みなさんは、トラウトなどを狙う仕掛けでよく使われる毛バリを知っていますか?毛バリは虫に似せてつくられた疑似餌で、古くからある仕掛けのひとつです。

ここでは毛バリの歴史や、使うメリットなどをいくつか紹介していきます。毛バリを使った釣りをしたことがない方はこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

そもそも毛バリとは?

毛バリは、釣りバリに羽を巻きつけた疑似餌をいい、なかには自作する方もいます。ハリの大きさや羽の色は種類によって異なり、カゲロウやハチなどをイメージしているものも多いです。

また羽の巻きつけ方、羽の長さなどもそれぞれ異なります。アピールの違いがあり、カラーを変更することはルアー釣りと同じように魚から見切られにくいといった効果が期待できます。

手軽に扱えることや、場合によってはエサ釣りとさほど変わらない釣果が得られることが人気の理由です。毛バリを使った釣りは多くのアングラーを魅了しています。

毛バリの歴史は?

毛バリの歴史は古く、数百年以上前から今の毛バリのような釣り文化はあり、日本以外では欧米で生まれたフライフィッシングでも毛バリを使うことは有名です。

毛バリは鳥の羽などを用いて作られ、最初は海で、その後アユ釣りなど川でも使われ始めたといった歴史があります。

古くから確立されている毛バリを使った釣り方法は、エサ釣りに並ぶほどメジャーで、今も人気です。歴史のある釣り方法は、実績の高さも信頼できるものになりそうです。

毛バリの種類は?

毛バリにもいくつか種類があり、水に浮かせて使うもの、水の中で誘うことができるものなどがあります。ここではそれぞれの特徴を紹介いたします。

ドライフライ

水に浮かぶドライフライを使う一番のメリットは、豪快なバイトシーンがアングラーから確認できることです。しかし魚が低活性な時期や、表層のエサに注目していないときには、ヒットさせることが難しいといった特徴もあります。

数釣りよりも魚とのかけひきを楽しみたい方におすすめの毛バリタイプです。

ウェットフライ

水のなかで誘うウェットフライは、魚により近い場所までアピールできることが特徴です。ドライフライとは違い、調整次第でレンジの変更が可能なため、どのような水深であっても幅広く対応することができます。

ドライフライに比べ、ヒットの数に分があるとされ、毛バリを始めて使う方によってはこのウェットフライから使うことがおすすめです。

【Tumao】 毛鉤 40本セット専用ケース付き

created by Rinker
Tumao
¥1,880(2020/09/27 18:21:07時点 Amazon調べ-詳細)

大小様々な毛バリは、多くのエリアで対応できますね。毛バリの保管の面でもケースは重宝しますので、ケース付きの毛バリの大容量セットはおすすめです。

毛バリを使うメリット

出典:写真AC

最も釣れる確率が高いのはエサ釣りともいわれますが、毛バリにはエサ釣りにはないメリットがあります。下記にいくつか紹介いたします。

生エサを用意する必要がない

エサの管理は、面倒なことに感じる方も多いかもしれません。毛バリはハリや羽などの傷みが出るまで何回でも使用できるため、繰り返し使うのが難しいエサ釣りとは違う手軽さが魅力です。耐久性が優れ、コスパの良い仕掛けといえます。

手を汚さず釣りができる

疑似餌のため、手の汚れを最小限に抑えることができます。エサを触ることや、臭いが苦手だと感じることが多い女性アングラーにもうれしいですね。ミミズやブドウ虫などを触ることが苦手な方は、毛バリの使用をおすすめいたします。

毛バリでどんな魚が釣れるの?

トラウト

出典:写真AC

ヤマメやイワナ、ニジマスなどは毛バリで釣ることができる代表的な魚です。水面に落ちた虫類を多く捕食している場所では毛バリの釣果が特に良く、このような条件が揃っていると簡単に釣れることもあります。管理釣り場でもよく使われる疑似餌のひとつです。

アユ

出典:写真AC

毛バリを使うアユ釣りは知らない方もいるかもしれません。虫や苔を積極的に捕食するアユは、毛バリでもよく釣れるといわれます。アユ専用仕掛けで狙ってみましょう。

ブラックバス

出典:写真AC

ルアー釣りの人気のターゲットですが、毛バリへの反応も良好です。ブラックバスはミミズを使うエサ釣りでも釣れることがありますので、ルアーで釣れないことが続くアングラーは、毛バリやエサ釣りも挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

毛バリは手軽でよく釣れる優秀な釣り方法として有名です。生エサを用意せず釣りに行けることは、高い頻度で釣りに行く方や、自分のタイミングで釣りに行きたい方におすすめです。

トラウトを狙うときに使うイメージが強い毛バリですが、それ以外にも淡水の魚を狙う場合に川や湖などで使ってみてはいかがでしょうか。虫を捕食している魚であれば、ヒットのチャンスがあります。

みなさんも興味がありましたら、ぜひ毛バリを使った釣りを楽しんでみてください。