シマガツオの沖釣りで使う道具

出典:pixabay

シマガツオの沖釣りで使う道具を紹介します。

ロッド(竿):シマガツオの餌釣り

シマガツオの餌釣りで使うロッド(竿)は、全長は2~3mで胴調子がおすすめとなっています。胴調子とは竿先がよく曲がるのではなく、胴の部分が良く曲がるロッドのことで、6:4調子や5:5調子ともいわれます。

ロッド(竿):シマガツオのジギング

シマガツオのジギングで使うロッド(竿)は、長さが2.1~2.4mで軽量かつ細いロッド(竿)もしくはジギングロッドがおすすめです。

リール:シマガツオの餌釣り

シマガツオの餌釣りでは電動リールが使われるようになりました。糸巻量はPEの3号が400m程度で、サイズはダイワであれば600番、シマノであれば3000番前後の電動リールがおすすめです。

リール:シマガツオのジギング

リールは、ベイトリールもしくはスピンングリールを使います。サイズはダイワであれば3500番以上、シマノであれば5000番以上がおすすめとなっています。PEの3号前後であれば200m以上の糸巻量があったほうがいいでしょう。
初心者であればハイギアがおすすめです。

ルアー:シマガツオのジギング

メタルジグは100~200gの重さで、発光したり、強く反射したりするものを選びましょう。

ミチイト

餌釣りではPEの3号を300~400m程度、ジギングではPEの1~1.5号を300m程度を用意して下さい。

クーラーボックス

シマガツオは全長50m程度のシマガツオを想定して、少し余裕を持たせて30~50Lのクーラーボックスがおすすめです。キャスターが付いていると移動に便利です。

冬の沖釣りの服装

真冬の沖釣りは、スキーするような服装が必要です。船上では風が当たり、波や雨で濡れることを想定しましょう。撥水加工された素材で、中綿がしっかり入った防寒仕様のジャケットやパンツが必要です。防寒用の耳当てやデッキブーツも用意して下さい。手がかじかむので釣り用の手袋もあったほうはいいでしょう。

シマガツオを釣るコツ

シマガツオの餌釣り

棚を探る

シマガツオを釣る際に、棚(魚がいる水深)を探ることが重要です。通常、船長さんが棚を教えてくれます。自分でチャレンジしたい人は水深100m前後からスタートさせ、10~15m刻みで深く探っていきます。

餌の種類を変える

シマガツオを釣る際の餌は、通常、サバの切り身を使います。ただ、当たりが無い場合はアジやイカ、イワシに変える方法もあります。

シマガツオのジギング

シャクリ

ジギングはシャクリ次第で釣果が大きく変わり、シマガツオではワンピッチジャークがおすすめとなっています。

ワンピッチジャーク の方法は水平から45度程度下方向に傾けたロッドを水平へシャクリ上げてから戻します。ロッドを上下に動かす間にリールのハンドルを1回転させ、リズムよく繰り返すのがコツです。また、シャクリ上げた後、メタルジグを沈めるフォールは、ラインを一定の角度に保持することで釣果が上がります。

メタルジグの重さ

通常、船長さんがメタルジグの重さは教えてくれます。事前に電話などで聞いて、船長さんの指示通りにできるメタルジグを何種類か用意しておくことが重要です。

まとめ

シマガツオの沖釣りは、強い引きが魅力となっています。また、見た目とは対照的にとても美味しい魚で、刺身にするとマナガツオの身ような色で、筋や血合いの部分が少なく、嫌味のない味わいです。竜田揚げやムニエルにしても美味しいです。シマガツオを釣り上げて、夕食のおかずにしてみませんか。

>>関連記事はこちら!

1 2