イシモチは冬から春にかけては沖釣りで楽しむことができます。単純な仕掛けで簡単に釣り上げることができるので、家族で楽しむことができます。イシモチの沖釣りについて紹介します。

イシモチとはどんな魚?

出典:写真AC

イシモチは、日本では東北より南、温かな海に生息する魚。梅雨の時期に卵が産み落とされ、成魚で体長30cm程度、中には60cm程度まで大きくなるイシモチもいます。

イシモチは浅い場所で20m、深い場所で100mの海底に生息します。砂泥底の中で群れを作る習性があり、多毛類や甲殻類などを捕食して生活しています。

イシモチの釣り方は?

イシモチの沖釣りで使う仕掛けは、ドウヅキ3本バリが一般的で、餌はアオイソメを使う事が多いです。ドウヅキ3本バリは初心者にとって扱いが難しい場合があるので、初心者は2本バリからチャレンジすることをおすすめします。

釣り方は、仕掛けを投げ入れて、おもりが着底したらイトフケ(イトのたるみ)をとります。船の上下の揺れを利用して、おもりが海底に着底したり、浮いたりする位置をキープして、イシモチを誘います。釣り上げると浮き袋が震え「グーグー」という音を鳴らすので、初心者は驚くそうです。

釣り上げたイシモチは血抜きをしっかり行えば刺身でも美味しく味わえますが、塩焼きや干物にして食べることが多いです。血抜きはエラの付け根をハサミで切った後に、赤い球に似た心臓も切ります。その後、海水が入ったバケツにイシモチを入れて血を抜きます。

イシモチの沖釣りの仕掛けについて

出典:GyoGyoメディア編集部

ドウヅキ3本バリは単純な仕掛けで、スナップサルカンを介してミチイト(PE:1号)と幹イト(3~5号)を結びます。幹イトの途中にハリス(2号)&ハリ(丸セイゴ:10~13号)を結び、幹イトの先にオモリ(20~25号)を装着します。

>>次ページではイシモチ釣りの道具などを解説!

1 2