アンコウ
アンコウ

トップウォーターでバスを釣りたいけど、なかなか釣れない…

GyoGyoくん
GyoGyoくん

人気のあるフィールドでデカバスを釣りたいけど、スレていて思うような反応が得られない!

タフなコンディションや表層での反応が悪い時、どのような誘い方をしているでしょうか?セオリー通りで釣りをしても、上手くいかないことは多くありますよね。

そんな時に投げたいルアーがオーバーリアル63ウェイクです。この記事では、オーバーリアル63ウェイクの魅力について詳しく解説します。

OSPから発売されているオーバーリアル63ウェイクとは?

撮影:筆者

オーバーリアル63ウェイクは、OSPから発売されているハードベイトルアーです。シルエットは小さく、ワームのようなスリムな表層系ルアーです。

サイズは63ミリ、重量は2,6gと小型サイズのルアーで、ジョイント式の小型ルアーになっています。バス釣り用のルアーとしては小さいサイズ感なので、子バスしか釣れないと考えてしまいがちですよね。

しかし、名前の通り本物の小魚を超えるリアル感が、スレたバスに本気食いさせます。オーバーリアル63ウェイクであれば、全国のあらゆるフィールドにおいてベストマッチするサイズ感なのも嬉しいです。

オーバーリアル63ウェイクのここが釣れる!魅力について紹介

オーバーリアル63ウェイクはi字系ミノーや小型トップウォーターの種類に該当します。通常は、どちらかのルアータイプに分類されますが、オーバーリアル63ウェイクはどちらも兼ね備えているルアーなのが魅力です。

つまり、表層直下を弱波動アクションでゆっくりと巻いてこられるミノー的な使い方。他方、水面で小さなドックウォークを出しながらも巻いてこられます。

それだけでなく、フロントフック・リアフックのフック構造を廃止しておりスレバスへの違和感を無くすためにもフロントフックだけを採用しています。フロントフックは細字仕様で、早掛けが出来る強みもあります。

後方部のテールや胸ビレには特殊繊維を用いたフィンが装着されており、クリアーからマッディウォーターまでバスの食性を刺激する要素が詰め込まれています。

サイズはとても小さなルアーですが、他のルアーでは絶対に生み出せない唯一無二のアクションと、確実に釣るための工夫が施されています。

バスが見えていて、色々試したけど釣れない…。そんな時に釣れてしまうルアーが、オーバーリアル63ウェイクです。

アクションが多彩!自由自在なアクションでバスを翻弄させよう

オーバーリアル63ウェイクの最大の強みは、アクションの自由さです。

ジョイントボディによるユラユラとしたアクション。スーパーデッドスローによるI字系の引き波までこなせます。さらに、水面で放置をしているだけでも胸ビレと尾びれのフィンが虫や瀕死の小魚を演出して、バイトに持ち込むこともできます。

アンコウ
アンコウ

巻いてもよし、激しめなアクションもよし、止めてよしなので止水域などのフィールドで効果が絶大だ!

おすすめなラインシステムについて

ここで、筆者がおすすめするオーバーリアル63ウェイクをキャストする際のラインシステムについて紹介します。

ラインは水面での誘いを入れるルアーなので、メインラインをPEラインにして誘いたいです。PEラインは0,6-0,8号を目安で選択しましょう。

重要なのは、PEラインの先端に取り付けるリーダーの存在です。オーバーリアル63ウェイクはナーバスなバスを寄せて、最終的に食わせを入れられるルアーです。しかし、ルアーから近いラインが太いと見切られてしまいがちになります。

そこで、水とのなじみが良いフロロラインのリーダー(4-6lbがおすすめ)を使用しましょう。長さは周りの障害物や魚との距離感に合わせて調整したいですが、基準としては60センチ-2メートルほど取ってあげましょう。

タックルに関しては、ULクラスのロッドとスピニングリール2000-2500番が最適になります。

オーバーリアル63ウェイクでスレバスを狙おう

撮影:筆者

今回は、オーバーリアル63ウェイクの特徴から魅力、釣れるアクションなどについて具体的に解説しました。

筆者自身、冬の難しいバスでもトップウォーター的な使い方でバスが釣れたことからどハマりしたルアーです。オーバーリアル63ウェイクは、バスが表層に浮いてるタイミングさえあれば、積極的に興味を持ってもらえるルアーです。

ただ巻きやドックウォークのような基本アクションだけでなく、放置パターンやドリフトをしながらナチュラルにバイトさせることも可能です。

初心者の方から上級者の方まで使い込めるルアーなので、釣れない時の助っ人になりますよ!