出典:写真AC

河口湖は、富士山を眺めながらバス釣りができる何とも贅沢なフィールドです。古くからバス釣りのメッカとして有名で、今でもポテンシャルが高い魅力的なフィールドとして多くのアングラーに親しまれています。

そこで今回は、河口湖の陸っぱりポイント3選をメインに、実績抜群のおすすめルアーも紹介していきます。

「河口湖に行くのが初めて」「釣れた試しがない」という方はぜひ参考にしてみてください。

河口湖とは?

出典:写真AC

河口湖は、山梨県の南東部にある富士山の噴火でできたカルデラ湖です。富士五湖の一つとして数えられ、湖からは荘厳な富士山を望みます。バスレイクとしては全国でも屈指の知名度を誇りバスブームの時には人でごった返した程。今も昔も多くのアングラーに親しまれています。

また、都心から2時間程度でアクセスができますし、周辺にはトイレや駐車場なども充実しているので環境が整備されているのも嬉しいところ。初心者の方やファミリーでも安心して釣りを楽しめます。

フィールドの特徴

河口湖は、ポイントによって様々な特徴を持ったフィールドです。岸近くにブレイクがあったり、マンメイドストラクチャーがあったり、夏場はウィードが群生したりとバスが付きやすいポイントが点在しています。

ただ、比較的足場が良い場所も多いので陸っぱりから狙えるポイントは豊富です。

また、河口湖ではバスが定期的に放流されているのも大きな特徴。近年ではフロリダバスも放流されているため、アベレージサイズが良くロクマルも実績として上がっています。

そして、バスを釣る際は「ワームが使えない」というのも河口湖では欠かせないキーワードです。自ずとハードルアーやポークでの釣りとなるので、注意しなくてはいけません。

河口湖の陸っぱりポイントおすすめ3選

出典:写真AC

1.大石公園

大石公園は、河口湖の中でも有数の人気ポイントです。ハイプレッシャーは必至ですが、その分、アシやウィード、流れ込みなどがあり陸っぱりから狙いやすいポイントと言えます。さらには、近くに駐車場やトイレもあるのも嬉しいところ。

この辺りは、水中が岬のようになっているのも特徴で、変化が多いポイントです。状況によってウィードをじっくり攻めたり、アシ際をスピナーベイトなどでスピーディーにチェックしたりといろいろ試してみましょう。

また、シャローが続くのでバスのスポーニングエリアとしても有名です。春先はサイズの良いバスを狙えるのも魅力です。

2.長浜

長浜も、屈指の人気ポイントなのでハイプレッシャーは間違いないですが、このポイントには西湖からの流れ込みがあるので見逃せません。

西湖からの放水があれば、ベイトフィッシュを追ってバスも回ってくるので期待大です。特に夏場は実績が高いポイントとして知られています。

場合によっては粘って回遊待ちをしても良いでしょう。ルアーはベイトフィッシュを意識したミノーやシャッドなどがおすすめです。

3.八杭

八杭は、河口湖の中では比較的プレッシャーの低いポイントです。形状がワンドのようになっており、ブレイクが近いのが特徴でウィードも群生しています。変化に富んでいますし、放流ポイントでもあるのでバスのストックは豊富です。

ウィードの面をスピナーベイトなどで通しても良いですし、ブレイクをスモラバやポークなどでじっくり釣るのも良いでしょう。

河口湖で実績抜群のおすすめルアー3選

出典:写真AC

1.ジャッカル ソウルシャッド58

ソウルシャッドは、基本性能の全てが高水準という文句なしの万能シャッドです。とりわけ河口湖では実績の高いルアーとして知られており、キャスタビリティも良いので少し遠くのブレイクも攻めることができます。

早巻きでもしっかり泳ぎますし、トゥイッチにもテンポ良く反応してくれるのであらゆる状況で使うことが可能です。

サイズは58がおすすめです。実績が高くなかなか口を使ってくれないスレバスにも効きます。

created by Rinker
JACKAL(ジャッカル)
¥1,593(2020/09/26 10:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

2.エバーグリーン Dゾーン

釣れるスピナーベイトとしてもはやお馴染みですが、Dゾーンはやはり河口湖でも効きます。ウィードが群生してプラグが使いづらい時でもスピーディーにチェックできますし、食性に訴えて反応しない時でもリアクションで釣れるのも大きいです。

ただ、アームが脆いので、コスパが気になるという方にはハイピッチャーもおすすめ。河口湖での実績も高いです。

3.GENKI ポークスティック

GENKIのポークスティックは、河口湖のご当地ルアーと言っても過言ではありません。天然素材の豚皮でできており水中に残っても短時間で分解するので安心です。

さらには、釣果も折り紙付き。河口湖のトーナメントでは多くのアングラーを表彰台に導いています。

そして、使い方はダウンショットやジグヘッド、スモラバのトレーラーなど様々ですが、使いやすいのはやはりダウンショットでしょう。ダウンショットで底を丁寧に釣っていくのがベター。初心者の方にもおすすめです。

河口湖はポテンシャル十分の魅力あるフィールド

河口湖は、一見何の変哲がない場所でも、岸近くにブレイクがあったり、ウィードが群生していたりと湖底の変化にも富んだフィールドです。

さらには、ワームが禁止されていたり、バスの放流があったりと様々な要素が複合的に絡んでくるので決してイージーなフィールドとは言えません。

ただ、ハマれば数を釣るができますし、ロクマルも夢ではないというポテンシャルも秘めています。河口湖はアングラーにとって魅力的なフィールドであることは今も昔も変わりません。

>>関連記事はこちら!