キス釣り好きですか?

夏と言えばキス釣り。たくさん釣ってたくさん食べることができるキス釣りは、私にとって大好きな釣りです。

さて、今回はキス釣りのコツを紹介します。

この記事であなたはキス釣りマスターに!?一緒に釣果アップを目指しましょう!

キス釣りのコツは?

キス釣りは、コツを身につけることで爆釣もできちゃいます!有名なコツと私の経験からのコツをあわせて紹介してみます。

今回は以下のキス釣りのコツを4つ紹介します。

1.キス釣りは場所選びが重要

2.キス釣りは群れがいる場所を狙おう

3.キス釣りはエサを変えてみることも大切

4.キス釣りはロッドを2本使ってみよう

1.キス釣りは場所選びが重要

まずはキスの生息地を把握しましょう。

キスは砂地の海底に生息しているため、仕掛けが海底にある状態を保つようにしましょう。

仕掛けを投げて海へ着水させた後は、海底へ。しっかりと沈めましょう。

着底させた後は、リールで底をずりずりと仕掛けを巻きましょう。

ただし、勢いよくリールを巻きすぎてしまうと浮いてしまうため、ゆっくりとリールを巻くことを意識しましょう。リールの巻く速度は『大人の人が歩くスピード』と言われています。

駆け上がりポイントを探す!

海底をずりずりと巻いていると、たまに駆け上がりポイントがある場合があります。

駆け上がりポイントとは波によって作られたもので、キスが群れている場所。海底に起伏のあるポイントのことをいいます。

キスが群れている理由としては、駆け上がりは潮の合流点であり、エサがたまりやすいといわれています。

爆釣のチャンスとなるので、見つけてみましょう。

流れ込みポイントを攻める!

河口の川の水が海へ流れ込む場所も要チェックです。

河口付近の流れ込みは海底の変化がある場所が多く、キスの大好物である多毛類が多く生息する環境です。

濁りが発生する雨の日は不向きですが、晴れの日が続いたあとには、是非おすすめしたいポイントです。

2.キス釣りは群れがいる場所を狙おう

キスは群れで暮らす魚。キスの群れを見つけることができれば、簡単に次から次へと釣れることもあるでしょう。

ポイントを探ろう!

まずは1匹釣ることを目指して、釣れる場所であるということを確認しましょう。

ポイントを探る方法は広範囲を攻めること。できるだけ遠投をして、リールを巻きながら、アタリがある場所、アタリがない場所を見つけましょう。

そして1匹でもキスを釣ることができたら、大チャンス。キスは群れでいる可能性大です。

1匹釣れたら群れでいる!

1匹釣れたら、次はたくさん釣ることを目指しましょう。手返しが重要となってきますので、釣れたら次々投入するのが良いでしょう。

釣ったら投げるを繰り返し、手返し良く行いましょう。のんびりしていると群れが去ってしまいます。時間帯や気温なども釣果に大きく変化があるでしょう。

粘りすぎは厳禁!

ただし、キスが釣れたからといって、粘りすぎもよくありません。

投げたら釣れるという入れ食い状態になる場合もありますが、ぱたりと急に釣れなくなることもあるでしょう。

釣れなくなる理由は、おもりの着水音に驚いてキスが逃げてしまう、キスが見切りをつけるということから。

アタリがなくなったと思ったら、少し歩いてポイントを変えて新たな場所を開拓しましょう。

3.キス釣りはエサを変えてみることも大切

キスのあたりが全くない場合、エサを変えてみるのも手です。

キスの口は小さいので、大きなエサには反応しない場合もあります。

アオイソメからイシゴカイにしてみる

海の万能エサであるアオイソメを主として使う方もいるかもしれません。

もちろんアオイソメでも問題はありませんが、アオイソメからイシゴカイに変えることで釣れる魚にも変化があるかもしれません。

イシゴカイはキスの定番のエサで、アオイソメよりも小さくキスの大好物として人気のエサです。外道ばかりつれてしまう場合はコチラを試してみるのが良いでしょう。

エサがボロボロになる前に新しいエサに変えよう

アタリがなく、エサが全くなくならない場合もあるでしょう。

しかし何度も投げていると、エサが弱ったり、匂いが弱くなったりします。

エサがなくならない場合であっても一定の時間使ったエサは、新しいエサに交換してみましょう。新たなエサを付けることで、魚の反応も変わる場合も少なくありません。

エサを付け替えることで、心機一転もできますよ。

4.キス釣りはロッドを2本使ってみよう

キス釣りは群れを探すことから始めないといけません。ロッドを2本使うことで、キスの居場所を効率よく探すことも可能です。

置き竿を用意してみる

投げてリールを巻く竿の他に、置き竿を1本用意してみるのもよいです。

例えば、左側は投げて放置の置き竿を、右側は投げてリールを巻いて広範囲で探るという方法です。

釣り場に人が少ない場合や広い砂浜である場合はおすすめの方法です。

ロッド1本だけに集中するということがなくなるので、ちょっとした休憩や気分転換にもなります。

キス釣りのコツを覚えて爆釣を目指そう!

キス釣りのコツを覚えて爆釣を目指そう!-h2

出典:写真AC

以上がキス釣りの4つのコツです。

有名なコツと私の経験からのコツをあわせて紹介してみました。

ぜひ効果があるか試してみてくださいね。