出典:写真AC

メインで狙う釣り人は滅多におらず、「外道の代表」としてあまり評判のよくないボラ。それもそのはず、大きなものでは80cmを超え、その巨体から繰り出されるパワーは問答無用で仕掛けを切ってしまいます。さらに、食味もよくなく臭みがひどいことも。しかし、そんなボラも冬は一味違い、「寒ボラ」と呼ばれ味が格段によくなります。今回は期間限定で味わえる魅惑のボラの釣り方や仕掛け、ポイントをご紹介します。

ボラの釣り方

ボラは食味を気にせず、引きを楽しみたいのであればオールシーズン狙うことができます。エサだけでなく、ルアーや引っ掛け、フライなど多様な釣り方で楽しめるので、意外とゲーム性は高いです。今回は一般的かつ比較手的簡単なウキ釣りをご紹介します。

仕掛け: ウキ釣り

ボラのウキ釣り仕掛けはとてもシンプルで、簡単に作ることができますが、引きが強烈なので、全体的にパワーのあるタックルが必要になります。

ロッド

磯竿の2~3号を使用します。長さは4~5mあれば、問題ありません。足場が高くなければ、長めのシーバスロッドなどでも代用できます。

リール

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥10,800(2020/09/25 13:07:40時点 Amazon調べ-詳細)

スピニングリールの3000番前後がよいでしょう。針掛かりすると、もの凄い勢いで走るため、100m程度の糸巻き量が必要です。

ミチイト

ナイロンラインの3号前後を用意します。あまり細いものを使うと、ボラのパワーに耐えきれずあっけなく切れてしまいます。

ハリス

2号前後を使います。引きは強烈なものの、歯は鋭くないので必要以上に太いハリスはアタリの減少に繋がります。

釣り針

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥280(2020/09/25 13:07:47時点 Amazon調べ-詳細)

チヌ針1~3号の使い便利がよいです。ボラのサイズに合わせて使い分けることが肝心。

ボラ釣りのエサは?

ボラは雑食性で普段デトリタス(動植物の死骸や排泄物)や藻類を摂餌しています。そのため、エサは小さなオキアミがメイン。コマセやチヌ用の撒き餌を併用してボラを寄せると効果的です。

釣り方

ボラは底層を回遊していることが多いので、ウキ下は底付近に合わせます。もし、目視でタナを確認できるのであれば、そちらに調整しましょう。撒き餌を撒くと匂いに釣られてボラが寄ってきます。そこに仕掛けを投入し、撒き餌と上手く馴染むとアタリが出ますが、意外と小さくわかりにくいことも。ウキの違和感や少しの変化を見逃さず、素早く合わせを入れます。

瞬時に強烈な走りを見せるため、ドラグを弱め、無理せずやりとりして、弱ってきたらドラグを締め寄せましょう。群れで回遊しているので、一匹掛かると次々に針掛かりすることも珍しくありません。

ボラはどんな場所で釣れるの?

出典:写真AC

ボラの生息範囲はとても広く、海水だけでなく汽水、淡水域でも姿を見ることができます。その中でも釣りやすい場所が湾内の漁港です。漁港はさまざまな排水が流れ込み有機物が溜まるので、それを目当てにボラが集まってきます。また、流れも緩やかなので撒き餌が一ヶ所にとどまりやすく、魚を寄せやすいというメリットもあります。河口や汽水域は魚影は濃いのですが、潮の干満によって流れが変わり撒き餌の効果が薄く、エサ釣りよりもルアー釣りに向いたポイントと言えます。

ボラが釣れる季節と時間帯は?

ボラは年中釣ることができます。数釣りであれば春~秋がおすすめですが、食味を求めるのであれば冬一択です。冬以外のボラは臭みがあり味もよくありません。例外として、水質の綺麗な場所や外洋で釣れたものは臭みがなく美味しくいただくことができます。

また、ボラは昼夜問わず狙うことができます。しかし、夜の場合はボラ特有の小さなアタリがわかりにくいので、あまりおすすめしません。昼間であればウキの変化がわかりやすいことに加えて、目視でボラの魚影を確認できるため釣りやすい時間帯です。

まとめ

ボラは邪魔者扱いされがちな魚ですが、その引きの強さを楽しむために狙う釣り人も見かけます。そして、冬はボラを邪魔者から人気者に変える季節。冬の寒ボラは知る人ぞ知る美味しい食材なので、強烈な引きと食味を楽しめる一度に二度美味しい存在に変わります。冬に釣りものがなく困っている人にもおすすめです。この時期しか味わえない冬の味覚を求めて釣りに出かけましょう。