「釣具屋さんで見かけるルアー専用の板オモリ(ウェイトシール)ってどんな使用用途があるのだろう?」

「板オモリって、ウキのバランスを調整するためだけに使用するのではないの?」

そんな疑問をお持ちのバサーの方はいらっしゃいませんか?実は、バス釣りにおいて板オモリを使用するメリットは絶大です。

端的に、板オモリを使用するメリットを説明するとルアーの泳ぐ層を調整できることです。

当記事では、ルアーの泳ぐ層を変えて丁寧にバスへアプローチできる板オモリの魅力と使用方法等について解説します。

バス釣りで板オモリが重宝される理由とは?

撮影:筆者

バス釣りで使用するハードルアーには数多くの種類がありますが、小魚を意識したルアーもその一つです。

例えば、

  • クランクベイト
  • ミノー
  • シャッド
  • プロップベイト
  • ビックベイト

など、ベイトに特化したルアーの種類は多いですよね。これらのルアーは、メーカーの開発者によって一定のレンジを巻けるように設定されています。

ですので、フィールドの状況に応じてルアーを変更して誘ってあげる必要があるのです。とはいえ、なるべく数少ないルアーで誘いたい時やレンジが違うだけで実はよく反応するルアーがあるのも事実です。

そんな時、大活躍するのが板オモリの存在なのです。板オモリはルアーの前方付近から広報部にかけて装着して使用します。

主に、

  • 泳ぐバランスを整える
  • フローティング系のルアーを沈ませて使用できる
  • 流れの早いポイントで泳ぎの安定化
  • サスペンド効果

などを可能にします(詳しくは後述します)。

普段のルアーに板オモリを装着することで、いつものアクションにひと味加える事ができるのです。さらに、フィールドの変化に応じてルアーをカスタマイズする事もできます。

板オモリをバス釣りで使用するメリットとは?

ここでは、板オモリを使用するメリットについて幾つか紹介します。

板オモリで泳ぐバランスを整える

フラッシング効果を抑えたい時やロールアクションを小ぶりにしたい時に、オモリを貼りましょう。

というのも、板オモリを使用する事でルアーの可動域を広めたり、狭めたりすることができます。オリジナルの動きとは違い、変化を加えられるのでスレているバスにも効果的なカスタマイズができますよ。

板オモリでフローティング系のルアーを沈ませて使用できる

板オモリを使用すると、フローティングのルアーであっても沈ませて使用することができます。例として、表層50cmしか巻いてこられない状態から1mのレンジを攻めることができます。

シンキングルアーのように使いこなせるので、汎用性が高くなります。また、釣りをする上でコスパを意識している方にもフローティングモデルのルアーを用意するだけで済むのが嬉しいです。

板オモリで流れの早いポイントで泳ぎの安定化

軽量のルアーや表面積が広いルアーは、流れの早い河川でしっかりと泳いでくれません。しかしながら、板オモリを装着することで重心バランスが整えられます。

結果として、激流に潜むバスにもアプローチできるようになります。とりわけ、落ち込みや堰堤の下などには大型個体が混じるので釣果にも差がつきますよ!

板オモリでサスペンド効果

釣りにおけるサスペンドとは、ルアーが水中で浮遊する状態です。ピタッと止まることから、バスのリアクションバイトを誘いやすくなります。

ビックミノーやビックベイトなどをシャッドのような感覚で使用したい時におすすめで、微調整をしながらサスペンド状態を作りましょう。

サスペンドの動きは、バスを寄せて食わせるまでの流れを作りやすいですよ!

ルアーに取り付けやすいおすすめの板オモリを2種類紹介

ルアーに取り付けるタイプの板オモリは片面がシール形状になっています。また、ルアーの表面部分はラメ入りのカラーなどになっており、バスへのアピール効果もあります。

ここでは、ルアーに装着する主な板オモリについて紹介します。

シールタイプの板オモリ

シールタイプの板オモリはご自身でお好みのサイズをカットして、ルアーに取り付けることができます。

小型ルアーやサスペンドタイプのルアーにカスタマイズしたい時におすすめです。

created by Rinker
アクティブ
¥379(2020/09/22 06:45:27時点 Amazon調べ-詳細)


自由自在にカットして使用できるので、微調整を必要とするルアーに最適ですよ。

カッティングタイプの板オモリ

カッティングタイプの板オモリは0,8g、1g、1,5gのようにあらかじめ重量に応じてカットされています。

使いやすいサイズにカットされており、簡単にウェイト調整を行えます。

created by Rinker
アクティブ
¥385(2020/09/22 06:45:28時点 Amazon調べ-詳細)


カット加工のオモリはビックベイトなどのウェイト調整時に、計算しやすいです。

板オモリを使ってレンジに合わせたルアーにカスタムしてみよう!

撮影:筆者

今回は、バス釣りにおいて板オモリを使用する魅力と種類等について解説しました。

板オモリは、巻物系のルアーを中心にしっかりとレンジを調整してくれます。レンジを調整できることは、釣り場において大きなアドバンテージをもたらします。

  • 急流に対してしっかりとルアーを泳がせられる
  • 巻きの速度/レンジを変えられる
  • サスペンド的な使い方もできる

板オモリを使用すれば、通常のルアーだけでは出しえなかったアクションを可能としてくれます。

釣果が思うように伸びない時や特定のポイントを通したい時は、是非使用してみてくださいね。