出典:unsplash

みなさんはリールのローギア、ハイギアがあることを知っていますか?初心者の方は、リールの機能まで把握することはなかなか難しいですよね。しかし、リールを変更すると今までとは違う経験ができます。

ここでは、最近人気のハイギアリールのメリットやデメリットを紹介いたします。ハイギアリールを購入するときにはぜひ参考にしてみてください。

ギア比の確認を

リールを購入するときには、大きさ、ラインが付いているか、付いているラインの太さなど、事前に確認しなければならないことがいくつかあります。ギア比もそのひとつです。ローギア、ハイギアは好みも分かれがちですので、実際に使って比較してみたいですね。

ハイギアリールのメリット

出典:写真AC

早巻きに最適

ハイギアリールは通常のリールに比べ巻き取り量が多いことが特徴です。より少ない労力で巻き取ることができるため、遠投して狙うことが多くなる釣りではハイギアリールが使いやすくなります。

また、ハイギアリールは早巻きと相性がよく、広範囲を探る釣りに向いています。ヒラメ、シーバスなどにはハイギアリールを使うアングラーが多いです。メタルジグやバイブレーションの早巻きは、活性の高いときの定番の狙い方ですね。

リトリーブのときに早巻きしたい方は、ハイギアリールを使うとメリットを多く感じることができるでしょう。

ルアーアクションに強弱を

ハイギアリールでルアーアクションを行うことで、ローギアリールでは出せない動きを行うことができることがあります。ルアーアクションにこだわる方は、小さな変化を発見できるはずです。

アクションを変更したいときには、リールにも注目してみるとよいかもしれません。

糸ふけを取りやすい

キャスト後の余計な糸ふけは、ライントラブルの原因になることがありますので、すぐに解消することがおすすめです。

また、ミスキャストをしたときにすばやく巻き取ることができることもハイギアリールの特徴です。初心者の方はキャストで失敗してしまうことも多く、この糸ふけを取りやすい特徴はうれしいですよね。

このように予想外にリールからラインが出てしまったときに、短時間でラインの回収ができるものがハイギアリールです。巻き取り量が多いリールは、ラインが絡まることを未然に防ぐこともできそうです。遠い距離でもすばやくラインを巻き取りたい方にハイギアリールはおすすめです。

感度がよい

ローギアリールに比べ、感度の良さも魅力です。小さいバイトを見逃さないことや、障害物にあたった感触もわかりやすく、根掛かりを減らすことができる可能性もあります。

感度の良さにこだわりがある方は、ハイギアリールが適しているかもしれません。

ハイギアリールのデメリット

トルクが弱い

巻き取る力は、ローギアリールよりも弱くなり、重いルアーを巻き取る場合は、巻き重りを感じることがあります。巻き重りはアングラーが疲れる原因になり、長時間の釣りは難しくなるかもしれません。

また、魚を強引に寄せるような釣りには向いておらず、ローギアリールに比べ力強さが足りない印象です。巻き取り量が多いことが大きなメリットですが、力強さにこだわる方は使用を検討したいですね。

ナイトゲームではローギアが定番

ハイギア―リールはデイゲームでよく使われるリールです。(順番入れ替え)早巻きをすることが少ないナイトゲームでは、ハイギアリールの出番があまりないです。ナイトゲームをメインに楽しむ方は、ハイギアリールの必要性はあまり感じられないかもしれません。

場面によって使い分けがおすすめ !

ローギアリール、ハイギアリールにはそれぞれ特徴がありますので、場面によって使い分けをできると理想です。一般的には、遠投の必要があるとき、ないときとで使い分けをしてみてもよいでしょう。

巻き取りの量、巻き取りの力などと、どのようなリールの機能をそこで使いたいかを重視してリールを選んでみましょう。

まとめ

みなさんはローギアとハイギアどちらを使ってみたいと感じましたか?リールを購入する際はローギア、ハイギアとリールの性能にも注目してみましょう。

また自分の釣りのスタイルに合わせて、それぞれ使いやすさが異なります。特にルアー釣りをする場合は巻き取る作業が多くなり、リールの違いによる微妙な変化を感じることができるはずです。

みなさんも機会がありましたら、ハイギアリールを使ってみてください。