クロダイは餌やルアーで釣れるので人気となっています。クロダイの引きは強く、豪快なファイトが楽しめます。更に、クロダイは食べても美味しいです。この記事ではクロダイの釣り方などを紹介します。

クロダイとは?

クロダイは北海道より南の沿岸で、水深が50m程度に生息する魚です。4~5月に産卵期を迎え、9~10月までに手のひらサイズに成長し、2~3年すると30cm程度になります。クロダイは両性期などを経て成長すると、殆どはメスに性転換することで知られています。

クロダイの釣り方について

クロダイは甲殻類や貝類、多毛類などを捕食して暮らしているので、釣り餌も同じものを使う事が多いです。クロダイは餌釣りやルアー釣りで楽しめ、磯や防波堤、河口などがフィールドになります。釣り上げたクロダイは、刺し身や煮つけなどで楽しめ、多少磯臭さがあることもありますが、淡泊な味わいで美味しいです。

クロダイの仕掛けについて

仕掛け:クロダイの餌釣り

クロダイの餌釣りは、オモリや天秤、ハリのシンプルな仕掛けですが、絡み防止にフロロカーボン(8号:30cm)を使うのがポイントです。

出典:Gyogyoメディア編集部

仕掛け:クロダイのルアーフィッシング


クロダイのルアーフィッシングでは、トップウォータープラグ以外に甲殻類のルアーを用意することがポイントです。

出典:Gyogyoメディア編集部

クロダイ釣りの道具について

ロッド(竿) :クロダイの餌釣り

クロダイはチヌと呼ばれることがあり、クロダイの餌釣りで使うロッド(竿)はチヌ竿と呼ばれています。
チヌ竿は仕掛けをコントロールしやすい6:4の胴調子ですが、一般的な磯竿は7:3の先調子となっています。おすすめのチヌ竿は次の通りです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,242(2020/11/26 15:49:29時点 Amazon調べ-詳細)

ロッド(竿):クロダイのルアーフィッシング

クロダイのルアーフィッシングはチ二ングと言われ、使うロッド(竿)はチ二ングロッドと呼ぶことがあります。
チ二ングロッドはクロダイの引きを受け止めるパワーに加え、ルアーを巧みにコントロールできるしなやかさが必要なので、硬さはM(ミディアム)やL(ライト)が使いやすいです。おすすめのチ二ングロッドは次の通りです。

リール:クロダイの餌釣り

リールは力がある2000~3000番のスピニングリールがクロダイ釣り(餌)に向いています。おすすめのリールは次の通りです。

created by Rinker
SHIMANO(シマノ)
¥7,425(2020/11/26 15:49:30時点 Amazon調べ-詳細)

リール:クロダイのルアーフィッシング

クロダイのルアーフィッシングでは、2500番のスピニングリールと1000番のベイトリールで扱いやすいノーマルギヤが初心者に向いています。おすすめのリールは次の通りです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥5,580(2020/11/26 15:49:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SHIMANO(シマノ)
¥13,013(2020/11/26 15:49:32時点 Amazon調べ-詳細)

ミチイト:クロダイの餌釣り

ナイロン(3号)を100m程度用意して下さい。おすすめのミチイトは次の通りです。

ミチイト:クロダイのルアーフィッシング

PE:0.6~0.8号を100m程度用意して下さい。おすすめのミチイトは次の通りです。

餌:クロダイの餌釣り

初心者には馴染みがあるホタルイカイカタン(イカの短冊)、オキアミが向いています。慣れてきたら、イソメやユムシ、イワガニなど生餌にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ルアー:ルアーフィッシング

クロダイのルアーフィッシングには、カニやエビといった甲殻類のルアートップウォーターのルアーが向いています。おすすめのルアーは次の通りです。

クロダイ釣りで釣果を上げるコツ

クロダイの餌釣りで釣果を上げるコツ

クロダイの餌釣りではかけ上がりなど地形に変化がある場所や海藻、岩礁周辺を狙うことで釣果が上がる可能性があります。
またあたりが無い場合は、少しリールを巻いてクロダイを誘うことも必要です。8~10分程度あたりが無かったから、仕掛けを引き上げて、餌を交換します。

クロダイのルアーフィッシングで釣果を上げるコツ

トップウォータープラグの場合は、ロッドを強く動かすスプラッシュをはじめ、ロッドを上下に大きく動かすロングジャーク、ロッドのディップを下にして小刻みに動かすドッグウォークといったロッドアクションでクロダイを誘う事で釣果を上がる可能性があります。

エビやカニといった甲殻類のルアーを使って海底をずる引きすることをボトムチ二ングということがあります。ボトムチングではかけ上がりを丁寧に攻めると釣果が上がる可能性があります。

まとめ

クロダイは餌釣りが苦手な人や初心者の人はルアーフィッシングがおすすめです。ルアーフィッシングはミチイトとショックリーダーションプル、ルアーといったシンプルな仕掛けなので初心者でも扱いやすいです。
クロダイは食べても美味しいので、ぜひ釣り上げて楽しんでください。

>>クロダイ釣りについて、もっと詳しく!関連シリーズはこちら