出典:pixaday

みなさんは赤潮、青潮、水潮といった言葉を聞いたことがありますか?

赤潮や青潮は漁業関係者やアングラーからも恐れられ、環境問題としてニュースで報道されることもよくあります。

ここでは赤潮や青潮、水潮の発生原因や釣果への影響を紹介いたします。このようなワードを知らなかったという方は、ぜひこの機会に覚えていってくださいね。

赤潮や青潮は、海中の酸素濃度が低下しているサイン

赤潮や青潮は死の海と表現されることもあり、海中の酸素が著しく低下している海域を言います。

ほとんどの魚介類はその低酸素の海域から逃れて移動するのですが、一部の逃れられなかった魚介類は徐々に弱り死んでしまうため、漁業に大きな影響を与えます。

赤潮はどうしてできる?プランクトンの異常繁殖が原因

出典:写真AC

赤潮はプランクトンが異常な増殖を起こすために発生します。海が赤や茶色に染まる原因は、普段は見ることができないプランクトンの塊なのです。プランクトンが大量発生しすぎると魚のエラにプランクトンが詰まり、窒息につながります。

青潮はどうしてできる?異常発生したプランクトンが大量に死ぬことが原因

プランクトンが死ぬことで、死骸の分解の際に海の酸素が大量に消費されます。酸素の少ない海域には細菌が繁殖しやすくなり、細菌の作用によって硫化水素という有害物質が発生します。これは硫黄独特の腐敗臭もあり、青潮が発生した海域はなんだか嫌な匂いがすることがあります。

青潮が発生している海域の特徴としては魚が海面で口をパクパクさせることや、本来海底にいるはずの魚が表層に漂っている様子がみられることもあります。

このように青潮はプランクトンが大量に死ぬことにより結果的に低酸素状態を招き、魚介類は酸素不足のため弱って死んでしまうため漁業に大きな影響を与えます。

プランクトンが異常発生する理由

出典:pixaday

猛暑による水温の上昇や私たちの生活排水や農業排水、工業排水が、プランクトンが異常発生する原因としてあります。排水には窒素化合物やリンが多く含まれているため、これがプランクトンの栄養源になります。 

青潮や赤潮が発生しやすい場所として、潮が通りにくい港湾部や、水質があまりきれいではない地域で発生しやすくなります。

赤潮や青潮の発生を防ぐために、私たちの小さな努力で生活排水を少しでも綺麗なものにしていきたいですね。

赤潮や青潮の発生時には釣果は期待できず

基本的にはこのような潮の状態では臭いが酷く、汚い濁りがあり、釣りができる良い環境とはいえません。

赤潮や青潮はニュースで取り上げられることや、漁協のホームぺージで確認ができます。いざ現地に到着し、赤潮や青潮が発生しているとがっかりしてしまいますよね。発生している海域では釣りをせず、なるべく離れた場所に変更し釣りを楽しみましょう。

水潮って?大雨の後には要注意

水潮は、大量の雨が降り、川から淡水が海に流れ込んだ状態を言います。

水潮が起きると塩分濃度が一時的に下がったり、強い濁りが入ったりするなど、釣りに悪影響を及ぼすといわれています。

水潮に注意する日は、大量の雨が降った日から数日間に及び、特に内陸で大雨が降った翌日以降は要注意です。

実際、濁りの影響はどれぐらいあるの?

魚にとって視界が悪くなると、捕食する獲物を見つけにくくなったり、砂が混じった水はエラ呼吸がしづらくなったりと、活動の低下する個体が多くなるといわれます。

アングラーからすると濁りが強すぎると魚のチェイスを見ることができなくなり、魚からの反応が分からず、モチベーションが低下することもあります。

程よい濁りは釣れやすい条件としてありますが、濁りが強すぎるとアングラーの気持ちも折れやすくなることがあります。

水潮が発生しているかもしれないときは?

水潮は、赤潮や青潮といった環境問題とは違い、原因を知ることによりいくつか対策をすることも可能です。雨が続いたあとの釣行時にはぜひ参考にしてみてください。

河川から離れた潮通りの良い場所で釣りをする

港湾よりも磯やサーフは潮通りが良いためおすすめです。大雨から数日経過し水潮が落ち着いてくると、魚の活性が上がり釣れやすくなるともいわれます。

ボトム中心の釣りをする

淡水は海水に比べ比重が軽いとされ、海水の上に淡水が乗って流れるといわれます。表層から中層は水潮の影響を受けやすいですが、ボトムはそのようなことがないため、ボトムを狙った仕掛けで魚を狙ってみましょう。

臭いで誘うことや、派手なカラーのルアーを使う

水潮で活性が下がっていることや、濁りがある場所で有効になるのがこのような仕掛けになります。魚へのアピール重視の釣りパターンを試してください。

まとめ

出典:写真AC

赤潮や青潮、水潮はアングラーが避けたい潮の状況として有名です。発生の原因は私たちの暮らしぶりが反映されていることもありますので、最低限出来る環境対策に取り組み、楽しく釣りができるフィールドを守っていきたいですね。

>>〇〇に負けずに釣りを楽しむ!関連記事はこちら