キスは夏を代表する白身の美しい魚です。

砂浜や堤防や船から釣れる魚で、手軽に数釣りも楽しむことができます。

そして何より魅力的なことはキス料理が美味しいということ。定番の天ぷらや刺身、塩焼きなど、色々な料理で楽しめます。

キス料理の種類、美味しいキスの天ぷらの調理法を紹介します。

キス料理といえば?

キス料理といえば?-h2

出典:写真AC

キス料理と言えば何を想像するでしょう?やはり、天ぷらをイメージされる方も多いでしょう。キスの天ぷらはタンパクな白身のキスに相性が良い料理法です。

キスは以下のような料理にできます。

・キスの天ぷら

・キスの刺身

・キスのフライ

・キスの塩焼き

・キスのしゃぶしゃぶ

・キスの骨せんべい

キスの料理法を紹介!キスの天ぷらとキスの刺身!

キスの料理法を紹介!キスの天ぷらとキスの刺身!-h2

筆者撮影

今回はキスの天ぷらキスの刺身を実際の料理工程と共に紹介します。

やっぱり定番!キスの天ぷら!

キスといえばキスの天ぷら。おいしい天ぷらを食べたい方は是非キス釣りをしましょう。

では釣ってきたキスを料理します。

1.キスを釣ってきます

6月下旬に海で釣ってきたものです。サイズは小ぶりのものから大きいものまで釣れました。

キス1

筆者撮影

2.キスの内臓とウロコを取ります

1回の釣行で複数釣れるキスですが、下処理も比較的簡単なので安心です。内臓とウロコも非常にとりやすいです。

キス2

筆者撮影

3.キスの頭を落とします

頭は落としましょう。大きな魚であれば、頭の部分をお湯で煮ると出汁がでておいしいですが、キスの場合はもったいないですが捨てます。

キス4

筆者撮影

4.キスを開きます

腹から尻尾に向かって包丁を入れ、キスを開きます。キスの開き方はいくつかあるようですが、自己流でやってます。あっているかどうかは確認してません・・・。

キス6

筆者撮影

キス8

筆者撮影

5.キスを揚げます

天ぷら粉と水を溶かして(分量は1対1程度)、キスに付けた後に油の中へ。

キツネ色になるまでじっくり揚げます。

キス9

筆者撮影

6.キスの天ぷらの出来上がり!

キスの天ぷらの出来上がりです。お好みでを付けて食べましょう。

白身のタンパクな魚、キスの天ぷらはとても絶品ですよ。

キス10

筆者撮影

キスの料理記事を書いていたら、お腹がすいてきました・・・。見てくださっている方もお腹空いてきませんか?

キスの刺身もおいしい!キス丼!?

キスの天ぷらはもちろんおいしいですが、キスの刺身もおすすめです。

今回は屋外で捌き、そのまま料理した『男飯』を簡単に紹介します。屋外で釣りを楽しみ、そのまま外で食べるのも乙なものです。

キスの捌き方は割愛します。

1.キスを特製タレを作り漬け込む

ぶつ切りに捌いたキスに醤油とみりんを合わせた特製のタレを作り、漬け込みます。ネギや大葉などの薬味があるとさらに良いです。

キス丼1

筆者撮影

2.キスを湯銭したごはんの上に乗せる!

湯銭したサトウのごはんの上に漬け込んだキスの刺身を乗せれば完成!

キス丼の完成です!

出来立てのキスの刺身は非常においしいです。鮎の刺身のような、こりこりとした食感があり、刺身の中でもおすすめの魚です。

キス丼2

筆者撮影

キスをたくさん釣って、キス料理を楽しみましょう!

キスをたくさん釣って、キス料理を楽しみましょう!-h2

筆者撮影

料理素人の私のキスの簡単な調理方法を紹介でした。

キスは釣りやすくとてもおいしい魚です。

料理をしたことがない方でもこの機会に、釣って、料理して、食べるまでを挑戦してみてはいかがでしょうか。

釣ってた魚を自分の手を加えて食べることで、さらにキス釣りが楽しくなりますよ!

>>釣れたら捌いておいしく食べよう!関連記事はこちら