出典:著者

クロアナゴは一般的な「アナゴ」とは違う種類です。外見はそっくりですが、大きく異なる点が一つ。それは、“巨大”なこと。1mを優に超える迫力満点の姿を見ると、お寿司の上に大ぶりに乗せられているアナゴでさえ小さく見えます。姿はアナゴに似ているけれど、いろいろ規格外なクロアナゴの特徴や生態、意外な味についてご紹介します。

クロアナゴとは?

クロアナゴはウナギ目アナゴ科の魚です。大きなものでは1.4mにもなる大型の種類で、名前の通り黒っぽい体色が特徴。メスの方がオスより大型となることが知られています。世間一般でアナゴと呼ばれるものはマアナゴのこと。本種は別種です。

クロアナゴの生態や生息地

https://www.instagram.com/p/BpFH1mml4TX/

クロアナゴは日本では北海道以南の沿岸域に広く分布しており、岩礁帯や根の絡む砂地に好んで生息します。夜行性のため昼間は岩の隙間や砂に身を潜め、夜になるとエサを求めて活動を始めます。

クロアナゴの食性

クロアナゴは魚類や甲殻類、ゴカイなどの多毛類、貝類、頭足類など多種多様なエサを捕食します。また、生きたものだけでなく死んだものまで積極的に捕食するスカベンジャー(腐肉食性)として知られています。食に関してはとても貪欲で匂いの強いものであれば気にせず口にしてしまう性質。「フライドチキンをエサにしたら釣れた」という話も聞く程です。

クロアナゴとマアナゴの違い

クロアナゴと一般的なマアナゴは見た目がそっくりですが、異なる点がいくつか存在します。

一番わかりやすいのは体色です。クロアナゴの方が黒っぽいのに対して、マアナゴは茶色い体色をしています。しかしながら、個体によってはわかりにくいこともあり、その場合は側線(体の側部にある白色点列)によって見分けられます。マアナゴは側線と背鰭の間にもう一本白色点列があるのに対して、クロアナゴにはありません。この他にも胸鰭の先端が背鰭の前方まで届くのがマアナゴ、届かないのがクロアナゴといった判断も可能です。

クロアナゴは釣り人に大人気!

クロアナゴはその巨体ゆえに引きが強く、とても簡単に釣れることから釣り人に人気の魚です。特に東京湾が盛んで、狙ってクロアナゴを釣らせてくれる釣り船も多数存在します。

クロアナゴはどんな味?

クロアナゴの味は外見通り大味で、非常に淡泊です。比較するとマアナゴに軍配が上がるものの決して不味いわけではないので、手をかければ美味しくいただけます。また、一匹でフルコースが味わえる程、身の量が多いのでさまざまな調理法で楽しめるのも嬉しい点です。

クロアナゴの旬の時期は?

クロアナゴは冬に旬を迎えます。この時期は脂がのっていて、味がグッとよくなります。明石ではクロアナゴのことを「伝助アナゴ」と呼び、脂がのった美味しいクロアナゴ料理を振る舞ってくれるお店もあるので機会があれば足を運んでみてください。

クロアナゴのおすすめ調理法3選!

クロアナゴは大味と言ってもアナゴの仲間です。調理法によっては舌をうならせる一品にもなり得ます。ここでは、クロアナゴに合う調理法を3つご紹介します。

クロアナゴの蒲焼き

https://www.instagram.com/p/BjCgEFYlHXS/

ボリュームたっぷりの身を最大限生かせる調理法です。蒲焼き特有の濃いめの味付けがよく合い、皮の香ばしさとともに食欲をそそります。ボリューム満点のウナギの蒲焼きを彷彿とさせる豪勢な一品です。

クロアナゴの煮つけ

アナゴと言えば煮つけ。もちろんアナゴの仲間であるクロアナゴにもよく合う調理法です。身と皮が分厚いため、時間をかけて煮ることで味がしっかり染み込みます。淡泊な身に甘めの煮汁がよく絡み、美味しい一品に仕上がります。

クロアナゴのフライ

脂が控えめな旬以外の時期にもおすすめの調理法です。フライにすると淡泊な身にジューシーさが加わり、より一層美味しくいただけます。ボリューミーかつフワフワとした食感が病み付きになります。

まとめ

クロアナゴは市場にはあまり出回りませんが、岸からの投げ釣りでも時たま目にする魚です。釣れてもマアナゴと一緒くたにされ、クロアナゴとして認識されることは多くないでしょう。それでも、ボリュームたっぷりの食味と強烈な引き味を支持する人はたくさんいるので、是非、みなさんも一度その魅力に触れてみてください。

>>関連記事はこちら!