アジングロッド界の最高峰で輝きを放つハイエンドロッドたちを一挙にまとめてご紹介。

有力メーカーが総力を挙げて造り込んだ珠玉の逸品たちを大集合させてみました。

超高性能ロッドでガチなアジングを楽しみたい方はご一読ください。

アジングロッドの相場ってどんな感じ?

ソルトルアーの人気ジャンルとしての地位を確立しているアジング。

多くのメーカーが市場に参入し、アジングロッドの選択肢も一昔前に比べるとずいぶん豊富になりました。

お値段的にもアンダー1万円から5万円超まで様々なんですが、だいたい価格帯で区切るなら↓のようなイメージです。

価格帯グレード
〜1万円激安クラス
1万円台入門クラス
2万円台ステップアップクラス
3万円台中堅クラス
4万円台〜ハイエンドクラス

ハイエンドロッドの定義は人によって異なるものですが、本記事では上表にのっとり、4万円台以上のものをハイエンドロッドとして話を進めていきます。

ハイエンドのおすすめアジングロッド14選

というわけで、ハイエンドのおすすめアジングロッドを一挙に紹介していきます。

この記事で紹介するロッドのラインナップは↓のとおり。

メーカー製品参考実売価格
ダイワ月下美人 EX AGS AJING/EX AJING5万円台~
シマノソアレ リミテッド6万円台~
シマノソアレ エクスチューン4万円台~
オリムピック19スーパーコルトAT10万円台~
オリムピック17スーパーコルト6万円台~
34(サーティーフォー)プロビデンス FER-585万円台~
34(サーティーフォー)アドバンスメント UBR-5106万円台~
34(サーティーフォー)アドバンスメント HSR-63 ver.35万円台~
がまかつラグゼ 宵姫 天4万円台~
ヤマガブランクスブルーカレント TZ/NANO4万円台~
TICT(ティクト)SRAM UTR マスターピース5万円台~
エバーグリーンスペリオル5万円台~
テイルウォークスーパーアジストTZ4万円台~
ジャッカルスキャッドウォール4万円台~
※価格は変動あり

あくまで4万円台〜という基準で人気のアイテムをピックアップしていますので、同一メーカーからの複数選出もアリです。

そのメーカーの最上位グレードでないロッドも含まれますので、その点はあらかじめご了承ください。

最高峰のアジングロッド①ダイワ「月下美人 EX AGS AJING/EX AJING」

出典:ダイワ
モデルティップ全長自重ルアー重量
64LS-SMT・Eチタンソリッド1.93m63g0.5-8g
75HS-SMTT・Eチタンチューブラー2.26m92g5-25g
510L/MHS-SMT・Eチタンソリッド1.78m59g0.5-8g
64.5L/MLS-S・Eカーボンソリッド1.94m61g0.5-8g
711MLS-T・Eカーボンチューブラー2.41m78g1.5-10g
55L/HS-SMT・Eチタンソリッド1.65m61g0.3-5g

「月下美人 EX AGS AJING/EX AJING」はダイワの最高峰アジングロッド。

チタンティップを搭載するモデルを多く抱え、カーボン製のティップでは表現できない金属的なアタリを味わえるってのが人気ポイントです。

ティップ以外にもダイワの独自テクノロジーが盛り盛りで搭載され、ハイエンドに見合う豪華仕様となっています。

≫関連:ダイワ「月下美人 EX AGS AJING/EX AJING」公式ページ

≫関連:【2022年最新版】ダイワのアジングロッド完全ガイド!月下美人を含む全8シリーズを一気見しよう!

最高峰のアジングロッド②シマノ「ソアレ リミテッド」

機種全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
S68UL-S2.03610.4-8
S73/S76UL-S2.21/2.29620.5-12

シマノ「ソアレ」シリーズの最高峰ロッド。

全2機種という少数精鋭な機種ラインナップを採用しており

  • S68UL-S:アジング向け
  • S73/76UL-S:メバリング向け

といった具合にチューニングされています。

流行りのショートモデルをラインナップせず、あえて長めのレングス帯で勝負しているのが”リミテッド”の強気なところ。

ショートロッド並の感度と操作性がある6.8ftがあればいいじゃないか!というメッセージ性が感じられます。

≫関連:シマノ「ソアレ リミテッド」公式ページ

≫関連:【2022年最新版】シマノのアジングロッドを総まとめ!全9シリーズを一気見!

最高峰のアジングロッド③シマノ「ソアレ エクスチューン」

出典:シマノ
機種ティップ全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
S58SUL-Sソリッド1.73560.3-6
S510SUL+-Sソリッド1.78620.4-8
S64UL+-Sソリッド1.93630.6-12
S610SUL-Sソリッド2.08660.4-8
S73UL-Sソリッド2.21650.5-8
S76UL-Tチューブラー2.29670.6-6
S80L-Sソリッド2.44771.5-14

「ソアレ エクスチューン」はシマノの準ハイエンド機。

”カーボンモノコックグリップ”や”スパイラルXコア”など、上位グレードならではの機構がふんだんに搭載されています。

全7機種が揃い、最上位の「ソアレ リミテッド」よりも多様なニーズをカバー。

「ソアレ リミテッド」には好みの機種がなかったって方は要チェックです。

≫関連:「ソアレエクスチューン」が2020年にモデルチェンジ!アジング目線で言いたい放題

≫関連:【2022年最新版】シマノのアジングロッドを総まとめ!全9シリーズを一気見!

最高峰のアジングロッド④オリムピック「19スーパーコルトAT」

全長自重ルアー重量継数
2.05m53g0.5-6g2pcs

オリムピックのアジングブランドである「コルト」シリーズの最上位機。

本記事で紹介するアイテムのなかでも、最も高額な実売10万円超を誇るウルトラ高級ロッドです。

東レとオリムピックの技術力が掛け合わされ、その値に恥じない高性能に仕上げられています。

とりあえず、1番高いアジングロッドが欲しいんだが…。

という男前・女前なあなた!「19スーパーコルトAT」を入手すればその願いが叶いますよ。

≫関連:オリムピック「スーパーコルトAT」公式ページ

≫関連:【2022最新版】オリムピックのアジングロッド完全ガイド【コルトシリーズを一気見】

最高峰のアジングロッド⑤オリムピック「17スーパーコルト」

ティップ全長自重ルアー重量継数
チューブラー1.85m49g0.3-4g2pcs

いや、アジングロッドに10万はやばすぎるだろ…。

という方もご安心を。

オリムピックからは常識の範囲内で買えるハイエンドロッドもちゃんと発売されています。

それが「17スーパーコルト」です。”G-MAPS”などの多くの仕様を「19スーパーコルトAT」と共有しながら、お値段は実売6万円台クラス。

十分に高額ではあるんですが、10万円超の「19スーパーコルトAT」を見た後だとなぜかお安く感じちゃいますね。

≫関連:オリムピック「17スーパーコルト」公式ページ

≫関連:【2022最新版】オリムピックのアジングロッド完全ガイド【コルトシリーズを一気見】

最高峰のアジングロッド⑥34「プロビデンス FER-58」

全長自重ルアー重量継数
1.73m73g0.1-1.8g2本

34のフラッグシップグレードである「プロビデンス」を冠するハイエンドロッド。

心地よいしなりで軽量ジグヘッドを遠くへ届け、超しなやかな”F-tunedティップ”で情報をたっぷり集めならアプローチできる鬼のアジングロッドです。

アジング界の先駆者である34(サーティーフォー)が自信を持って送り出すハイエンド機ですから、その性能を疑う余地はありません。

≫関連:34「プロビデンス FER-58」公式ページ

≫関連:34(サーティーフォー)のアジングロッド完全ガイド【選び方とおすすめを総まとめ】

最高峰のアジングロッド⑦34「アドバンスメント UBR-510」

出典:34
全長自重ルアー重量継数
1.78m0.3-3.0g2本

“究極のしなり”をテーマに設計され、2021年に発売を迎えた34の10周年記念ロッドです。

ムチのようにしなるトップセクション、それを支えるバットセクションを変則2ピースでドッキングさせることで、”究極のしなり”を実現。

34らしいスローテーパーを極めた1本となっています。

一般発売モデルでは初のコルクグリップを採用するなど、ビジュアル面も記念ロッドにふさわしい仕上がり。

見た目でも大いに楽しませてくれます。

≫関連:34「アドバンスメント UBR-510」公式ページ

≫関連:34(サーティーフォー)のアジングロッド完全ガイド【選び方とおすすめを総まとめ】

最高峰のアジングロッド⑧34「アドバンスメント HSR-63 ver.3」

出典:34
全長自重ルアー重量継数
1.90m76g0.3-5.0g2本

先述の「FER-58」や「UBR-510」など、ジグ単に特化したロッドが多い34製品のなかでは、異質な汎用性を持つ人気ロッドが「HSR-63 Ver.3」です。

上は5gのリグまで背負えるのに、アンダー1gのジグ単も難なく扱える。それでいて、潮もしっかり読めるという素晴らしき1本。

ちなみに、このハナレワザを実現する鍵を、開発者である家邊克己氏は”違和感”と表現しています。

その”違和感”の詳細は……。長くなるので、気になる方は↓の記事をご確認ください。

≫関連:性能と値段に驚愕!?34の新作「HSR63 バージョン3」ってどんなロッドなの??

≫関連:34(サーティーフォー)のアジングロッド完全ガイド【選び方とおすすめを総まとめ】

最高峰のアジングロッド⑨がまかつ「ラグゼ 宵姫 天」

出典:がまかつ
モデル全長自重ルアー重量
S48AL-solid1.42m28g0.1~1.5g
S52UL-solid1.57m33g0.1ー3g
S54FL-solid1.63m32g0.1~2g
S510ML-solid1.78m41g0.1~7g
S511FL-solid1.80m36g0.1~2.5g
S61L-solid1.85m42g0.1~5g

がまかつのライトゲームロッド「宵姫」ブランドのハイエンド機。

自重28g〜というぶっ飛んだ軽さと、超絶高感度を強みとするアイテムです。

大胆にリアグリップを廃したワンハンドキャスト専用設計など、扱いに少々クセはありますが、慣れてしまえば極上のアジングを楽しめます。

とにかく軽くて感度が良いアジングロッドをお求めの方におすすめです。

≫関連:がまかつ「ラグゼ 宵姫 天」公式ページ

≫関連:【2022最新版】がまかつのアジングロッド「宵姫」を完全網羅!

最高峰のアジングロッド⑩ヤマガブランクス「ブルーカレント TZ / NANO」

アイテム全長自重ルアー重量継数
JH-Special 62/TZ NANO1.88m53gJighead~3g2pcs
JH-Special 67/TZ NANO2.02m61gJH~5g
Plug~3.5g
2pcs
JH-Special 71/TZ NANO2.175m63gJH 0.3~5g
Rig ~7g
Plug 1.6~4.5g
2pcs
Jig-Special 72/TZ NANO2.185m70gJig 1.5~15g2pcs
Stream-Special 77/TZ NANO2.31m74gPlug 2~9g
Rig 1.5~13g
2pcs
83/TZ NANO Flex2.52m73gJH 0.8~5g
Rig 1.8~10.5g
Plug 1.5~8g
2pcs
85/TZ NANO All-Range2.57m80g3~21g2pcs
93/TZ NANO All-Range2.825m90g3~21g2pcs

ヤマガブランクスのライトゲームブランドである「ブルーカレント」シリーズの最上位機。

東レのナノアロイカーボンに、Fujiのトルザイトリング、そしてヤマガブランクスの製竿技術が一体となって生まれたスペシャルロッドです。

全モデルがチューブラーティップ仕様となっていますので、チューブラー好きな方にイチオシのシリーズ。

≫関連:ヤマガブランクス「ブルーカレント TZ/NANO」公式ページ

≫関連:至高の純国産チューブラー!ヤマガブランクス製アジングロッドの完全ガイド

最高峰のアジングロッド⑪ティクト「SRAM UTR マスターピース」

出典:ティクト
機種全長自重ルアー重量継数
61FS-T21.86m47g0.1-2g1本
61HS-T21.86m48.5g0.4-3.5g1本

「スラムUTR」シリーズはティクトのハイエンドアジングロッド。

UTRシリーズには多くのモデルがラインナップされていますが、特に注目なのが上記の最新モデル”マスターピース”。

6.1ftの同一レングスに2モデルを揃える特殊な機種展開となっており、それぞれ得意とする領域が異なります。

FS(ファインソリッド)の”UTR-61FS-T2”は、超軽量ジグ単でのスローな攻めに適した柔らかめのソリッドティップを採用。

一方、HS(ハードソリッド)の”UTR-61HS-T2”に使われているのは、ヘビージグ単やスプリットを機敏に操作できる硬めのソリッドティップです。

リグによって同一レングスの2本を使い分けるという、面白いコンセプトとなっています。

≫関連:ティクト「スラム UTR マスターピース」公式ページ

≫関連:TICT(ティクト)のアジングロッド完全ガイド【選び方とおすすめを総まとめ】

最高峰のアジングロッド⑫エバーグリーン「スペリオル」

機種ティップ全長自重ルアー重量
SPRS-64UL-T
シャープカット
チューブラー1.93m49g0.4-5g
SPRS-70L-T
スカウトマスター
2.13m55g0.4-10g
SPRS-77M-T
リライアンス
2.32m67g1-25g
SPRS-83H-T
マイティハンツマン
2.51m83g1.5-30g
SPRS-56XUL-S
トゥイッギー
ソリッド1.68m38g0.1-2.5g
SPRS-60XUL-S
ファインセンサー
1.82m48g0.1-2g
SPRS-63SL-S
スペリオル
1.90m50g0.1-3.5g
SPRS-610UL-S
リンバーティップSS
2.08m54g0.1-6g
SPRS-76MH-S
スーパーDアタッカー
2.28m73g1-18g

ハイエンドのアジングロッドと聞けば、この「スペリオル」シリーズが真っ先に思い浮かぶ人も多いであろう人気製品。

先代のソルセンを正統進化させた「スペリオル」シリーズは、多くのエキスパートが全幅の信頼を置くガチロッドです。

高級マテリアルをふんだんに使い、より軽く・より高感度に仕上げられています。

機種展開もバリエーション豊かで、細かい好みに寄り添うマニアックなモデルが多いのも本製品の強みです。

≫関連:超絶感度のエバーグリーン「スペリオル」!さらに進化した全9機種を一気見!

≫関連:エバーグリーン製アジングロッドの完全ガイド【選び方とおすすめを総まとめ】

最高峰のアジングロッド⑬テイルウォーク「スーパーアジスト TZ」

機種全長(ft.in)自重ルアー重量継数
47/TISL4.767gMAX3g2本
61/TISL6.175gMAX3g2本
52/SSL5.269gMAX3g2本
60/STT6.079gMAX5g2本
53/TISL5.370gMAX3g2本

「スーパーアジストTZ」はテイルウォークの最高峰アジングロッド。

チタンティップモデルを中心とした超フィネス系の機種ラインナップを特長とし、金属的な高感度と食い込みの良さに定評があります。

リアグリップを最小限にとどめたグリップデザインも本製品の個性。

フェンス越しに釣りをするようなシチュエーションでも、抜群の取り回しでアングラーをアシストしてくれます。

アーバンアジングを主戦場とする方におすすめのハイエンドロッドです。

≫関連:テイルウォーク「スーパーアジストTZ」公式ページ

≫関連:tailwalk(テイルウォーク)のアジングロッド完全ガイド【選び方とおすすめを総まとめ】

最高峰のアジングロッド⑭ジャッカル「スキャッドウォール」

モデル全長自重ルアー重量
56JH-ST5ft6in~3.0g
58JH-TT5ft6in~5.0g
62HS-ST6ft2in~5.0g
610LC-ST6ft10in~7.0g
80CL-ST8ft0in~14.0g

ジャッカル製品のなかでも唯一にして至高のアジング専用ロッド。

全5機種というコンパクトな編成ながらも、近距離特化モデルに万能モデル、遠投特化モデルまでが満遍なく揃います。

自身のスタイルに合うモデルを素直に選べるハイエンドロッドです。

5ft台のショートモデルはいずれも1ピース仕様とするなど、そのこだわり具合はヤバめ。

スキャッドウォール(アジの大群)から、たくさんのアジを引っ張り出せる製品となっています。

≫関連:ジャッカル「スキャッドウォール」公式ページ

≫関連:ジャッカルのアジングロッド「スキャッドウォール」全5モデルの特徴まとめ

ハイエンドの最強ロッドでアジングを極めよう。

というわけで、ハイエンドのおすすめアジングロッド紹介は以上です。

本記事で紹介したロッドたちは、アンダー1万円クラスから選択肢があるアジングロッドのなかでも、最高峰に鎮座する高級品。

入手のハードルは高いですが、購入の先には最高のアジングライフが待っています。

アジングの釣行頻度が多くない方が無理して買う必要はないと思いますが、アジングメインで釣りを楽しんでいる方は検討の価値アリです。

この記事の内容も参考にしつつ、本気で惚れ込める1本を探してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したアイテム

メーカー製品参考実売価格
ダイワ月下美人 EX AGS AJING/EX AJING5万円台~
シマノソアレ リミテッド6万円台~
シマノソアレ エクスチューン4万円台~
オリムピック19スーパーコルトAT10万円台~
オリムピック17スーパーコルト6万円台~
34(サーティーフォー)プロビデンス FER-585万円台~
34(サーティーフォー)アドバンスメント UBR-5106万円台~
34(サーティーフォー)アドバンスメント HSR-63 ver.35万円台~
がまかつラグゼ 宵姫 天4万円台~
ヤマガブランクスブルーカレント TZ/NANO4万円台~
TICT(ティクト)SRAM UTR マスターピース5万円台~
エバーグリーンスペリオル5万円台~
テイルウォークスーパーアジストTZ4万円台~
ジャッカルスキャッドウォール4万円台~
※価格は変動あり

入門~中堅グレードのアジングロッドまとめ記事はコチラ

アジング関連の人気記事はコチラ