良いアジングロッドがほしいけど、5万超えのハイエンドはちょっと無理ぽ。3万円台なら頑張れるけど、おすすめのロッドある?

 

↑ののような疑問をお持ちの方のために、本記事では3万円台のおすすめアジングロッドをご紹介します。あなたの釣りスタイルにピッタリの1本が見つかるよう、用途別に高機能なロッドを厳選しましたので、ぜひお役立てください。

3万円台のアジングロッドの特徴

本記事でご紹介する3万円台のアジングロッドは、ある程度釣りのスタイルが確立された中上級者から人気の価格帯となっています。というのは、↓のような特徴があるからです。

  • ハイエンドに迫る実力をもつ
  • スペックのラインナップが豊富
  • 軽くて高感度な素材を仕様

順番にみていきましょう。

ハイエンドに迫る実力をもつ

3万円台のアジングロッドの素晴らしい点は、ハイエンド機種に迫る性能を持つこと。

5万円クラスの最上位モデルとほぼ同等のレベルまで仕上がったロッドも多く、高次元でアジングを楽しめる製品がひしめいています。

手感度を頼りにリグを潮に乗せ、群れがたまる潮の壁まで送り込むといったマニアックな攻めができるのも魅力。感度が高く、アングラーに伝わる情報が多いので、確実に釣果をアップさせてくれます。

スペックのラインナップが豊富

3万円台のアジングロッドを購入するアングラーの大半は、ホームフィールドや主軸となる釣りのスタイルが固まっている中上級者です。

ロッドメーカーもこだわりの強いアングラーを満足させるために、各スペックに明確な役割を持たせています。

入門機よりスペックの種類も多いので、自身の釣りスタイルにジャストフィットする1本を見つけやすいのも利点。

やりたい釣りをとことん追求することができます。

軽くて高感度な素材を採用

3万円台のアジングロッドは、ブランクスやガイドに使われる素材も豪華です。

  • 東レの「ナノアロイテクノロジー」
  • トルザイトリング
  • チタン/カーボンガイドフレーム

など、軽くて頑丈な素材でロッドが造られるので、下位モデルと比べると細身に仕上がります。

ロッドが軽くて細いことで、内部での反響が手元まで伝わりやすく、アングラーが得られる情報量も段違いです。

緻密なゲーム展開を楽しむことができ、アジングの醍醐味を味わえます。

 

次ページ>>>3万円台のおすすめアジングロッド7選

1 2