出典:著者

冬になると賑わいを見せるのが管理釣り場のトラウトフィッシングです。メインターゲットはもちろん、ニジマス。そのアグレッシブな引きを求めて、冬の間は管理釣り場に通う釣り人も珍しくはありません。魅力は釣り味だけではなく、その食味も一級品。釣りの後のお土産としても優秀です。今回は釣りにも役立つニジマスの特徴や生態、美味しい調理法をご紹介します。

ニジマスとは?その特徴は?

ニジマスはサケ目サケ科に属す淡水魚です。一生を河川で過ごす個体をニジマスと呼び、海に下ってより大型となった個体をスチールヘッドと呼びます。ニジマスは大きくとも60cm程度なのに対して、スチールヘッドは1mを優に超える個体も。体色は鮮やかで体側に赤い縞模様が入り黒斑が点在します。その鮮やかな姿が“虹鱒”と呼ばれるゆえんです。

ニジマスの生態

ニジマスは冷水性の魚で15℃前後の水温を好みます。一方で、高水温に弱いため25℃を超える環境には適しません。そのため、一年を通して水温の上がらない標高の高い河川に多く生息します。繁殖期は秋ですが、その年の水温や場所によって大きく変動するため、夏や冬に繁殖することも珍しくはありません。他のサケ属とは異なり、一度の繁殖で死ぬことはなく数年にわたって繁殖することが知られています。

食性

食性は肉食性で魚類や甲殻類、昆虫類など動くものであれば、なんでも貪欲に捕食します。そのため、ルアーやワームなどにも果敢にアタックしてくるので、釣りの対象魚として格好の相手と言えます。

生息地

北部太平洋に広く分布しています。日本には本来生息していない外来種で、食用目的で移植された結果、いくつかの地域で定着しました。

ニジマスは最高のゲームフィッシュ!

ニジマスの引きはとてもアグレッシブ。よく走り、ジャンプして、派手なファイトを見せてくれます。観察力に優れ、同じルアーでは見切ってしまうこともあるため、ルアーの形や色、重さを細目に変えるなどの工夫が必要。その一筋縄ではいかないゲーム性も釣り人を虜にする魅力の一つです。

ニジマスはどんな味?

ニジマスが日本に移植された目的は食用なので、もちろん、その味は折り紙付きです。クセや臭みは一切なく、和食、洋食問わずさまざまな調理法に用いることができます。また、淡水魚ではあるものの、飼育環境とエサの管理が行き届いた養殖ものは生食することも可能です。

おすすめの調理法3選!

ニジマスはとても味がよく、幅広い料理に使える優秀な食材です。もし、スーパーで見かけたり、管理釣り場で釣ったりなどする機会があれば是非、挑戦してもらいたい調理法を3品ご紹介します。

塩焼き

View this post on Instagram

🐟 #塩焼き #ニジマス #炭火でじっくり

A post shared by misaaaa (@dummmyk) on

王道かつ素材の味を楽しめるのが塩焼きです。ウロコを取る必要がなく、内臓を取り除くだけでよいので、手間もかかりません。ニジマスの身は水っぽいことがありますが、しっかり火を通すことによって、ホクホクとした食感に変わります。

ホイル焼き

ニジマスはホイル焼きにもおすすめです。捌いたニジマスと野菜をホイルに包み、焼くだけなのでとても簡単。さっぱりとした身に野菜のうま味が相まって、とても美味しくいただくことができます。キャンプの場合は焚火に放り込むだけなので、アウトドア料理にも打って付けの調理方法です。

燻製

少し手間はかかるものの、燻製は格別です。ほどよい塩気と凝縮されたうま味にスモークの香りが合わさったその味は正に一級品。そのままでも十分美味しいのですが、少しあぶると脂がにじみ一層美味しくいただけます。

まとめ

ニジマスは釣って楽しく、食べて美味しい優秀な魚です。冬から春の間は釣りものが少ないので、管理釣り場にニジマスを求めて足繁く通う釣り人も少なくありません。だれでも手軽に挑戦できるので、機会があれば一度足を運んでみてはいかがでしょうか。存分に釣りを楽しんだ後はニジマスのフルコースで締めくくりましょう。