例年、2月後半-3月半ばにかけてバスの動きも活発になってきます。それもそのはず…冬の寒い時期に終わりが訪れ、バスの活性も上がってくるためです。

春のバスは産卵行動を取ることから、一年の中でももっとも釣りの攻略パターンに変化のある時期です。産卵前夜から産卵後まで、バスの動きに応じた釣りを展開することが重要になってきます。

ただし、春のバスは大型個体も絡むことからビックバスを釣りやすい季節でもあります。ぜひ、当記事を参考にして春のバス釣りに挑む準備を進めてくださいね。

春のバス釣りを攻略するためには?

撮影:筆者

春のバス釣りを攻略するためには、主に3つの産卵パターンを抑えておきましょう。

  • プリスポーニング
  • ミッドスポーニング
  • アフタースポーニング

「プリ・ミッド・アフター」は前から、「前・中・後」という意味になります。また、スポーニングは英語での呼称で、「産卵」という意味があります。

春のバス釣りでは、主に産卵を意識する2月後半から3月半ばにかけてメインシーズンが開幕します。

産卵前からエサを食べ始め、6月の中旬くらいまでが一通りのスポーニングシーズンとなります。

上記の3パターンでバスの行動や釣り方にも変化があるので、チェックしてみてくださいね。

プリスポーニングのバスを釣る方法

プリスポーニングのバスは、産卵前の時期にはエサを求めて動き出します。早いところでは2月後半、全国平均では3月から4月頃には一部のバスが動き出します。

この時期のバスは産卵をする前に体力をつけたい大型個体が多いので、釣れたら大きいサイズを期待できます。ただし、三寒四温の季節なのでシャローとディープなスポットがおすすめなポイントになります。

使用するルアーは、シャッドやジグヘッドリグなどの小型系なものを使用しましょう。反対に、気温が高い日などは活性も高くなるのでビックベイトやミノーなどで誘うのも有効的です。



一番のおすすめはフリックシェイクのような弱波動で誘えるワームです。フワフワとした動きに好反応を示すので、ジグヘッドリグ・ワッキーリグ等で使用しましょう。

ミッドスポーニングのバスを釣る方法

ミッドスポーニングのバスは4月中旬から5月中旬にかけて、産卵行動が行われる時期です。スポーニングベッドと呼ばれる、産卵をするためのポイントがフィールドにて確認できるようになります。

主に、卵を産んだエリア周辺にオスが回遊しています。メスは産卵後のために疲れ切っていますが、徐々に体力回復のためにエサを捕食するようになります。

ミッドスポーニング中はバスがイライラしている時期でもあるので、怒らせ系のルアーを使用するとよく釣れます。スピナーベイトやクランクベイト、ビックベイトなどは効果的です。

しかし、スポーニングによって疲れ切っている個体も多いのであえて狙わない選択肢もあります。



クランクベイトのブリブリとしたアクションは、バスを怒らせて捕食しやすいです。ポイントによっては何度も同じ場所を通すことで、ガツンとしたバイトをキャッチできますよ。

アフタースポーニングのバスを釣る方法

5月中旬から6月半ばにかけて、産卵を終えたバスはアフタースポーンの状態になります。アフタースポーンのバスは一連の産卵行動が終わったことにより、オス・メス共に体力の回復に努めている状態です。

エサは食べたいけど、大きめのエサを食べるほどの体力は残っていない状態です。そのため、エビやミミズなどの口に入りやすいエサを捕食するようになります。

この季節は初夏に入る時期なので水温の上昇も期待できます。それゆえ、バスも中層から表層に浮きやすくゆっくりとした動きに強く反応するようになります。

アフタースポーン直後のバスは丁寧なアプローチを心掛けていきましょう。使用するルアー/ワームとしては、ミノーやワッキーリグなどがおすすめです。

また、アフター状態から完全に回復したバスを釣る場合はスピナーベイトなどのハイアピールなルアーを選択しましょう。



スピナーベイトは回復しきったバスに効果的です。活性が高いので、スピーディーにフィールドの状況をチェックできますよ。

春における3つのパターンを把握して、バスを釣ろう!

撮影:筆者

今回は、春における主な3パターンでバスを釣る方法について紹介しました。プリスポーンからアフタースポーンまで、バスの産状態によって狙い方は変わってきます。

特に、春の大型個体は体力を付けてから産卵をするので大量のエサを捕食します。よって、人間の体感的に暖かく感じる4月からではなく、3月頃から釣れるようになります。

さらに、バスのスポーニング状態は一つのフィールドでも変化するので様々な釣り方でパターンを見つけてみましょう!

春バスの行動3パターンを頭に入れて、ぜひデカバス攻略をしてくださいね。