遊びができる暖かな季節がやってきます。底が見えるような浅い川でも、カワムツが元気に泳いでいることがあります。ここではカワムツの毛バリ釣りを紹介します。

カワムツはどんな魚なの?

カワムツ(川鯥)はコイ科の淡水魚で、西日本を中心に四国、九州など広範囲に生息します。河川では緩やかな流れを好み、障害物に潜んで、水生昆虫や甲殻類、藻類、水草を食べて生活。

春から夏にかけて産卵期を迎え、昼間に浅場に移動して、川底に卵を産み落とします。産卵期には雄のカワムツの体に変化があり、腹や顔が赤みを帯びるようになります。

大きいカワムツでも体長は20cm程度なっており、雌と比較して雄のほうが大きいです。

大きな尾びれに加え、黄色みがかった背中や胸びれ、紺色の縦帯といった特徴が体にあります。

とても可愛いカワムツですが、仲間同士でエサを取り合うことがあり、どちらかというと大人しい性格でないようです。

カワムツの釣り方について

カワムツはエサ釣りで狙うこともありますが、毛バリ釣りであれば、生餌が苦手な人や生餌の用意が面倒な人におすすめです。

完成した仕掛けを購入すれば、竿やミチイトに結び付けるだけなので、初心者や子供でも簡単に準備ができて、すぐ釣れます。

基本的な釣り方については、仕掛けを投げ入れた後、延べ竿を川の流れに対して垂直に保つだけです。

カワムツは夕方からよく釣れるので、午後から釣りに出かけるようにしたほうがいいかもしれません。

釣り上げたカワムツは空揚げや甘露煮にして食べることはできますが、観賞用として楽しむ人も多いです。

カワムツの毛バリ釣りで使う仕掛けについて

出典:釣りメディアGyoGyo編集部

瀬ウキを固定したミチイト(1号)に結合したミキイト(1号)の先に毛ばりを7本程度結び付けます。

完成した仕掛けを購入すれば、竿やミチイトに結び付けるだけです。

>>次のページではカワムツの釣り方について解説!

1 2