サヨリのウキ釣りで使う道具について

サヨリのウキ釣りで使う道具について紹介します

ロッド(竿)

長さが5m前後あり、1号程度の磯竿(重り負荷:2~3号)を選んで下さい。

同じようなスペックであれば、手持ちのロッドで十分使い回しが可能です。

リール

1000~1500番の小型スピニングリールがおすすめです。

サイズは特にこだわらなくてもよいですが、キャスティングを繰り返すので、できるだけ軽いほうが疲労しないです。

ミチイト

2号程度のナイロンが100~200m程度用意しましょう。

仕掛け

完成したサヨリ用ウキ釣り(投げ釣り)の仕掛けが販売されているので、初心者におすすめです。

完成した仕掛けをミチイトに結び付ければ、すぐに釣りを楽しめます。

コマセ(撒き餌)

バッカンにコマセ(撒き餌)を入れてから、水を入れてしゃぶしゃぶになる程度まで薄めて下さい。

バッカン

コマセを入れるために使いますが、家にあるバケツでも代用できます。

ヒシャク

コマセを混ぜたり、まいたりするために使います。

服装

防波堤や磯で釣りをする場合、水中に落ちる可能性があるので、ライフジャケットは必要です。

ライフジャケットにはベスト・タイプ、肩掛け・タイプ、ウエストベルト・タイプがあります。

肩掛け・タイプ、ウエストベルト・タイプは装着が楽です。

サヨリのウキ釣りで釣果を上げるコツについて

サヨリのウキ釣りで釣果を上げるコツについて紹介します。

釣果を上げるコツ①:ハリやハリスはたまに交換

サヨリの口は堅いので、釣れ続けた場合、ハリが曲がったり、ハリスが濁ったりしたりするのでたまに交換して下ください。

特にハリスが濁ると極端に食いが悪くなることがあります。

釣果を上げるコツ②:少しずつ仕掛けを移動する

サヨリの反応が悪い時は、リールを巻いて少しずつ仕掛けを移動させるとエサの位置が浮き上がってくるので、表層を泳ぐサヨリにアピールできます。

まとめ

トップウォーターでもバトルが楽しめるサヨリは元気な魚です。

立て続けにヒットすることがあるので、かなりの数が釣れることがあります。

コマセを上手くコントロールしながら、効率に集魚しながら大漁を狙って下さい。

釣り上げたサヨリは、色々な調理法で楽しめるので、釣り上げる喜びも大きい魚です。

1 2