清流の流れる綺麗な水が流れるフィールドで、トラウトを釣りたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

トラウト釣りは、ニジマスやイワナ、ブラウントラウトなど北欧原産のトラウト達が釣れます。日本でも管理釣り場などで気軽に釣れる人気な釣りです。

この記事では、トラウト釣りを始めてみたい方にタックルからルアー選び、釣り方について詳しく解説します。

トラウト釣りで必要なタックルとは?

撮影:筆者

トラウトは口が小さく、目が良い魚なのでアタリは小さくでます。そのため、繊細なタックルを用いて僅かなバイトを捉える必要があります。

ロッド

トラウト釣りで使用するロッドは硬めのモデルから柔らかめのモデルまで幅広いです。初心者の方におすすめなロッドの調子は柔らかめで、UL-Lのモデルが良いです。

スプーンやクランクベイト、ミノーなどを汎用的に使いこなせるロッドがおすすめですよ。

スプーンの釣りやクランクベイトを巻きやすいです。釣れるトラウトの平均サイズが30cm前後の時にも最適なロッドです。

リール

リールは1000-1500番の小型なスピニングリールを用います。理由としては、巻きやすい小型リールは、スプーンなどの小型ルアーを扱いやすいからです。

また、スプールのサイズも小さいために大遠投などはできません。しかし、トラウトが釣れるフィールドはせいぜい20mほどの飛距離が出せれば十分です。

コンパクトなサイズ感ですが、ルアーの巻き感度を重視したスピニングリールを使用しましょう。

トラウトフィッシングに特化したスピニングリールで、微調整しながらドラグを出せます。トラウトの引きを柔軟に吸収して、寄せられる秀逸なリールです。

ライン

ラインはナイロンライン、フロロライン、PEラインの3種類を使い分けます。トラウト用のラインはどれも細めなので、ライントラブルが起きやすいデメリットがあります。

フロロラインは摩擦に強く、スプーンなどを一定のレンジを巻くのに向いています。ただし、扱いが難しい難点もあります。他方、PEラインはライン口径が太めで、大型プラグなどの使用に向いています。

そこで、初心者の方におすすめなのが。伸縮性が高く安価に購入できるナイロンラインです。ライントラブルも少なめなので、快適に使用できますよ。

300m分を使用できるので、ラインの巻きかえを定期的に行えるコスパ最強のラインです。

スナップ

トラウト釣り用のスナップはルアーの交換を効率よく行うためにも準備しておきたいアイテムです。

スナップのサイズは、#000がルアーのアクションを干渉しないちょうどいいサイズです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥539(2020/09/24 17:21:09時点 Amazon調べ-詳細)

同じルアーではスレやすいトラウトが多いので、スナップを取り付けてルアーローテーションをクイックに行いたいです。

釣れるトラウトルアーは3種類!

ここでは、トラウトが良く釣れるルアーについて3種類ほど紹介します。

スプーン

スプーンはトラウト釣りでもっともオーソドックスなルアーです。元々はスプーンのカップ部分を切り取って使用されていました。水中で泳ぐ姿は、小魚が逃げ惑うようなキラキラとした演出をします。

ゆっくりとしたアクションをベースに、トラウトの小さなアタリを捉えたいです。

スプーンは複数のカラーをローテーションしながら、テンポ良く誘っていきたいです。

ミノー

ミノーは小魚を模した細身のルアーです。大型のトラウトなどがアタックしてきやすく、小魚が逃げ惑うような多彩なアクションでバイトを誘発しましょう。

ただ巻き、ストップ&ゴー、トゥイッチなどで、トラウトの本気食いを誘いたいです。

手返し良く複数種類を用意しておき、トラウトの好むカラーを見つけたいです。

クランクベイト

クランクベイトは水中にウォブリングしながら巻けるルアーです。クランクベイトの魅力は何と言ってもバイト数が多いことです。

表層からボトムまで誘えるクランクベイトが多く、トラウトの反応が集中しやすい層を見つけやすい特徴もあります。

かわいいらしいクランクベイトは見ていだけでも癒されます。ゆっくりと引くと、フラフラとしたアクションをしますよ。

トラウトを釣る方法について

トラウトを釣るためには、1-2秒で1回転の感覚でハンドルを回しましょう。トラウトの好むアクションはフィールドの状況によって変わります。
釣れるアクションが見つかるまで、色々と試してあげるのが良いです。

ルアーの種類はスプーン、ミノー、クランクベイトなど反応の良いルアーを選びましょう。

手軽に始められるトラウト釣りに挑戦してみよう!

撮影:筆者

この記事ではトラウト釣りを始めるために必要なタックルやルアー、釣り方について紹介しました。

トラウト釣りは繊細なアタリをフッキングにまで持ち込むのが面白いです。そして、綺麗なフィールドで釣りをするのでファイトをしている時にトラウトの姿も見れるのでワクワクしますよ。

ぜひ、トラウト専用のタックルを揃えてチャレンジしてみてくださいね。

>>トラウト初心者必見!関連記事はこちら