季節も秋後半に入ってきた晩秋の時期は、ブラックバスの荒食いも少しずつ落ち着いてくるタイミングです。 この季節は秋口の荒食いシーズンが嘘のように、突然ブラックバスが釣れづらくなります。

冬時期のオフシーズンは見えているものの、本格的な冬が訪れるまで、バス釣りを楽しみたいアングラーは多いでしょう。そこで、今回は晩秋時期のブラックバスの動きとおすすめルアーをご紹介します。

晩秋のバス釣りは難しい

晩秋のバス釣りは難しい
晩秋のバス釣りはルアー選びが難しくなる

晩秋のバス釣りは、秋口の荒食い時期と比べて格段に難しくなります。理由としては、冬に向けて準備をしてる魚が急激に減ることが大きな原因です。

これまで冬越えの準備の為、個体差に関係なく餌を探し回っていた魚達が気温と水温の変化により、段階を追って冬篭りに適した場所に移動を始めます。

気温と水温変化によるブラックバスの段階的な移動と、餌を探してる個体の急な減少が重なることで、晩秋のバス釣りが難しくなります。

晩秋時期のバスの動きについて

攻略が難しい晩秋時期のバス釣りですが、季節に沿った魚の動きを覚えることが攻略のヒントになります。

気温・水温、ストラクチャーなどの環境はフィールドに多少左右されますが、晩秋時期のブラックバスの動きを確認してみましょう。

冬にかけ段階的にボトムエリアまで移動する

冬にかけ段階的にボトムエリアまで移動する
護岸エリアは晩秋でもバスが居着きやすい

ブラックバスは晩秋から冬にかけてボトムエリアに少しずつ移動します。理由はシャローエリア、ミドルエリアの水温が気温の低下に伴い、水温が安定しなくなるためです。

気温の低下に伴い水温も低下しますが、ブラックバスがエリアを移動する理由は、急激な水温変化に備える為でもあります。

小さな個体から動き始める

ブラックバス小さな個体
小さな個体から冬越えがはじまる

ブラックバスは晩秋から冬にかけてボトムエリアに移動しますが、小さな個体から移動がはじまります。小さな個体は寒さに耐える体力も少ないため、急いで移動することになります。

晩秋時期に良くある、先週までシャローエリアを餌を求めて泳いでいた子バスの姿を急に見なくなる。そんな光景が、冬篭りが始まったわかりやすいサインとなります。

次いで中・大きな個体の移動がはじまりますが、小さな個体と比べて体力があり、餌の量に満足するのに時間がかかるため急な移動はしません。

緩やかな地形やストラクチャーに居着く

晩秋のバスの居場所
ゴミ溜まりも重要なポイント

小さな個体は水温が安定するボトムエリアなどに移動しますが、中・大きな個体は緩やかな地形やストラクチャーに居着きます。

これは、急な水温変化の準備をしながらも、まだ冬越えの為に餌を探す必要があるためです。緩やかな地形は水中での上下移動が楽になり、ストラクチャーは冷たくなった水から魚を守ってくれます。

晩秋時期では春のバス釣りと同じ、地形変化とストラクチャーを意識すると釣果に繋がりやすいでしょう。

晩秋のバス釣りにおすすめルアー3選!

晩秋時期は小さな個体が急に釣れづらくなりますが、中・大きな個体は冬越えのため、まだ餌を探してます。

晩秋のバス釣りは春と同じく、魚を釣ることができれば良型と出会える確立があがります。ここでは、先に紹介したブラックバスの動きに沿って、晩秋のバス釣りにおすすめのルアーを3つご紹介します。

スピナーベイト

スピナーベイトは晩秋時期のバス釣りには欠かせません。特に、この時期は良型サイズのバスが餌を探してるためスピナーベイトのアクションもマッチします。

3/8, 1/2サイズの重めのスピナーベイトを使うことで、ストラクチャーに居着くブラックバスを誘い出しましょう。

バイブレーション

荒食いシーズンで数釣りが楽しめる秋口から出番が多いバイブレーションです。秋口から引き続き使うことができ、広範囲を効率良く探ることができます。

晩秋時期の使い方としては、緩やかな地形を丁寧に探り、ミドルレンジに居着いてるブラックバスを探し出しましょう。

メタルバイブレーション

冬のバス釣りのイメージが強いメタルバイブレーションですが、晩秋の釣りにもぴったりです。急な冷え込みが原因で、食い気の下がったブラックバスの口をリアクションで使わせることができます。

冬の定番であるリフト&フォールは、リアクション要素が重要となる晩秋時期でも効果を発揮します。

晩秋バスを釣るには動きの把握が重要!

晩秋バスを釣るには動きの把握が重要!
バスの動きに合わせてルアーを選ぼう!

晩秋時期のバス釣りについて、ブラックバスの動きとおすすめルアーをご紹介しました。秋口の荒食いシーズンから急に釣れなくなる、晩秋ですが、魚の動きを覚えることで釣果が変わります。

釣れる数は減りますが、小さな個体が減るので、大きな個体との出会いも増える季節でもあります。冬が訪れる前の最後のシーズンですが、ぜひ晩秋のバス釣りを楽しんでみてください。

>>バス釣りに役立つ記事特集!関連記事はこちら