出典:写真AC

引きがとても強く、仕掛けを容赦なく切っていくことから、釣り人に嫌われがちなボラ。しかしながら、冬の旬を迎えたボラは「寒ボラ」と呼ばれ、とても美味しくいただけるため、好んで持ち帰る釣り人もいる程です。そんな一癖あるものの、味に関して光るものがあるボラの特徴や生態、味、調理法をご紹介します。

ボラとは?その特徴は?

ボラはボラ目ボラ科に属す魚で、よく見かけるサイズは30~50cm程度、大きなものでは80cmを超えます。背中側は緑がかっていて、側面は白色。体高は低く、前後に細長い体型をしており、遊泳力は高いです。大きな群れを成して回遊しながら、時折大きくジャンプする姿を見かけます。

ボラの生態や生息地

ボラは世界中の熱帯~温帯の海域に幅広く分布し、国内では北海道以南であれば全国各地に生息します。海水魚にも関わらず汽水、淡水と生息範囲は広く、水質汚染に強いことから、他の魚が生息できない環境にも対応することが可能です。

食性

ボラは雑食性で底に堆積したデトリタス(動植物の死骸や排泄物など)や藻類を摂食します。海底を食んでいる光景をよく目にしますが、これは砂泥ごと餌を口に入れ消化しているためです。このような食性のため、生息する環境によって食味が大きく変わります。

大きさによって呼び名が変わる

ボラは大きさによって呼び名が変わる出世魚です。関東では小さい順にオボコ、イナッコ、スバシリ、イナ、ボラ、トドと呼ばれます。一方、関西ではハク、オボコ、スバシリ、イナ、ボラ、トドと呼び名が変化します。

ボラは釣り人の天敵?

サイズが大きく遊泳力も高いため、引きは強烈。並大抵の仕掛けでは容赦なく切っていくので、釣り人に敬遠される存在です。雑食性なのでサビキのコマセやクロダイ(チヌ)の撒き餌にも寄ってきてしまい、本命が釣れなくなってしまうことも。勢いよくウキが沈み、上がってきた魚体を見て「なんだ、ボラか」と嘆く声を聞くことも珍しくはありません。一方で、食用として狙うコアな釣り人もいます。

ボラはどんな味?美味しいの?

ボラの味は生息環境が大きく影響します。水質の悪い環境では強い臭みがあり、とても食べられたものではありません。一方、水質のよい環境や外洋のものは臭みがなく、とても美味と言われます。人によって食味の評価が分かれるのはこのためです。

旬の時期は?

ボラの旬は冬です。この時期は「寒ボラ」と呼ばれ、とても美味しくいただくことができます。しっかり脂がのった身は本当に絶品で、その味を求めて冬の海に繰り出す釣り人もいる程です。

おすすめの調理法3選!

ボラはスーパーに並ぶことがほとんどないので、口にする機会は少ないかもしれません。特に旬のボラとなるとなかなかお目にかかれませんが、釣りをしていて手に入る機会があれば、是非おすすめしたい調理法を3品ご紹介します。

刺身

出典:写真AC

脂ののった寒ボラの刺身はとても美味しく絶品です。臭みはなくしっかりとしたうま味が口の中に広がります。

へその塩焼き

ボラにはへそと呼ばれる部位があります。正式名称は“幽門”と呼ばれる内臓の一部で、砂肝のようなしっかりとした食感が特徴のとても美味しい部位です。塩焼きにするとジューシーさが加わり舌をうならせる一品となります。

カラスミ

カラスミはボラの卵巣を塩漬けにした後、塩抜き、天日干ししたものです。日本三大珍味の一つで、適度な塩加減と深い味わいは病みつきになります。作るためにコツは必要ですが、購入するととても高価なので、挑戦する価値はあります。

まとめ

View this post on Instagram

跳ぶ #ボラ

A post shared by とり とり (@tori10a) on

ボラは外道として扱われることが多く、日の目を見ることは多くありませんが、旬の時期の食味は外道とは呼べない代物です。また、へそやカラスミはお店で食べるととても値が張り、思う存分食べられるのは釣り人の特権と言えます。釣れた際は是非、持ち帰って味わってみてください。ボラに対するイメージが払拭されることでしょう。