船釣りとは、池や湖で船を浮かべて釣ったり、海で遊漁船に乗って釣ったりすることです。船釣りの中でも遊漁船に乗って海で釣りをする場合は、事前に知っておいたほうがよいことが多いので紹介します。

遊漁船のメリット

遊漁船は、一般的に人を乗せて釣りを楽しませてくれる有料の船です。遊漁船で海釣りを楽しむメリットは、遊漁船で船長さんが釣れるポイントに連れて行ってくれるので釣れる確率が高まること。更に船長さんが釣り方についてアドバイスがしてくれるので初心者には安心です。

遊漁船には仕立て乗り合いがあります。
仕立ては、仲間などで貸切るチャーター船のことです。乗り合いは、遊漁船を管理している船宿が募集した釣り人が乗る船です。仕立てのメリットは、釣りたい魚を選べる場合があります。乗り合いのメリットは、予約なしで参加できる場合があります。
船宿によっては、仕立てしか行っていない場合があるので事前に調べる必要があります。

船宿探しについて

遊漁船を管理しているのは船宿です。遊漁船に乗りたい時は船宿を探さなければなりません。関東近辺であれば、東京湾遊漁船業協同組合のホームページにアクセスすると船宿が掲載されているので、参考になります。
船宿に電話やメールして初心者だと告げれば、船釣りについて丁寧に説明してくれますが、事前に知っておいたほうが良いことを紹介します。

  • 船宿に、釣りたい魚が釣れるかどうか確認する
  • 釣る魚が決まったら、釣り道具を持参するか借りるか検討し、借りる場合は船宿と相談する
  • 一般的に船上で釣る位置はくじ引きもしくは船長が決める
  • 仕掛けの投げ入れや巻き取りは船長の指示に従う

船釣りは手ぶらでも大丈夫?料金や服装はどうする

出典:写真AC

船宿で借りられるもの

船釣り初心者がいきなり釣り道具や服を買い揃えるのは大変だと思いますが、竿、リール、竿受け、餌など釣り道具一式やライフジャケット、クーラーボック、長靴は船宿で借りることができる場合があり、手ぶらで船釣りは絶対無理ではありません。

料金や必要なもの

手ぶらで船釣りはできます。ただ、快適に船釣りを楽しむためには濡れたり、日射病になったりしないような服装が必要です。

例えば、波や雨によって濡れることを想定して、レインウエア(上下)帽子は持参して下さい。また、寒い日は防寒ブーツを用意してほうがいいでしょう。防水バッグがあると身の回りの物が濡れなくてすみます。更に、船酔いの可能があるので酔い止めを持参して下さい。

遊漁船で釣りを楽しむ際に必要な料金は、6,000~20,000円となっています。費用は釣り道具のレンタル料が含まれるかどうかを、船宿にしっかり確認する必要があります。

船釣りで旬の魚について

初めて船釣りを楽しむなら、身近な魚のほうがハードルは低いと思いますので、関東の近海で釣れる魚と時期を紹介します。

イサキ

イサキは1~6月によく釣れる魚です。良型は房総の近海で狙え、初心者にはぴったりな魚です。イサキは時期によって釣り方が違うので初心者は船長さんにレクチャーしてもらったほうがいいでしょう。

真鯛

海の王様と言われる真鯛は6~11月によく釣れる魚です。良型は小湊の近海で狙え、力強い引きが楽しめるので、初心者は釣りの醍醐味を楽しめます。とても美しい魚なので釣り上げて見ても楽しめます。

カンパチ

カンパチは6~10月によく釣れる魚です。刺身にするととても美味しいので釣り上げた後が楽しみです。房総の近海のカンパチは味が良いと評判です。アジを使った泳がせ釣りなどで狙います。

アカイカ

アカイカは4~8月によく釣れ、関東近海に回遊ポイントが多いです。浅瀬でも釣れるので、引きが十分楽しめます。午後から出発する遊漁船で釣ることが多いです。

ヒラマサ

ヒラマサは8~11月によく釣れる魚です。ヒラマサはワラサより引きが強いので楽しめます。餌はオキアミやアジを使って釣ります。豪快な引きを楽しんでください。

まとめ

遊漁船での海釣りは、費用がかかりますが、魚が釣れるポイントまで楽に移動できて、船長さんのアドバイスももらえるので、初心者におすすめです。電動リール付の竿を貸してくれる船宿もあるので、簡単に大物が釣れることがあります。紹介した魚はとても美味しいので、また釣りに行きたくなります。

>>広がる釣りの世界!関連記事はこちら