出典:写真AC

みなさんはどのようなルアーカラーが好きですか?アングラーによってもカラーごとの信用度は変わり、まだ釣りあげたことのないカラーを使うことは抵抗がある方もいると思います。

ここではルアーカラーを選ぶ目安となる事柄をいくつか紹介いたします。ルアーカラーに悩んでいるアングラーはぜひ参考にしてみてください。

ナチュラル系ルアー

出典:pixaday

ナチュラル系とはベイトとカラーを比べたときに違和感のないものをさします。アジカラーやイワシカラーがナチュラル系に分類され、メーカーによっては色がさらにリアルなもの、模様までしっかり再現されているのもがあります。最も釣れると感じているアングラーも多く、特に人気のカラーです。よりベイトに近いルアーが欲しい方は、細かい部分にも注目してみてください。

このようなナチュラル系ルアーはスレにくいことがメリットで、多くのアングラーが訪れるような人気のスポットで使うことも有効です。

反対にデメリットとしては、アピール力の低さがあり、広大なエリアでは魚から見つけてもらいにくいといった特徴があります。また濁っている水質の場合にも存在感を発揮することが難しく、クリアな水質で使うことでより釣果が期待できるルアーカラーです。釣り場に到着後は、第一選択ルアーとして使うこともおすすめです。

ナチュラル系

人気のカラーですぐに売り切れやすいことがあります。場合によってはロストに備え、2~3個と同じものを用意しておくとよいでしょう。

チャートカラー

出典:unsplash

黄色や緑などの派手目のカラーチャートカラーといいます。魚に発見してもらいやすいことが最大のメリットで、ルアーを操るアングラーからもルアーの場所を把握しやすい特徴があります。

アピール力の高いチャートカラーはナチュラル系カラーと組み合わせて使うと効果的で、アピール力の違いが魚からの反応にも影響を与えることがあります。曇っているとき、濁りがある水質などルアーが存在感を失われやすいときに使われることが多いカラーです。

注意点としては派手目のカラーでスレやすいことがりますので、長時間チャートカラーばかりを使うことはおすすめできません。

チャートカラー

ブラックバスやシーバス釣りで人気のカラーで、かわいらしい見た目もポイントです。デイゲームよりも夜釣りで実績が高いカラーです。

ゴールドカラー

出典:amazon

ゴールドをレッドやオレンジなどと組み合わせたカラーが多く、最もアピール力に特化したカラーです。フラットフィッシュや根魚狙いの釣りで人気で、ゴールド系は王道のカラーといえます。きらきらと光を反射しやすい特徴も魚へのアピールとして有効で、バイトを誘発します。

メーカーのラインアップとしてもゴールドカラーは定番として揃えられ、実績も高く、ナチュラル系カラーと並び特に人気のカラーです。

ゴールドカラー

広大なエリアから魚を誘うことができるゴールドカラーは特に海釣りで人気のカラーです。アピール力を重視するアングラーにおすすめです。

クリア系カラー

出典:amazon

夜釣りで人気のカラーで、周囲が暗い状況で力を発揮するルアーです。アングラーによっては着色がないことで、アピール力に不安がある方もいるかもしれませんが、水の中ではしっかりとしたアピール力があります。

ルアーカラーの選択方法のひとつに水の中ではっきりしやすく、より映えるものを選ぶことが目安になります。デイゲームでもホワイト系カラーを使うことはできますが、場合によっては水の中でよく見えないカラーになってしまう恐れもありますので、アングラーはキャスト前に水の中での見え方を観察してみましょう。

クリア系カラー

夜釣りをするなら1つは用意しておきたいカラー。いつも使えるカラーというよりは、環境によって使いやすさが変わります。

ブラック系カラー

水の中ではっきりとカラーをアピールできるのがブラック系カラーです。ナチュラルカラーやゴールドカラーのような多くのアングラーが好んで選択するカラーではないため、魚が見慣れていないこともうれしいです。

夜釣りのような環境で使ってしまうと、アピール力はあまり期待できませんが、デイゲームでは周囲のアングラーとは異なったカラーになりやすく釣果が期待できるルアーです。

多くは販売されていませんので、初めてこのカラーがあることを知った方もいるかもしれません。他のアングラーと少し違うカラーで魚を狙いたい方におすすめです。

ホワイト系カラー

水の中ではくっきりとしたシルエットを出すことができ、キスなどをベイトにしているパターンのときに有効なカラーです。汚れが目立ちやすいため、使用後にはきれいに水洗いを行うことがおすすめです。

まとめ

カラーの選択方法は、天候や水質などの条件面を見てそれぞれ選ぶことがおすすめです。そして偏ることなく多くの種類を揃えておくことで釣果アップにつながります。

みなさんもルアーカラーは周囲の条件を確認しながら選んでみましょう。