出典:写真AC

サワラはブリやサバの陰に隠れがちですが同じ青魚です。その味の良さから、食用魚として親しまれてきました。一方で生態や特徴などを知っている人はあまり見かけません。そこで、あまり知られていない一面も添えてサワラがどんな魚なのかご紹介します。

サワラとは?

出典:写真AC

サワラはスズキ目サバ科に属す魚です。アジやサンマと同じ青魚の仲間で、大きいものは1mを超えることも。細長い体型をしており、サバに似た黒い斑点が見受けられます。口には鋭い歯が並び、むやみに触るとスパッと切れてしまうため、要注意です。

大きさによって呼び名が変わる

サワラは大きさによって呼び名が変わります。このような魚を一般的に“出世魚”と呼び、サワラの場合はサゴシ(40~50cm)、ナギ(50~60cm)、そしてサワラ(60cm~)と呼び名が変化します。

サワラの生態

出典:写真AC

サワラは回遊魚ですが、時期によって泳ぐ水深が変わります。比較的暖かい春~秋は水深の浅い表層部を回遊し、冬になると水深の深い場所に移動します。

食性

その歯を見てもわかる通り肉食性の魚で、アジや、イワシなどの小魚を貪欲に捕食します。細長い体と鋭い歯を活かし、素早く捕食する姿は優れた“フィッシュイーター”と呼ぶにふさわしいです。

主な生息地

出典:写真AC

サワラは回遊魚であるため、日本近海を幅広く回遊しています。北は北海道南部、南は東シナ海まで分布。季節によって回遊コースが異なり、漁獲量も時期による変動が大きいです。

サワラは釣っても面白い!

サワラは釣りの対象としても面白い魚です。ルアー、エサ問わず狙えるので敷居は高くありません。ルアーであればメタルジグやミノー、バイブレーションを使ったキャスティングゲームが一般的。また、エサ釣りではフィッシュイーターという特性を活かして、アジなどの小魚を生きたまま泳がせる“泳がせ釣り”が有名です。

サワラの味は?

出典:写真AC

サワラは赤身の魚ですが、白っぽい身の色をしています。味も赤身魚特有のクセが少なく食べやすいことから、和食に用いられることも少なくありません。身質が柔らかいので、調味料に漬け込み身を引き締める調理法もよく用いられます。また、鮮度が落ちやすい魚なので、手早く締め、氷水で保冷するといった扱い方が味を左右します。

旬はいつ?

サワラの旬は地域によって異なります。関西では春(3~5月)に旬を迎えますが、この時期はサワラの繁殖期にあたり、外洋から群れが集まってきます。そのため、瀬戸内海や四国、紀伊半島の日本海側で多く漁獲されます。
また、卵や白子も好んで食べられることも要因の一つです。一方で関東では冬(12~2月)が旬とされています。冬のサワラはとても脂がのっていることに加えて、卵や白子よりも身の味を重視する食文化も影響しています。

おすすめのサワラ料理

サワラは食用魚として古くから親しまれているため、その特徴を活かした調理法が数多く存在します。身の柔らかさ、独特の香り、時期による脂の含有量の違いなど、それぞれの特徴を考慮して調理されたサワラはうま味が段違いです。そんな中からおすすめの料理を3品ご紹介します。

塩焼き

出典:写真AC

塩焼きはサワラのうま味を堪能できる調理法です。皮と身の間にうま味と独特の香りがあり、火を通すことで際立ちます。本来、身が柔らかいので加熱するとフワッとした食感が楽しめます。

刺身

出典:写真AC

サワラは傷みやすいため、生食として出回ることは多くありません。もし運よく新鮮なものが手に入った場合に一番おすすめしたい調理法が刺身です。特に冬に漁獲されたサワラは脂のりが別格で「刺身で一番美味い魚」という人がいる程。一方で春のサワラはさっぱりとしていて、こちらを好む人もいます。

西京焼き

出典:写真AC

サワラと言えば西京焼きが有名です。「西京みそ」に漬け込み焼くことで、みその甘さと塩味が相まってとても美味しくいただけます。また、みそに漬け込むと身が引き締まり、食感もよくなります。漬け込んだ状態であれば数日間保存ができるため、鮮度が落ちやすいサワラと相性がよい調理法と言えます。

まとめ

出典:写真AC

食用魚として名前は知っているものの、意外と知られていない特徴もあったのではないでしょうか。大きさによって名前が変わったり、春だけでなく冬も旬だったりなど、新しい一面を知ることで少しでも興味を持っていただければ幸いです。これから旬に入るサワラ。食や釣りで堪能しましょう。