出典:写真AC

みなさんは釣行時にフィッシュグリップを使っていますか?
フィッシュグリップは釣りあげた魚を安全で確実にランディングすることができるアイテムとして、ルアーフィッシングを中心に人気があり普及率も高くなっています。

使用するメリットとしては、魚が暴れて針が手に刺さってしまうことや、魚のトゲや歯など鋭いもので手を怪我するリスクを減らすことにあります。魚種によってはフィッシュグリップの使用が推奨されていることもあります。
また、フィッシュグリップは魚と一緒に写真を取るとき、スマートな印象を与えることができるかもしれませんよ。

この記事では、フィッシュグリップの選び方や、上手に扱うためのコツをご紹介します。まだフィッシュグリップを使ったことがない方は、この機会にぜひ使ってみてください。

フィッシュグリップ、何を基準に選ぶ?

出典:写真AC

見た目の好みも重要なポイントになると思いますが、フィッシュグリップにはそれぞれ特徴があります。フィッシュグリップの購入を検討されている方は、これから紹介するいくつかのポイントを参考に選んでみてください。

持ち運んで使うことが多いからこそ、重さに注目!

フィッシュグリップはライフジャケットに装着することや、ポーチに収納して持ち運んで使うことも多いですよね。このようにランガンして使う時に最も気になることはフィッシュグリップの重さです。
ルアー釣りアングラーは持ち運ぶものが多くなってしまいがちのため、できるだけ軽量だとうれしいと思います。

軽量タイプのフィッシュグリップを使うことで、持ち運びの際に違和感を感じることが少ないため「重さ」は要チェックポイントです。

Zitrades フィッシュグリップ アルミ製

自重は207グラムと軽量タイプで、長時間身に着けていても楽に釣行が可能です。
初めて買ったフィッシュグリップが予想外に重く、釣りをしていて気になっている方はいませんか?2本目以降のフィッシュグリップは軽量タイプを求めているといった方は多いです。素材はアルミ製で、サビにくさも特徴ですよ。

重さや耐久性の違いが出やすい、素材に注目!

素材としてはカーボンやアルミ、ステンレスなどが使われることが多く素材によってフィッシュグリップの強度自重に影響します。
またフィッシュグリップを選ぶうえで重要なポイントのひとつにサビにくさがあります。

魚をつかむ部分には問題がなくても、ネジやバネの部分が特にサビやすかったりしますので、フィッシュグリップのメンテナンスとして、細部まで手でこすり塩分を除去できると理想です。
筆者はフィッシュグリップの水洗いを忘れてしまうことがよくあるのですが、一度サビてしまうとサビを取る作業に時間を要してしまいます。

釣行ごとの水洗いというひと手間が、良い状態で長くフィッシュグリップを使うことができる重要なポイントになりますので、見た目以外にも素材を比べながら選んでみてください。

つかみやすさが重要!持ち手の形状に注目!

フィッシュグリップはストレートタイプから、持ち手の部分が曲がっているガングリップピストル型と呼ばれるものがあります。

ストレートタイプは持ち手が短いコンパクトタイプを選ぶことができる点と、コスパの良さがメリットにあります。対してガングリップタイプは魚をつかみやすいといわれ、使用感を重視した玄人アングラーに好まれる傾向があります。

フィッシュグリップで魚をつかむと、予想以上の力で魚がいきなり暴れることも多いため持ち手の握りやすいものや、すべりにくいと感じるものなど魚をつかむ場面を想定しながら選ぶことがおすすめです。

ガングリップ フィッシュグリップ

取っ手部分が曲がっているフィッシュグリップは使用感の良さが特徴で、ストレートタイプに比べ使いやすいといわれます。
価格は少々高くなりがちですが、多くのプロアングラーが愛用しており人気のタイプのフィッシュグリップです。

何キロまでの魚に使える?耐荷重に注目

フィッシュグリップには耐荷重設定が表記されていることがあります。余裕のある耐荷重設定のものを使えば、釣りあげた魚を落としてしまう心配がありません。
大きい魚を釣る予定がある方は、必ず耐荷重を確認してから購入しましょう。

うれしい複数ツール機能、計量できるタイプも

出典:unsplash

フィッシュグリップのなかには計量機能が付属しているものも販売されています。アングラーは魚のサイズの他に重量も気になるポイントですので、このようなフィッシュグリップを探してみてください。複数ツールモデルは釣りの楽しみがまたひとつ増えるかもしれませんね。

Zitrades フィッシュグリップ

計量器とメジャーが付いているフィッシュグリップで、1本で3役が可能になります。みなさんも釣りあげた魚の記録を取り、釣りの楽しみ方の幅を広げてみてはいかがですか?

まとめ

フィッシュグリップにはそれぞれ特徴があり、価格帯もばらつきがあります。アングラーの怪我を未然に防ぐことができるアイテムなので、釣行の際に揃えておきたいです。
簡単で安全に魚をつかむことができるフィッシュグリップ、ぜひチェックしてください。

>>必須アイテム揃ってます!関連記事はこちら